マツダデミオ13C、最高の足グルマかも

 「アンタも好きねぇ・・・」とアキレられてしまいそうですが、マセラティ屋のブログなのに、一体何度登場すれば気が済むのでしょうというマツダデミオ(3代目:DE系)が、またまたの登場です。だって、安価で手に入る国産車で信頼できる足、かつ走りの楽しさや所有する喜びまでもあるクルマって、コレ以外に思い浮かばないんだよなぁ。ワタシ、このセグメントのクルマは、旅行先でのレンタカーにて各社各様の車種を乗り比べてまいりましたので、そうそうテキトーな売り文句でも無かろうと思っております。一回の旅行中には、御存知の様に相当な長距離を様々な天候条件下で走らせてきておりますけれど、そこで得た結論は、EVならアクア、非EVならデミオというコトになりました。

本日朝一番に陸送会社が届けてくれましたのは・・・
平成23年登録のマツダデミオ13C、サッと水洗いしてエンジンチェックの図。
このデミオさんは、遠く神戸から一週間掛けてはるばるやってきてくれました。
総走行距離が1.65万キロと、年式の割に少ないのも魅力。
内装にも使用感が余りありませんし、5メートル走ったダケで足回りの確かさを実感。
ビジネスライクな後席です。実用性も充分、表皮は丈夫なファブリック素材。
見た目ほどには窮屈さもありません。シートもシッカリしています。
驚くほどにキレイなラゲッジスペース。まだ清掃前の状態です。
必要にして充分な性能を持つユニットは、ツインカム16バルブ+4AT。
バッテリーも昨年交換されたばかりの品が搭載されています。
エンジンオイル交換も正規ディーラーで行われている安心個体。
日常の足に安心して気兼ねなく乗れて、基本性能も申し分無しのデミオです。

 ↑ウチの代車用途社用車として、只今も3台が活躍中の3代目デミオですが、その高い走行性能による意外な楽しさがあるクルマなので、代車をお返し頂く時には皆さんから「コレ、思ったよりイイですね!」とお声を掛けて頂けます。ですから、とりあえず日常の足を安価で緊急にといった御要望を承った場合には、必ずこのデミオを推すコトにしております。このたびも「川島町のA」さんよりオファーを頂きましたので、この個体を引っ張ってまいりました。以前に代車でデミオをお貸しした時の好印象からの御指名買いデス。今までウチに入って来たデミオは、皆13CーVというCVT搭載仕様でしたが、このたびの個体はトルコン4速オートマの13Cです。シートのファブリック素材など、却って丈夫そうなのが頼もしいですし、簡素な電動装備は故障の心配も少ないので好ましいモノです。新型コロナ感染症対策で、自家用車への回帰需要も高まっている昨今ですが、非EV派の皆さんには、こうしたコンディションの良いマツダ車を中古で手に入れるコトを大いに御勧めしたいところです。現在、自分自身がマツダ車(ND系ロードスターRF)オーナーでもあるワタシへの御用命をお待ち申し上げております。

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)。

6 Replies to “マツダデミオ13C、最高の足グルマかも”

  1. デミオの3代目はデザインも優れていて好感持てます。
    本個体、距離も少なくいいですね。
    いい買い物だと思います。

  2. デミオ、コスパ抜群ですね。
    「川島町のA」さま、お目が高い。
    CVT食わず嫌いの私にとっては4AT良いと思います。
    MTはお値段良くなっちゃいますし。

  3. 我が家のクーペさんを点検に出したら、デミオさんお貸し頂けるのでしょうか?
    返すのイヤになっちゃうかも。

  4. マツダのクルマには相当お世話になった口です。
    広島には足を向けて寝られません(嘘、おもいっきり向けてます)。
    そういやアンフィニ系でシトロエンを扱っていた時代にエグザンティア買う寸前までいきました。懐かしい思い出です。

  5. なるほど。
    足グルマにデミオと言う選択肢、賢明です。
    マニュアルミッションの設定があるのも楽しげです。
    それに、お洒落過ぎないシックな内装ですから、素肌に羽織る事無く、こころおきなくカジュアルな服装で搭乗する事が出来ますから。
    これは、便利。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。