ファイナル調整、秘密基地(その1)

 昨夜の5月度エアホルモン月例会にも、大勢様の御来臨を賜りまして、誠に有難うございました。常時急速充電を続けながらZoomを稼働しているためか、当方のスマホには相当な発熱を来しておりまして、しばしば映像がカタまったり暗転したりしてました(スミマセン)。管理人といたしましては、今後いよいよ夏場を迎えるに際して、何らかの対策を考えねばと思うモノです。ところで、何かとストレスフルな世の中にあって思わず酒量も増えようかという昨今なので、結構ベロベロモード(笑)になっちゃう場合も多かろうとは思いますが、カラダをコワしちゃったら元も子もございませんので、ココは自戒も込めて(泣笑)御自愛をお願いいたしますヨ。

サスガに今朝は寝坊(泣笑)いたしましたが、ロド丸で参詣に。
本殿の脇には森がありましてね・・・
その中にある三つの祠にも、ひとつひとつ詣でます。
空はドンヨリですが、気分は晴れやかになりました。
でも、家に帰って空を見上げると、なんか物悲しい・・・
先週まで咲き誇っていた白いバラも無くなっちゃったし・・・
今度は、アーチと壁際のバラが咲くのを待つといたしましょう。
出掛ける気力も湧かず、「コレ、イッてみようか」と構成要素を並べ・・・
膨大な量のハーネス結線作業を開始。まずは2号格納庫から・・・
1号発射台も仮組みして、全体の構成を確認します。
4号格納庫を取り付け。「コレ、シゴトよりたいへんかも(泣笑)」
各ハーネスや基盤の収まり具合を逐一確認しながら作業を進めます。
仮組みしてはバラし、を繰り返しつつ、妥協点を見出だします。
全110号中、ついに108号の組立が済んで109号に突入です。

 ↑老眼鏡を掛けての細かい作業にも、近頃ではだいぶん慣れてきたとは云え、やはり長時間に及びますとキツイものですね。休日のホビーとしての模型作りも、お酒同様ホドホドにしないとね。ともあれ、昨日も月例会に御参加の皆さんには、ようやく2号滑走路上でのギミックを開陳出来たんで、本格的なファイナル組立調整に突入したと云うワケです。明日もチンタラ続けましょ。

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)

5 Replies to “ファイナル調整、秘密基地(その1)”

  1. 膨大な量のハーネス結線作業ってあれですね、もろお仕事かぶっちょる作業内容ですね。
    仕事を離れた息抜きのはずが何を好き好んで、、、と思いますが、逆にプラモの
    延長線上にお仕事があるとするなら、、、いやでもやっぱりしんどそうですやん。

    ともあれあと一号。刮目してお待ちしております。

    これ完成したら、メカトリエの広場とかで是非お披露目の会を開いて頂きたい。
    人々が輪になった真ん中に置いておいて、一度に近づけるのは一人だけ。ひとしきりいじったら下がって、また別の人が輪の中からいざり出て拝見する、といった塩梅で。

  2. いやー、これは細かい。
    「これは短気には向かない」と写真見て悟りました。
    当方、ダメ男失格で、デポ社員になれません。。

  3. 出かける気力がなくてこの配線に取り組もうとするってどういうこと??って読者の皆様の代弁です。

  4. 蜘蛛の巣状にハーネスが絡まった秘密基地、なんだか普段のデポさんのお仕事のようになってきましたね。
    がんばれ、あと少し。
    この地獄の、であごすてぃーに秘密基地、完成までたどり着けた猛者は、どれほどいるのであろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。