マセラティギブリⅡ最終型の下回りを見る(作業前&作業後の状態比較スペシャル)

 もう今日は、「午後からきっと雨がショボショボ若しくはザンザンと降ってくるんダロなー」っと、早朝の天気予報を見ていて雨雲の動き予想図から半分アキラメの境地でしたが、降雨となる前に屋外でのアルミホイール洗浄作業を済ませてしまおうと、朝一番に出勤いたしました。

昨日の夕方に、攻守ところを替えまして・・・
「幸田のY」さん号をリフトアップして、下回りの仕上げ作業を開始。
着手前の下回り画像を繋げてみる。アンダーコートのチッピングガードが未処理でした。
・・・で、下回りの見た目が出来たようなので、さっそく覗いてみましょうね。
全体的に隅々までのチッピングガード処理を行い、耐熱塗装も入念に施しました。
デフ回りもスッキリとキレイに清掃いたしました。
前方から見たら、このような雰囲気です。アルミのオイルパンが美しい。
左リアホイール。すべてのホイールは、一旦ハズして裏側まで洗浄してあります。
右リアホイール。
左フロントホイール。
右フロントホイール。
パワーステアリングラックとエンジンオイルパンの載った、フロントサブフレーム部分。
さぁ、コレで下回り仕上げ作業の一切が済みましたんで・・・
油脂類を交換したあとの、エンジンの調子を診てみましょう。
エンジンの音がキレイに整いました。実はかなり緩めのオイルが入っていたのです。
エキゾーストサウンドも、ドコとなく澄んだ音色になったように思えます。
どうにか、雨に降られるコト無く元通りの配置に戻せましたのは僥倖でしたね。

 ↑やっぱ何事もアキラメちゃイカンですね。このシゴトやってると、天気が良いダケでも日常のシアワセを感じるコトが出来るので、ソコは素晴らしいんだけれども、広い屋根付きの全天候型作業場が欲しいモノだよなぁ・・・というワケで、下回りを御覧になってくださいましな。

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)

4 Replies to “マセラティギブリⅡ最終型の下回りを見る(作業前&作業後の状態比較スペシャル)”

  1. 本日は雨に降られずよかったですね。
    下回り、チッピングガード処理に入念の耐熱処理で美しい仕上がりです。
    作業前の写真と比べると歴然の差です。

  2. ギブリⅡの腹下、ビフォーでもかっこいいのにアフターでまた見違えるほど凛々しくなりましたね。
    普段は見えない腹下にもかかわらず。
    この腹下の仕上げ、さすがです。

  3. ギブリII最終型の下回りは、マフラー、触媒などが擦れた後も綺麗になり、チッピングコート処理もされて万全ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。