やんばるで、ホゲホゲしたいダケ(3日目)

 昨日、当地では「ツユ入りしたと見られる」とキショーチョーが発表したそーです。そりゃショボショボとハッキリしない天候が続いてたんで、宜なるかな、と。当ブログの方では、ツユ入り直前の晴れ間であった一昨日5月3日の行状(笑)を一気にお届けしようという趣向ですケドね。いったい何枚の画像が必要なコトやら、あーあ。

一昨日(5月3日)は、今回唯一の晴れの期待日。チャリ借りてレッツゴー!
で、なぜか名護バスターミナルで地図貰ってブリーフィングを。
職員の方と談笑。「名護の見所は?」「海しか無いヨ、ビーチにでも行けば(笑)」
仕方が無いんで、自らの足で探しましょ。早速こんなところが。
境内には入れないケド、懇ろにお詣りを。
ハスノハギリって、ドレ?
あ、コレかぁ。
しばらくまいりますと、超目立つ古代遺跡のような建物が・・・
なんとコレ、名護の市役所なんです。ワタシも全国色々見て来たケド・・・
こんなにスゴい庁舎は、なかなかありません。名護市民は誇ってイイざんすよ。
ドコをどう撮っても、絵になるスポットですねぇ。
その所在地はコレ。
チャリならではの狭い道を楽しんで走ります。
そのうち到達したのが名護十字路。ダウンタウンの要所です。
結構立派な建造物が交差点のカドに在りまして・・・
ソレが、名護市営市場なんです。
あ、なんかダレかが立ってる・・・
あ、アノ人でしたぁ。日ハム好きだよな、名護。
市場のお菓子屋さんで手に入れた菓子を、その場で頬張って・・・
ヒト漕ぎすれば・・・どうです、この立派な大木は。
反対側から見た景色がコレ。
あ、ココはフツーにクルマが通りますんで、気をつけて撮影を。
国の天然記念物たる「名護のひんぷんガシュマル」がコレです。
クルマで来ますと、近所の駐車場に停める必要がありますが、チャリは気楽。
東江(あがりえ)のエリアに入りますと・・・
交差点のカドには、こんなスポットもあります。いや、ありました。
現在、別の場所に新しい博物館を建設中だそうで、2023年完成との由。
その敷地内には、いわくあり気な人物像が立っております。
名護親方(なぐうぇーかた)程順則(ていじゅんそく=中国名)は1663年に久米村で生まれ、沖縄名は寵文(ちょうぶん)と云ったそうです。
この方が提唱した六諭(りくゆ)というのが有名なのだそうで・・・
傍らには、ソレの漢文バージョンも刻まれてました。
この威厳タップリの偉人、名護親方の異名に相応しい方ですが・・・
どっかで見たような字面だよなぁ、名護親方って・・・
あ、こんなところに居た(笑)。ゆるキャラになってるわ。
チャンと右手に六諭を携えてるところが、芸コマで微笑ましいデス。
その先にちょっと走れば、ワタシの聖地、名護工場。
どーせなら、工場見学&試飲を・・・
あ、連休期間は、ぜぇ~んぜん予約が取れないやぁ。
ま、今まで3回は見学したんで、今回はアキラメますか・・・
さぁてと、今度はドコへ行こうかと・・・
で、ヤッてキマした、津嘉山醸造所。
激シブ沖縄建築の風格漂う建物が素晴らしい。
工場見学出来そうだったケド、時間が掛かりそうなんで別の機会に。
そろそろ、昼メシにでも足を伸ばそうかと・・・
このステーキ有名店を目指して数キロ走ってまいりましたが・・・
開店30分前だと云うのに、この大行列で駐車場も満杯。「ダメだ、こりゃ!」
さらに先まで歩を進め、かつては行列ハンバーガー店だったココへと。
どーしてハンバーガー屋ヤメてタコライスなの?
ま、いっか。もはや体力の限界じゃあ。
でも、なんかイケてるムードではあるな・・・
ライムを絞り、コロナビールでメキシカーナな気分に。
セブンアップと喰いモンも到着!
タコライス、今までで一番ウマい!向こうのヤツはもっとウマい!!
ハラいっぱいになって、店舗裏のビーチに・・・
・・・絶景だ。
暫しの間、呆然と佇む(ハラをサスりながら:笑)。
件のステーキ店はパイでも有名なんだそうで、帰り掛けに手に入れました。
一旦ホテルの部屋に戻ってシエスタの時間に。
さて、夕方になりましたんで活動再開。またバスターミナルに。
今度は、名護の東側エリアにバスで山越えして行こうという趣向。
こんなバスに乗ろうと云う酔狂な御仁は地元にゃ居ません。
拠って、このバスも貸切状態で「しゅっぱーつ!」
何しろ、日に3往復しか無い路線。夕方の2便で往還せねば・・・
バスの中で、キレイな車窓の風景を見るのに移動したらオコられちった。
だって、コレは見たいよねぇ・・・
でも、このあとのワインディングガッタガタロードで運転手さんの気持ちが分かった。こりゃケガするわホントに。
「次で降りまぁ~っす!」
ぶぉーん・・・あ~あ、行っちゃった。
バス停に降りて時刻表を撮影していたら・・・
バス停前のドコかから声を掛けられましてね・・・
「あい、バスに乗って来たんですか」「あ、連ドラのちむどんどんのガッコ・・・」「ああ、ソレならアッチよ。ココを真っ直ぐに行ってね。楽しんでください!」
「聖火宿泊碑」とあります。聖火って宿泊するモンなのか(笑)。
どうも、コレが当時の聖火台らしい・・・
コレが来歴のようですが、読めますかねぇ。
その隣には小学校・・・
あ、いや、中学校?
今やドッチも廃校して、コレに生まれ変わっております。
ナンの変哲も無い田舎の学校といった風情ですが・・・
よくよく見れば、手摺の造作などが南方風ではあります。
結構近年まで、小学校の方は存続していた様子が窺えます。
実はこの校庭が、当日の目的地でして・・・
「えっほ、えっほ、えっほ、えっほ・・・」
「えっほ、えっほ、えっほ、えっほ・・・」
「えっほ、えっほ、えっほ、えっほ・・・」
と、「ちむどんどん」劇中の競争シーンを撮影現場で追体験したあとは・・・
校庭の向こうにある素晴らしい光景を・・・
・・・。
・・・学校の昼休みに、ココに出られたらサイっコーだよなぁ。
「んんっ?」と異変に気付く。
ひょっとしたら、コレが例の漂着軽石ってヤツなのか?
テレビや映画などで、いかにもロケに使われそうな絶景です。
たこヨメは、貝拾いに余念がありませんでした。
暫し、静かな波の音に耳を傾けましょう。
離れ難いケド、帰りのバスに乗り遅れちゃたいへんデス。
そろそろ、バス停の方まで歩いてまいりましょうか・・・
聖地巡礼(笑)のロケ地探訪も、思い付きでウマくイキました。
校庭を出て、道を渡りましたら・・・
「聖火のあとさき」と題する石碑が。60年振りに連ドラで再び脚光を浴びつつある嘉陽の村・・・
誇らしげな3本のフラッグポールが夕陽に輝いておりました。
バス停に戻ってまいりましたら・・・
「あ、行って来ましたか。」「おかげさまで。」「あ、今日は休みなんですが、ココで喫茶店ヤッてるんです。またの機会にぜひどうぞ!」
と、手渡されたパンフレットを開きますと・・・
「朝日の村 嘉陽」とありました。同じ海岸でも名護の東側はサンライズビーチと云うワケですね。
と、よくよく見れば、バス停の目の前がその喫茶店。雰囲気のイイ店主に、「次回はぜひに」と。
嘉陽のビーチは穴場感いっぱいの素晴らしい海岸でした。
無事に帰りのバスにも乗れまして、やっぱ貸切状態。
無事に名護バスターミナルまで戻ってまいりました。
運転手さんは、行きも帰りも同じ方(笑)。
こうして、小さなバス旅も完遂出来ました。
闘い済んで、日が暮れて・・・いや、まだ日没にゃ時間があるヨ。
にも関わらず、ホテル裏の居酒屋さんは、既に駐車場が満車。
仕方ないんで、夕暮れのホテル前県道をトボトボと歩きましてね・・・
「今夜のディナーこそステーキに」と思いきや・・・
・・・(大泣)。
気を取り直してホテル裏へ。いちおう予約順に名前をツラねておきまして・・・
周辺徒歩圏内をウロウロと。ここも評判だけど混んでる・・・
ココは、店に入ったケド無視されて・・・
いよいよの場合の抑えはココにしようとハラを決め・・・
戻って来たら、呆気なく入れてもらえましたのでラッキー!
前夜と同じカウンター席で無事に乾杯!長い一日でした。

