自動車趣味人、イイ本だ・・・

 まぁ、今日くらいに思い通りにならぬ日も珍しいという一日となってしまいましたが、朝から散々走り回った挙げ句の日没直前タイムには、なぜか武蔵境の駅前に居たりいたします。自分の思い描いた通りにはならなかったケド、色々と人助けにはなったかなと・・・塞翁が馬ってコトもありますんでね。

 さてさて、もう御覧になった方々もいらっしゃるかと思いますが、「自動車趣味人」誌が到着しておりましたんで、本日は、その御案内をば。

本日は、結局練馬に戻ってきましたが、コレが着いてましたわ。
第一特集が、題して「趣味のクルマ」と来たモンだ(笑)。
表紙のアイキャッチャーがコスモスポーツである段階で、プルっとキマすな。
して、その脇を固めるキャプションにマセラティカムシンの文字を発見。
まずは、E湖師匠の巻頭言から。マセラティ濃度が高いので嬉しいモノ。
我らが「練馬のH」さん号も、大きくレイアウトされてますね。
「趣味のクルマ」のコーナー。カタログを配して懐かしげな雰囲気。
フェラーリといえども、モンディアルが有りぃ~の・・・
マツダ100周年で、にわかに脚光を浴びたR360クーペが有りぃ~の。
ミニチュアカーのジオラマも有りぃ~のといった案配。
と、ソコに、ワタシの目に飛び込んで来たのは・・・「不遇の名車 二題」の文字。ズラリと並んだマセラティカムシンの大軍団。
あお~!このイメージスケッチ欲しいよぉー。写本でイイんで・・・
若い頃、コレと過ごせた2年間を有難いと心底思いますヨ。今じゃスッカリ天上界だモンなぁ・・・祝!50周年。
一冊の本が、その後の人生に影響を与えるコトもありますモンね。ページを捲るたび、暫し、夢の世界を旅する心地がいたしました。
で、スッカリ夢から覚めて現実に(キビシー!:泣笑)。

 ↑でも、そんなメカトリエにも、そのうち・・・と、あらぬコトを夢想するのは、専らワタシの勝手でイイんですよね(笑)。

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)

5 Replies to “自動車趣味人、イイ本だ・・・”

  1. いずれメカトリエにカムシン様が鎮座していることでしょう。
    そう願っています。
    金輪際未来永劫天上界ということもない…はず…と…予想しています

  2. あ。先日仰っていた国産の超旧車って…コスモスポーツだったり?
    確か以前にも購入悩まれてましたよね?
    何にしても良い物件が見つかることを祈っております。

  3. お、お、カンパーナでてましたか!カムシンもなかなか最近見かけません。「趣味の車」、「車趣味」、「趣味が車」か、「趣味車」いろいろ欲しくなってしまうが、そんなに一杯あっても管理できないよなぁ。

  4. 自動車趣味人、楽しいですね。
    カムシンやカンパーナに興味津々。
    いや、デポ顧客がデポ謹製車両でメカトリエに集結すると、壮観な景色になりそうですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。