斯くて、一日車検の野望は潰えた(泣笑)。

 ハッキリ申し上げて、コレはもう「秋の長雨モード」では無かろうかと思う今日この頃。気温も先週のアレ(ド酷暑)はナンだったのかと思えるホドに一気にさがっております。昨日から、今季初めての長袖シャツ着用となっておりますヨ。次週も天気は思わしくなさそう。あ~あ!

 で、緊急一日車検のオファーにお応えすべく奔走しましたが・・・

久しぶりだネ、「国分寺のU」さん号。あひるんちょに会わせてもらったキッカケ車
プジョー2008プレミアムは、スッカリ御家庭の足として定着しております。
ハイマウントストップランプ、レンズ内の3区画が不点灯なんでハズしてみた。
ハイマウントストップランプAssyをハズして、リアスポイラーを再び乗せたの図。
そう、こうやってリアスポイラーをハズさないと交換出来ないの(泣)。
ボディ側に残る、ハイマウントストップランプに繋がるカプラー。
同様に、リアウインドウォッシャーの水路。「ナヌ?リアウォッシャー?!」
まー、LED化のせいでロクなこたぁありません。電球なら個々の交換で済むのに。
するってーと、このチューブの先にあるダボみたいのがノズルかぁ。スゲー一体構造。
再度御説明しますと、こんな感じ。ランプユニットはAssy交換なんだと(ハァ~)。
というワケで本日午後の車検突破は断念。サイワイ部品の国内在庫があってヨカッタ。

 ↑というワケで、日曜日には入荷するという部品を受け取りに正規ディーラーへ赴いた上、次週月曜日に再びのチャレンジと相成りました。だけどナンだね。この平成26年降ろし個体がちょうど7年となる今年、時限装置さながらにチャンと切れてくれる(泣笑)ように作ってあるストップランプAssyというのも、イヤハヤナントモですねぇ。切れても発光体単位での交換が出来ない上、ウインドーウォッシャーノズルまで組み込まれているとあっては、将来Assy供給が途絶えた場合にゃどーすりゃいいのよと、現今の工業製品特有の使い捨て設計に辟易したのでありました。だから“エコ”ってウソくさいんだよなぁ(嘆)。

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)

5 Replies to “斯くて、一日車検の野望は潰えた(泣笑)。”

  1. とんでもないつくりでも、趣味のクルマは誰かがど根性でどうにかして、維持し続けられる(こともある)かもしれないが、実用車ほど使い捨て、長くは使えない。って、なんだかな、ですなあ。
    車も冷蔵庫も何年か使うと壊れてその頃にはちょうど部品もなくなっている、と。
    そういう商売してないとやってけない、ということでしょうか。

  2. 雨の中の作業でしたね。お疲れ様でした。
    Assy交換ですか。いやはや。
    クルマはカッチョイイですけれどもね。

  3. 灯火類は軒並みLED化ですからね。取説のメンテ項目にも「不点灯はディーラーに」としか書いてないです。

  4. 9月になった途端、夏のスイッチがoffになったようですね。まだ残暑わかりませんが。雨だと仕事に支障でますよね、なんとか止んでくれないと。
    しかしアッセイ交換は致し方なしか⁈

  5. プジョーのリアスポイラーが、こんな四次元構造だったとは。
    このカラクリが、メカマニアには、たまりません。
    メンテする側としては、たまったもんじゃないのでせうが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。