大魔王さま(笑)がヤッてきた。

 先週の金曜日、「学生時代にたいへん御世話になった恩師の元教授先生(両膝人工関節なのに杖無しで歩ける御年92才!)が、まだお元気なウチにヒト目でもお目に掛かっておきたい・・・」との殊勝な願いを叶えるべく東京までお出ましになっていた「りゅたろう」先生。同窓生の方々との邂逅も兼ねたイタリアンな食事会も土曜日の夜に楽しまれまして、アトは帰るダケ。「ここは、たこポンでも呼んじゃろ」ってなモンで(笑)、日曜日はワタシが御供で随行するコトと相成りましたわ。

東銀座で御友人が支配人をおツトめだというホテルに御宿泊でしたが・・・
「おお、このムーミン腹(笑)は、紛うコトなく“アノ方”ではないか・・・」
で、日本に上陸してからメインECUのナゾの不調で悩ましい子と御対面。
久しぶりにドアを開け、せめて革の芳香でも楽しみましょうかね・・・
「りゅたろう」先生の溢れんばかりの想いがハラに出ています(笑)。
東銀座から横浜に行ってたのに、ワタシの都合(笑)で月島にお誘いしました。
ワタシも10年以上振りの月島。「はい先生、記念写真を撮りますヨ!」
今や近代的なタワマン街と化した月島のメインストリートにてパチリ。
ワタシの知る往時の雰囲気を残しているのは、この交番ダケかも・・・
とにかく、長いメインストリートの両側に居並ぶ店は、全部もんじゃ焼き屋。
「ハラ減ったんで、もうドコでもイイや」と入ったお店で、ソッコー注文。
始めのウチはニコヤカにもんじゃがヤッてくるのを待つ余裕がありましたが・・・
先生がオーダーしたホタルイカで、まずは乾杯!ウーロン茶で、だけど。
“昔ながらのもんじゃ焼き”というのが、ようやくヤッてきて、兄ちゃんが焼きます。
スマホに目をオトし、平静を装っておりますが(笑)、ハラはペコペコです。
何だか、鉄板から香ばしいカホリが充満してまいりましたヨ・・・
傍らに置いてある“青のり”のビンを握っては、隅々までブッカケまくる先生。
「ふ~、ふ~、あ、アフイ(熱い)。でも、おいひい(美味しい)ヨ、コレ。」
その後、もう一枚もんじゃを喰って、シメのお好み焼き。ここまで一時間経過。
焼きあがるのに20分。大阪のとも広島のとも異なる独自の世界がありました。
食後にはハラごなしで、この界隈で昭和を感じる路地を徘徊しました。
月島とか佃とか、下町情緒の在ったところも、この10年で変わり果てましたね。
今日はロド丸全開デー。銀座の手前で右横に“ボーラ”が並んで大興奮の二人!
で、いかにも“おのぼりさん”な二人が千葉ナンバーのロド丸で銀座を見物。
そして、差し掛かった日曜日の官庁街。普段見ぬ閑散としたムードに大感動!
「せっかくだから、ココで記念写真でも撮りましょう・・・」
激シブのレンガ建築は法務省らしい。遵法精神を誓って(笑)パチリ。
帰り便はフライト時間がハヤ目だったんで、ワープ、またワープの連続でした。
先生が羽田のターミナルで乗機を待つ間に、ワタシは拙宅に帰還しました。

 ↑当初ワタシのハラ積もりでは、「ヨコハマに行って“アストンマーティン”の打ち合わせをするでしょ、ソッコー月島に戻って我が青春のアイドル“北原佐和子”ちゃわんの一日署長姿を拝見するでしょ、せっかくだから“もんじゃ焼き”でも食べるでしょ・・・その後は“しんちゃんの店”にでも連れてってカタログを物色してもらい、羽田に送ればバッチリかナ」って感じだったのですが、ヨコハマでの打ち合わせに時間が掛かった上、月島では反対側の勝どき駅側に駐車場を得られなかったんで佐和子ちゃわんにも会えず、もんじゃ焼きは滞在時間が90分にも及び、その後は港区や中央区、千代田区界隈を特にアテ無く徘徊(溜池→赤坂TBS前→乃木坂→六本木ヒルズ→赤羽橋→日比谷→銀座・・・)してたら隣にマセラティボーラが並ぶという僥倖がありーの・・・といった感じのヘンな東京観光となりました。「りゅたろう」先生、今回は気が利かないプランニングでスミマセンでした。帰って来てヨメに話したら、「ウチ(千葉拙宅)にお連れすればヨカッタのにぃ」とオコラレちった(泣笑)。コレに懲りず、また東京にお出ましの際は、是非にと。