 ↑ふぅ。当ブログ記事ではレコード記録となる、一日分あたり120枚を投入し、どーにかリアルタイムに追い付いて来たかナ。アレ?まだ二日間分が遅れてるのか。この先どーしよ(コレ、そーとー難儀あるヨ:泣笑)。

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)

8 Replies to “やんばるで、ホゲホゲしたいダケ(3日目)”

  1. いつもながらの情報量!(笑)
    名護に行ってみたくなりました。
    特に市庁舎は素晴らしいですね!
    愛車を前に停めて写真撮りたいです。
    (持っていけないけどw)

  2. そーとーな情報量、恐れ入りました。
    5/11から長男が修学旅行で沖縄入りいたします。
    「梅雨入りした」って多少がっかりしていましたけど。

  3. 堂々の120枚、堪能させていただきました。
    チャリレンタルは小回り効いて機動力抜群、いい移動手段だと思います。
    聖地巡礼もリアルタイムで果たし、食べ物にも恵まれ、レンタカーなしでもいい旅行となってますね。

  4. 写真と話題が盛り沢山ですね。
    頑張り過ぎずに緩く過ごしてくださいませ。
    に、しても、名護市役所はダンジョン的なたたずまいであります。
    こんなところで働く職員さんは、昼間っから泡盛片手に、あるいは三線弾きながら仕事してたりして。
    何気に、球場のスコアボードに表示された選手の名字のほとんどが読めず、なんか新鮮。
    我々はこのブログで「右脳を活性」(いや左脳かな?)。
    緩い旅を満喫されてくださいませ。

  5. いやはや写真120枚は凄い。名護近辺が良くわかります。行ってみたくなるよな。ただし暑いの苦手です。

    1. ↑皆さん、いつもコメントを有難うございます&読むのメンドくさくないか(笑)?

      「練馬のH」さん、ソレが暑くないからコマったくらいなんです。出掛ける時にはコッチの朝が寒かろうと、長袖Tシャツと長いズボンの出で立ちだったのですが、向こうも存外に寒くて、おまけにツユ入り。たくさん持って行った半袖と短パンは、今日帰ってくる時に初めて着た次第。おかげで、長袖&長ズボンを着回すために、ヨメはコインランドリー通いとなりましたわ(スマヌ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。