巣籠もりチューブラータイヤ交換

 昨日の夜は、この一週間の無事を祝してビールをダダ呑み(たこヨメが都内のスーパーでオリオンいちばん桜プレミアムを大量にゲットしてきたモンで:笑)してしまい、久しぶりにナンも考えずに爆睡して朝を迎えましたんで、却ってイイ感じにツカれもトレました(喜)。「さぁ、今日は元気だぞぉ!」と雨戸を開けると、やっぱ雨(泣)。あ~あ、コレで今日も一日巣籠もり確定だぁ・・・というワケで、ロードレーサー復活作戦の一環として、30年振りにチューブラータイヤの交換をいたしました。とは申しましても、ワタシゃ実戦に出るわきゃ無い(泣笑)んで、練習走行用の安タイヤを履かせて、近所をプラプラとポタリング出来ればOKといったユルさなんです。ついでに運動不足解消の一助にもならんかなとのスケベ心も(笑)。

今日は、雨だわ寒いわなんで、シートヒーター付きのロド丸を起用して朝の参詣へ。
「先週も、有難うございました。」
で、帰って来たら、もうピンポーン!
ヤッて来ました、タイヤ交換セットの一式。
タイヤと云っても、ちょっとヘンなのでしょ。コレはチューブラータイヤというヤツでして・・・
「リビングでヤラないでねっ!」と玄関に追い出され(泣笑)、ガスストーブを傍らに。
まずは30年モノの旧いタイヤをリムからハガします。
接着剤が風化していて、アッという間に分離は完了(フツーはココがたいへんなんだが)。
リムセメントリムーバーを塗りまくり・・・ああ、コスれどコスれどオチないわぁ(泣)。
塗ってはフヤかしを繰り返し、金ベラで擦り落とすしかないな・・・
ココらでメゲてきた(泣笑)。気分転換のランチには、「久留米のS」さんから賜ってた博多ラーメンをバリガタで。
ウマいラーメンパワーに気分一新して、3時間掛かりのセメント落としも完了。今はイイ時代ですね、今度はリムセメント使わずにリムテープってベンリなのを代わりに採用します。
ま、よーするに両面テープなんですが、こんなので接着出来るのかとチト心配。
でも、空気圧をアゲてリムに極圧を掛けると接着するという性質らしい。
チューブラータイヤはリムに載っけるダケですが、サイズが間違ってるんじゃないかというくらいに径が小さく感じられます。新品タイヤに一旦空気を入れて、少し伸ばしてみます。
いよいよ新品タイヤをフレンチバルブ部分から組み付けてみましょう。
ハーヒーと引っ張って、タイヤレバーを3本使えば、ようやくリムにタイヤが載りました。
2本のタイヤには、軽く空気を入れてみます。
なんとなく、雰囲気は出ましたんで、舞台を二階に。
ムカシ持ってたハズの振れ取り台がドコを探しても見つからないんで、現車のフレームをひっくり返してホイールを装着。リムを回転させつつ、タイヤのセンター出しをいたしました。
新しいタイヤには空気をポンポンに入れて、とりあえずは完成!

 ↑フツーはココで試運転ですよね。でも、オモテの雨はやまないし、気温の方も・・・冷えぇ~なので、ココロの中にてるてる坊主を提げつつ、今夜もビールをダダ呑みして、とっとと寝るコトにいたしましょ(笑)。

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)。

4 Replies to “巣籠もりチューブラータイヤ交換”

  1. タイヤ交換、いい感じに収まったのではないでしょうか。
    明日は好転しそうなので、早速試走ですね。
    寒いでしょうが、気分よく走りましょう。

  2. ゴム糊の除去、普段の作業みたいですね。
    雨で試走できなかったのは残念ですが、雪にならなかったのでよかったです。

  3. マイクロ・デポは、2輪もやれますね!チューブラータイヤ懐かしいです‼︎ロードレーサーにまた乗りたい気もしますが、心臓がパンクしそうで、あとあの格好がちょっと苦手なんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。