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)

16 Replies to “大魔王さま(笑)がヤッてきた。”

  1. いや❗️当日は風が強く、お腹が出ている(なんがムーミン腹だ❗️)ような写真は、シャツがあおられていかにも出ているように見えるのです‼️
    皆さま、フェイクにだまされないようにお願いいたします、私は陥れられました、、、って、俺はロシアか❗️

  2. それにしても、銀座の街で動くボーラを見れたのは僥倖でした。たこポン曰く、ちょっと情けないオレンジ色のボディも誇らしげに走り去って行きました。
    私は思わずシートベルトを外し、ドライヴァーに「ボーラだ❗️ボーラだ❗️」なんてまるで小学生のように叫んでしまいました。ドライヴァーの方は苦笑い、、、するしかないよね。

    1. ↑昨日は有難うございました。件のボーラについては、E湖さんに照会したら(只今もチャット中)当然のように御存知でした。路上で見るボーラは存外に小さい。今の肥大化したモデルが如何にオブジェとしての美から遠くなってしまっているのかをあらためて実感しました。ジウジアーロ師匠は天才です。

      1. たこポン、それにしても月島のメインストリートは風情なかったねぇ。それに挟まれた路地にはまだそこはかな雰囲気があったね。お稲荷様が鎖でガチガチにしばかれていたのにはびっくり❗️

  3. やはり御大の上京行脚で御座いましたか。
    結構な移動距離のように思います。
    普通でしたら横浜+1ぐらいかなぁ。
    パワフルですね。
    月島の派出所。一番刺さりました。
    (ボーラランデブー…写真ないんですもの)

    1. イオタT様、意外と都内は空いていて、ロド丸はスイスイ走ってくれました。今回しんちゃんのお店に行かなかった理由は、フェラーリテスタロッサ様のカタログが在庫なかったためでした。行っても全然時間的には余裕だったと思います。

  4. やはりりゅたろう先生とたこちゃんの、気が合う2人の東京(プラス横浜)観光は楽しいですね。
    「気が利かない」と申しましても、ギュっと詰まった濃いプランだと思います。
    りゅたろう先生も大満足だったことでしょう。

  5. あーやはり九州の大魔王様の東京観光だったのですね。オレンジ色のボーラの写真をみたかった。それってだいぶ前にどこかで売れずに残っていた奴かな。。。
    あのアストンも見て、観光して、もんじゃ食べて!なかなか良いプラン!そしてもんじゃ焼きはたまに食べたくなります。

    1. 練馬のH様、イタリアで完璧にレストアしたものを越湖さんが輸入したとの事です。他のスーパーカーよりもちょっと地味で、オレンジ色も心なしか枯れていましたが、そこがツボになる方もいますよね〜。

  6. 流石、蛇の道は蛇、もう枯ボーラの出自が分かっちゃうのですね。
    それにしても、銀座の路上で、白のRFをオープンにした妙齢のオジサンが二人、嬉々として身を乗り出さんとスーパーカーに興奮している姿を想像すると、申し訳ないですが、可笑しくてしょうがないです。(知り合いでなければ苦笑いするしかないでしょうね)

    1. いや、はっきり言ってショボイ。
      でもそのショボさにワビサビを感じ、さらにマセラティの辿った苦難の歴史に思いをはせて、ただ愛でる。
      それがボーラに対する正しい愛し方ではないでせうか??
      (お持ちになってる方、ごめんなさい🙇)
      まあ、小学生にはわからないよね。
      小学生のように興奮しちゃったけど、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。