スーパーのウナギを旨くするワザを試してみた。

 ワタシも、時々手の空いたスキマ時間にフェイスブックを覗いておりまして、当店顧客の皆さんがどのような御発信をなさっているのかなと拝見しておりますが、そのような中で、このネタのサイトをシェアして居られたのが「町内会のM」さんではなかったかと思いますけれど、そのリンク先を拝見して「コレは試すに限るっ!」とヒザを叩いたところで、昨日つくばのアパートに帰りましたら「今日はスーパーのウナギだよ~ん」とたこヨメが申しますんで「このレシピで作ってみて!」と。

まずは、パソコンの画面にレシピを映し出して、ワタシが読み上げます。
アパート近くのスーパーで安売りしていた「本日のオススメ品」を。
早速、豪快にジャブジャブと水洗いを開始。コレでいいのか?ホントに。
ウラもオモテも、シワに入ったタレをすべて流してまいりましょう。
フライパンにウナギを載せて、ホントはポン酒のところを芋焼酎で代用。
台所に立ち込める、揮発する独特な芋焼酎のカホリ・・・大丈夫かしら。
アルコール分をトバしたら、そのままフタを被せて、しばらく蒸し焼きに。
続いて、焼き色を付ける感じで軽く焦がしてまいります。
さぁ、そろそろお味噌汁の方も準備しておかなくちゃ・・・
で、完成。御豆の入った玉子豆腐を付け合わせにいたしました。
フタを取って山椒を掛ける・・・「さぁ、どうだっ!!」

 ↑スーパーの安売りウナギが、ヒト手間掛けたらヘタな料亭や割烹のお味顔負けとなりました。このレシピ達ね、ホントにお奨めですヨ。

 気になる方は「スーパーのうなぎを美味しくする方法」で検索を!色々と流派があるようなので、今度は別のも試してみようと思います。

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)

4 Replies to “スーパーのウナギを旨くするワザを試してみた。”

  1. コレは面白い。
    水洗いは大胆すぎて不安感満載です。
    今度ワンカップ大関(笑)で試してみようと思います。

  2. うなぎは、子供の頃から御馳走だったのですが、べらぼうに高くなりました。
    子供の頃、安くて美味しかった魚介類の漁獲量が激減してたりして、時の経過を実感します。
    子供の頃、サンマやアジは安くて美味しい魚介の代表で、もの凄く脂が乗っていて美味かったのに、今ではスーパーに売ってるのは出涸らしみたいに貧弱で。
    カツオは、かろうじて庶民的美味しさを保ってます。
    あと、最近はサーモンが普及して、子供の頃に食べた鮭とサーモンは別の食材で。
    サーモンも美味いけれど、子供の頃に食べた新巻鮭の脂のノリと塩気が半端無く、高校生の頃の弁当で、鮭の小さな切り身で白米をかっくらうあの幸せはいずこに。。。
    ああ、つい昔飯の思い出に浸ってしまいました。
    ウナギの美味さは、ふへん(不変・普遍・不偏)であります。
    この、スーパーのうなぎを美味くするワザに、興味津々なのですが、芋焼酎で焼く(蒸す?)のは、いかがなものかと(笑)。

  3. スーパーで売っている中国産の鰻の蒲焼きって、確かにがっかりなことが多いんですよね。なんだかゴムっぽい食感だったりね。こんな裏技があったとは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。