ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック ディーゼル(嗚呼、じゅげむじゅげむ)降臨!

 昨日は薄曇りって感じでしたが、今日は晴天の練馬界隈でした。「市原のK」さんに明日お納めするマセラティクアトロポルテV8の試運転のため光が丘公園の外周路を数周いたしましたが、公園のサクラは、ここのところ続いた雨風で少々花びらが寂しくなってまいりました。今年は、今のところお弁当を食べながらのお花見が達成されておりませんので、千葉かつくばの方では残っていたらイイなぁと思っておりますヨ。

 お花見の季節こそオープンカーの出番。そんなクルマの御案内です。

落札後、正規ディーラー工場にそのまま入れてたイヴォークコンバーチブルを店頭に。
「さぁ、屋根開けてみよーっ!」結構アッサリと“秒で”フルオープン状態になりました。
この車種の妙味は、元祖SUVのレンジローバー銘にして2ドアオープンってトコ。
故にランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル・・・と、長くなる。
今の地球上にて、このカタチでオープンになっちゃうところがミソ。
かなり押し出しの強いフォルムですが、実寸は意外にコンパクトです。
ランドローバー社が製造するクルマの中で、そのトップレンジがレンジローバー銘。
黒革に真紅のステッチが効いて、上手く高級感が演出されています。
オトナ4名がキッチリと座れるオープンカーというのも貴重な存在です。

自動で全開となる幌も、要領よくキレイに降り畳まれております。


↑もちろん、移動中は幌を閉めておかなくちゃ・・・
午前中に練馬陸事で予備検査を突破し、午後は所沢にて登録しようという趣向。

久しぶりにヤッて来た所沢陸事。周りにナンも無いんだよなぁ。
登録事務所に三男がイッてる間は、日向ぼっこしつつ過ぎ行く春でも楽しみますかな。
新しい車検証が出まして、封印オヂサン(笑)が車台番号を確認照合中。
この独特の封印ポーズに、オヂサンの美意識を感じずには居れません(笑)。
エンブレムを眺めて気付いた。コレ、イヴォーグじゃない、イヴォー“ク”だわ。
そのままジャガー・ランドローバーの正規工場に。左側にチラっと居るのがレンジローバー ヴォーグ。コイツの綴りはVOGUEだから、“グ”でイイのよねぇ。
練馬のデポから所沢陸事、そして板橋のディーラー工場まで一般道での道行きでしたが、ポジションと硬さが絶妙なシート設計の上、よく出来た日本的な空圧マッサージャー(なんと自動的に動き始めたんです!)までが装備されていて快適なドライブでした。ワタシが初めて「コレならウチに一台在ってもイイかナ」と思えるSUVとなりましたヨ。

 ↑いつも懇意にしてくださっている寡黙な正規ディーラー工場のフロント氏が、いつになく饒舌。「イヴォークのコンバーチブルってダケでも珍しいのに、自分もディーゼルのコンバーは初めて見ました。コレ、激レア車ですヨ。よく引き当てましたねぇ。確かに並行車じゃないのも確認が取れましたんでヨカッタです。」との由。正規ディーラーでの保証継承も無事に行える運びとなりました。燃料代が高騰している昨今、この性能で満タン法リッター12キロ(しかも軽油!)は、大いなるアタックポイントとなりましょう。今や新車では手に入りませんケドね。

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)

6 Replies to “ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック ディーゼル(嗚呼、じゅげむじゅげむ)降臨!”

  1. ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック ディーゼルは、2ドアSUVで、オープン、ディーゼルと魅力的!こんなモデルあったんですね!

  2. コンバーチブルは2.0ガソリンだけだと思っていましたが。
    最近のディーゼルは排ガスもキレイなので屋根開けても問題ないですし、本当にうらやましい限りです。

  3. レンジローバー イヴォーク コンバーチブル 、ワタシも初めて知りました。
    都会的でカジュアルにも乗れますね。
    オーナーの方、いい買い物をされたと思います。

  4. イヴォークコンバーチブルのディーゼル、D社…
    希少なクルマですね。
    にしても、封印おじさんの美学はなんともシュールながら私の心をつかみます。

  5. なんたるマルチパーパスっ振り!
    こんなオープンカーは、反則であります。
    しかし、オープンカーは憧れで、れんぢろーばーのコンバーチブルは贅沢だ。
    シルバートライデント仮面、ちょっとだけこのレンジローバーを素肌に羽織らせていだだきます。
    「ああ、素肌に感じる空圧マッサージャーが、チョー心地良ス💕」
    たこちゃん「↑試乗は服着てからにして(泣)!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。