海とコーヒー

 考えてみれば、こんな僻地(笑)に居を構えて30年近く。そもそも大好きな海にスグ出られるのがステキだから、というのも大きな理由のひとつだったハズなんですが、いつでも行けると思えば、なかなか行かないモンで、週に一度我が家に帰れるようになった昨今になって、ようやく「ちょっとイッてみよーか」という気持ちが頻繁に湧きアガるようになりました。そして昨晩も・・・

昨日の日暮れ時、また来てしまいました。
コイツが「見たい」と申しますモンで(笑)。
名前の通りに、九十九里浜の中では、まぁまぁ砂が白っぽいのがココの魅力。
延々と続く海岸線もダイナミックです。
このあとは、2020オリンピックのサーフィン会場となった上総一ノ宮へ、夜の下見探訪とシャレ込みました。
今日も朝のあひるんちょ散歩&参詣に。
南洋に浮かぶ秘密基地からはプライベートジェットで出掛けます。そのために設えられた島内滑走路。
意外にも(笑)結構マジメに製作は進んでおります。「アレ?コレくっつきそう・・・」
只今揃っている「島のカケラ」4ピースのうち、ついに2つは隣り合わせとなるコトが判明して、ちょっとモチベーションアップ。
本篇の劇中にはありえない情景をワル乗りして撮影してみました。
「ただいまぁ♪」ソコにヨメが帰ってきて、コレを飲んでみろと。
「アト味スッキリでウマいね、コレ!ホントはラテ・アートでもしてあったんじゃなの?」「分かんなぁーい」
でも、オリジナルの豆は手に入れてきたらしい。
アフターサーフブレンド。こりゃイイね。
都内に在るという一店舗は、所在地未公開につき、行けるヒトは限られてますが、当地に出来た新店舗は住所も丸分かり。
壁に描かれた派手なマーキングが目を惹くんでヒト目で分かります。
この近辺で一番オシャレな作りかも。
あ、やっぱり。チャンとラテ・アートが施されてましたわ。ワタシも啜ったカフェラテ、450円。
お若い店員さん方の真剣な眼差しが印象的です。(撮影許可は得ております。動画はダメだって。)
出来立ての店内は、見るからに清潔感が溢れております。
数々のオリジナルグッズは、波乗り帰りのお土産物にイイみたい。
やっぱ、海を身近に感じられるのは嬉しいモノです。

 このコーヒー店、難病に掛かり芸能界をセミリタイアした俳優の坂口憲二(往年のプロレスラー坂口征二さんの御子息)さんが、心機一転、コーヒー焙煎の修行をして、とある九十九里の浜に焙煎所を設立したのが始まりとのコトです。ザライジングサンコーヒーは、その焙煎所も、都内に在るという店舗も所在地住所未公開というミステリアスな存在でしたが、このたび当地に新店舗を構えてくれたので、ワタシも気軽に本格的焙煎コーヒーをリーズナブルに楽しめるようになり、嬉しい限りです。時節柄、なかなか県を跨いでのドライブは憚られるところではありますが、テイクアウトでも楽しめるんで、何かの拍子にコチラにいらした折には、ぜひどうぞ。

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)

7 Replies to “海とコーヒー”

  1. たこちゃんさんは、いつもホゲホゲで匍匐前進で秘密基地ですが、海辺のあひるんちょの写真を拝見していると、その内奥には余人に到底伺い知れない秘密の花園が潜んでいるのだろうな、とも思うのです。
    コーヒー美味しそうですね。

  2. コーヒーテイクアウトして海辺で頂くのもオツなものかもしれません。
    秋冬あたりはホットコーヒーが恋しくなります。
    いいですね。

  3. あひるんちょの優しいビームに照らされた浜辺が素敵です。
    サーフィンやコーヒーのネタには全く疎いです。

  4. 海の近くの我が家って、憧れます。
    そして、趣味と実用を兼ねた2CVと過ごす休日、素敵です。
    オカサーファーって言葉を、たこちゃんから教えていただきましたっけ。
    豆から挽いたコーヒーを嗜む事は、心のゆとり。優雅な時間の過ごし方です。
    平日は、もっぱら自販機で缶の無糖カフェラテを愛飲しております。
    そんなに美味しくはないのですが、なんとなく仕事中のルーティンとして。
    休日は、酒を飲むのでコーヒーを飲む余裕が無く。
    コーヒーの豆にこだわる心のゆとりが欲しいものです。

  5. 千葉は都内から近く海、山が充実!湘南や箱根のような住宅も比較的少ないですし、人も多くないから秘境感もありますし!
    太東崎灯台からの眺めもいいし、岩船漁港は寂れた良さがあるし、、、これで美味しいコーヒーあれば文句なし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。