マセラティ3200GTのリアホイール詳解

 本日は、いよいよ世の中が年度末。当社は2月が決算なんで、あんまり頓着してないんですが、金融機関だの、役所関係だのはやたらと混み合ってしまいますんで、ナニをするにも時間が掛かります。ヤレヤレ。

 練馬の本社では、月末の集金関係業務の合間に現場作業が行われておりましたが、一方のメカトリエでは、いつも通りに匍匐前進ばっかし。

春になったとは云え、やっぱ朝方は涼しいを通し越して寒いのが、メカトリエ界隈。
アレコレと患者さん(笑)の周囲に秘密兵器を並べて行きましてね・・・
本日も、ホイール周りの美容整形っつーか、いわゆるアンチエイジング作業を。
まぁ、GGIだかBBAだか知らんケド、20年超えは、ヒト年齢で何才ダロ?
まずは、マイクロ・デポ製法特許(ロッソなウソ:笑)のホイール洗いから。
じっくりとブレーキダストに専用洗剤を染み込ませまして放置プレイ・・・
「もう出来たのか?」・・・んなワケねーダロ(笑)。
モチベーションをアゲるため昨日出来たフロントを覗いて・・・見えねぇ(泣)。
ホイールをハズさずに洗浄するから、クロームメッキが腐食しちゃうのヨねぇ。
気合を入れて磨けば、このくらいには戻せます。一か所あたり50コスリくらい。
今どきのクルマではライナーがフェルトなんで、こんな具合にはなりませんね。
コイツはアンチエイジング作業のヤリがいがありそーだ。
で、考えられるありとあらゆるズルい手段(笑)を用いましてね・・・
ホレ、結構イイ雰囲気になってきたでしょ。コシはヌケそーなんだけど(泣笑)。
走行距離は少ない個体なんで、ブレーキローターそのものは減ってないですね。
ちなみにサスペンションは、前後ともにアイバッハが純正採用されてます。
ローターも、奥に見えてしまうエキゾーストパイプも、エアブラシ塗装しました。
さぁ、コレでようやく周囲のお膳立てが出来ましたが、今日の本題はこっから。
昨日のフロントに続いて、本日はリアホイールの方を御覧に入れましょうね。
それでも、スピードライン製ホイールは裏側がオモテ同様に滑らかなんで、洗いやすい部類です。
比較的簡単(あくまで当社比:笑)に、このレベルまでは到達出来ます。
「SPEEDLINE」「SL 1433」こりゃメーカー型番でしょうね。
「T6」「U3」コイツもナゾなんだよなぁ。
「X」「ナゾ」「ITALY」
「T01D」
「01」コチラには、ナンも印が打ってありませんねぇ。
「00」12マス在る中に、点が6つ。2000年の6月製造って意味かなぁ。
「9 1/2J×18H2」「C=55.5」9.5Jはメッチャ重いっす。
「MASERATI」
「GAlSi7Mg」は材質、「387201380」は純正の部品番号。
「①」「JWLマーク」
そんな丹精込めたリアホイールを、再び装着してみました。
ああ、今日はイイ感じで、中身が透けて見えますね(喜)。
一度でイイから、自分のクルマもこんな具合に仕上げてみたいなぁ・・・

 ↑昨日に引き続いて、今日も“フロントがリアになったダケ”のネタになっちゃいました(泣笑)。毎日が1/1スケールとの闘いなんだケド、休みになれば、コレまたプラモを作ったりするんですから(笑)。徐々に仕上がっていく過程を画像で御覧に入れておりますが、ホントはモノホンを見て頂きたいところなんです。メカトリエにレッツゴー!

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)

6 Replies to “マセラティ3200GTのリアホイール詳解”

  1. 2日連続でホイールネタとは。
    ホイールって、更に奥が深いのですね。
    コスリにコスって蘇ったホイールボルトのクロームメッキが美しス。
    普段は、ホイールボルトの頭しか見えないというのに、見えない箇所まで美しく磨く、たこちゃんのお仕事へのこだわりが素敵。
    今日は久し振りに、酒を断って早めに寝ようと思います。
    では、また。

  2. 3200GTももう二十年生ですか。。
    まだまだ若いとおもっていたギブリさんも、まあ、そこはそれ。

  3. いやぁ、たこちゃんのど根性には頭が下がります。
    ホイールもボルトもぴっかぴか。
    新車にしか見えません。

  4. ホイール…傷だらけなんですけど、直してもまたガリっちゃいそうだから放置してます。
    みんななんでガリガリにならないんだろう?
    うちのクーペさんが綺麗になるのは手放してデポさんのお世話になる時なのかなぁ。

  5. またホイール話しですね。ホイールといえば、グランスポーツを買い、数ヶ月後に、稲城料金所で右前ホイールをガリって悲しかったなあ。大枚はたいて修理して、また少しして、ガリって。世田谷のYUKIさまからガリスポと言われ、また購入した店で修理するのが恥ずかしいから、出張ホイール修理を頼みましたよ。やや高かったけど思ったより綺麗に治りました。
    そして、シャマル売って購入したMCビクトリーも、納車されて帰宅する途中の第三京浜おりて、環八に入り、何故か、また右前ホイールをガリって、、、悲しぃ〜。
    シャマルもコインパーキングでちょいガリしたなぁ。クーペとカンパーナは今のところホイールガリってません。気をつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。