マセラティ3200GTのエキゾーストサイレンサーをどーにか修理して継続車検に臨む

 昨日も今日も、何だか読み難い天候で、晴れてたかと思えば、雨がパラついたり、カミナリさんがゴロゴロ鳴ったり、そのうちチュドド雨も降ってきたりとホントに落ち着きがありませんねぇ。まさに天候不順を搔い潜るようにしながらの匍匐前進(泣)となっておりましたが・・・

昨日より、マセラティ3200GT(「高崎のK」さん号)を俎上に載せまして・・・
爆音サイレンサー(泣笑)を直して継続車検に臨むための二日間となりました。
そも、Kさんのおナヤみは、リアバンパーとリフレクターの熱変形。その噴射口(笑)。
反対側もこんな感じで、散々リアバンパーを苛んでいた様子が伺えます。
まずはリアホイールをハズして、キレイに清掃しておきました。
続いては、リアフェンダー内に在る、後部フェンダーライナーをハズします。
「はい!ハズれたぁ(笑)」と陽気にしてますが、全ボルト切断でようやく(大泣)。
全体的に眺めてみましょうね。アッチもコッチもサビくれてるなぁ・・・
白日のモトに晒しますと、クッキリと噴射口も見えてますね。
一夜明け、溶接修理から戻ってまいりました。パッと見は変わり映えしませんが・・・
こぉ~んな感じで“ガマおやぶん(知ってるヒトは、そーとートシあるね:笑)”に。
細かい噴射口も在ったようで、溶接修理の困難さを思わせます。
こっからは、ウチの領分。ワイヤーブラシでコスりまくるコト二人掛かりで一時間。
サビ転換剤が使えるギリギリの温度帯なので、ソレも施しておきましょう。
乾燥後には、溶接部分の周囲やサビの表面にマフラーパテを薄く練り込んでおきました。
背景となる遮熱板はシルバー、サイレンサーは黒くキレイに耐熱塗装して纏めました。
底面ダメージの大きな反対側は、やっぱり修理痕が見えてしまいますが、ソコは御愛嬌。
Kさんが入手していた新品のリフレクターも取り付けまして、車検場へGO!!
はい、帰ってまいりました。車検場で降られた雨の水滴を現地で拭き取っての御帰還。
旧いクルマは、車検を取るのもヒト騒動ではあるなぁ・・・慣らされてるケド(泣笑)。

 ↑というワケで、本日午後には、運よく大雨のスキマを縫いつつ、どーにか継続車検を突破して戻ってまいりました。明日もまた車検じゃ。

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)

10 Replies to “マセラティ3200GTのエキゾーストサイレンサーをどーにか修理して継続車検に臨む”

  1. 毎日のことですが、お疲れ様でございます。
    3200GTがもはや「旧いクルマ」なのですねえ。
    ついこのあいだ新車発表されたようなイメージですが。
    歳を取ると時間が止まりますねえ。

  2. こちらでは初めましてになります。

    うちの子がご迷惑をおかけしております。

    自分でも何度かリア下側にもぐりこんでサイレンサーの様子(と、排気ジェット噴射でえぐられたリアバンパー)を観察したのですが、サビ穴があまりにも多く、正直なところ
    「これ、溶接で直るの?」
    と思っておりました。

    写真拝見しますと、さすがバッチリ塞がれていますね。
    ありがとうございます。

    車検から帰ってきたら、状態確認を兼ねてロングドライブに出たいものです。

  3. こんな記事読んだら、「うちのクーペ、いまいち排気音に迫力が無いから、サイレンサーにドリルで穴開けちゃおうかな」なんて思ってたこと、間違ってもたこちゃんには言えないな。(笑)
    …いや、冗談ですってば。😅

  4. さすが見事なトラブルシュート。
    これで安心して乗れますね。
    高崎のKさま、ロングドライブ行ってらっしゃい。

  5. そうですね。
    3200GTこそモダンマセラティと思い込んでおりました。
    2010年のビトルボフェスタで、ビトルボなのだけれども、エッヂの効いたビトルボ系のデザインから脱却した流麗な曲線美の3200GTに、マセラティの新時代を感じたものでした。
    それから10年以上も経過していると言うのに。
    いまだにその思い込みを引き摺っているこの錯覚。
    50歳とは、そんな歳頃なのであります。
    ああ、羽織りたひ。。。

  6. 職人魂のカタマリの上に成り立っているんですよね。

    高崎のKさま、高崎からでしたら軽く柏崎辺りへ烏賊食べに行くのもよろしいかと。

  7. もともと3200GTは好きなんですが、グランスポーツに行ってしまい、最近また3200GTいいなぁと。まあ刈谷のTさんの影響あるけど、最近の新車たちで引かれる車がないということも一理あります。

    1. 浮気はダメですよー。車は何台もあっても乗る機会がないので、カンパーナをしっかり仕上げてたっぷり乗ってあげてください。カンパーナが走れるようになるまでのつなぎに3200GTが欲しい、と言われると、一理あるな、と思いますが……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。