超高速!参勤交代な、ソコソコ高速ドライブ(その1)

 近年は、少しは一般教養を学びつつ楽しもうと、年に数回はちゃんと映画館に行って映画を観ようと云うコトにしておりましたが、時節柄、少々憚られておりましたので、その分を自宅でと、アマゾンプライムビデオを申し込み、平日の夜には寝る前のヒト時に一本観てから休む日もある今日この頃です。大概は途中で寝てる(笑泣)んですケドね。

 そんな、とある夜。ずいぶんサボっていたので、久しぶりに何か観ようと、日本映画のカテゴリーを漁っておりましたら、キテレツな題名に目を惹かれる一本に廻り合いました。その名も「超高速!参勤交代」。とにかく、超高速という軽やか且つ未来的語感の文字のあとに江戸時代の参勤交代という旧い制度名が組み合わされているところに「コイツにはナニかある」と思ったワケです。後から調べてみると、日本アカデミー賞の部門賞も獲得している結構高名な映画らしいのですが、何の先入観も無く観た感想では、映画ビギナーのワタシにとって、人生中で一番面白いと思った時代劇となりました。ヒト口で云えば「笑いと涙とカタルシスに溢れた人情コメディー本格アクションファミリー時代劇(ニンジャも出るヨ:笑)」といった感じ。「全部入っとるやん!」って感じですが、ホントにそうだったモンで。とにかく主役から脇役まで存在感のある芸達者を揃えた上、スピーディーな展開なので2時間はアッという間でした。続篇の「超高速!参勤交代リターンズ」というのも在って、コチラも翌朝の出勤ギリギリまで観ちゃったくらいです。正篇で江戸まで行って、続篇で実在したと云う地元藩に戻るまで、合わせて10日間のハナシを4時間に凝縮したのに過ぎないのですが、一瞬たりとも目が離せない面白さでした。

 ・・・とアツく語ったところで、観オワったら気がヌケちゃった(いわゆるロス:笑)。ココはひとつ、映画の中の世界に触れてみようと、リアル探求派のワタシは、映画の主役の殿様、湯長谷(ゆながや)藩の第四代当主であった内藤政醇(まさあつ)の息吹を感じる旅に出るコトを昨晩思い付き、ソッコーで決行するのでありました。

結構雨は降ってるケド、ちゃんとお散歩いたしましょう。
今朝も、過ぎし週への御礼、来る週の安寧をお祈りいたしました。
今日のあひるんちょは散歩のみ。お留守番を頼むヨ!
ロド丸に乗り換えて歯医者さんへ行き、家に戻って、たこヨメを拾いイザ出陣!
インターチェンジまでのド田舎ロードをひたすら走りまして・・・
高速に載ったら、アッという間に牛久の大仏さん。
筑波山を眺めつつの道行きは快調!
途中、こんな碑の在るPAに立ち寄ったら・・・
ワタシのロド丸の周囲に白くてイカツク醜いバン状車(笑)が3台も居てゲンナリ。
憂うべき日本のゲンジツを振り払うように走れば、コレまたワープで着いちゃった。やっぱスポーツカーはイイ!
「さぁ、これからどーしよーかナ・・・」
で、いきなり予定になかったスポットを発見。入館無料だと云うので、とーぜん寄り道。

 閑話休題。肝心の中身(いわき探訪の旅)の方は来週のネタにいたします(ツカれちゃった:笑泣)。

いきなりワープで夕方に。今日の激安プランのお宿はコチラです。
全室オーシャンビューと標榜するダケあって、7階客室バルコニーからの眺めは絶景デス。

 ↑というワケで、本日250キロ以上は走って来たと思います。ヒト心地ついたので、海を観ながら一服しつつ、温泉に入ってメシ喰って寝ます。このシアワセな境遇、皆さんに感謝!。

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)

8 Replies to “超高速!参勤交代な、ソコソコ高速ドライブ(その1)”

  1. ほらやっぱり、沢山走るのって楽しいものなのですよ。超高速で(超攻速ガルビオンてありましたね)。
    この映画、自分も自宅で観ました。時代小説好きなもので、先に原作の方を読んで、リアリティのなさになんじゃこりゃと正直思ったのですが、映画の方はその辺は置いといて娯楽活劇として面白かったです。
    リターンズも観てみよう。

  2. おぐさまに負けず劣らず、ひとっ走りですね。
    この時期あひるんちょはひと休み、エアコンの効くロド丸に軍配が上がります。
    たこちゃん推しの映画、面白そうなので見てみようと思います。

  3. クルマには二種類あって、人畜貨物を運ぶための手段と、悦楽を味わうための手段。
    後者なら、走らせないと。自分の一生のうち、マセラティの全開加速をあと何回味わえるのかな、と。

  4. 超高速参勤交代は聞いたこと有りましたが、見たことなかった!みてみたいのですが、、、Macが古くて最近ア○ゾンのビデオが見られない!

  5. いわき市は温暖で、雪も滅多に積もらず暮らし易い土地です。
    東北の中でも異国リゾート感が満載なので、休日にのんびり過ごすには良いかも。
    昔、いわきで食べた鮟鱇鍋が美味かったなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。