ようやく春眠暁を覚え(笑)、秘密基地のディティールアップとプレひなまつり

 今日から3月ですね。2月が怒濤の如くに過ぎ去って、心身ともに結構ツカれていたらしく、昨日の日曜日は、昼メシのあとでベッドに入って読書をしてたら、そのまま寝落ち。気が付いたら窓のソトが真っ暗になっててアセりました(ナンもせんかった:泣笑)わ。それでまた夕食採ったらフツーに睡魔がヤッてきて、ソッコーで爆睡。サスガに今朝は早起きしたので、朝メシ前に出掛けました・・・

今朝は早起きしたので、朝メシ前に参詣に行き・・・
朝食が済んだら早速たこ部屋に籠る。「さぁ、この休みのウチに、コレをなんとかしないと・・・」
その場で工法と材料をでっち上げつつ、手すり張りの作業を開始。
やっぱり、手すりなんだから、モールドはチャンと抜けてないとね。
微妙な曲線と屈折も、まぁまぁ再現出来ました。
早速、定位置に取り付けてみましょうね。
あ~、困難そうなので、どーしたモノかと約1年ナヤみ(笑)ましたが、思い切って階段の手すりを作り変えてヨカッタわぁ(喜)。
あとヒト息であったバルコニーの手すりも一気に完成させ、トレーシーさん家の手すり関係ディティールアップ作業は、1年越しにて完遂いたしましたが・・・
「う~ん、やっぱ実感の低い飛び込み台だなぁ。1号飛ばすたびに目に入るモンなぁ。コリャなんとかしないと・・・」
プロップ写真を見て本来の造形を確認。「そーだよねー、やっぱこうだよねー」と手を付け始め・・・
手すり部分のモールドを削り取ったら、上段のステップに穴が開いちゃったヨ(大泣)。
穴の開いちゃった部分にパテを入れておきます。手すりを作るのは、また後日にしましょうね。
一旦プールの脇に置いてみました。やっぱ、飛び込み台のフォルムがスッキリしたナ。
「ごはんよぉ~!」今日のランチはヒト足ハヤいケド、ひなまつり仕様。
スーパーのお寿司も、自前の皿に移せば、それなりに雰囲気が出てまいります。
ひなまつりごっこ(笑)に欠かせぬハマグリのお吸い物が、云わばメイン。
ウチのは、単段飾り。チリトリなくしちゃったんですって。でも、大昔(笑)の雛人形だから、クオリティーは高い品なのだそう。
玄関ヨコの梅の花も咲き始め、どうやら弥生らしくなってきました。

 ↑実は、「ろーがんGGIの命、ハ○キルーペ」をドコかに忘れて帰って来ちゃったモンで、何をするにも目がツラかったみたいです。老眼鏡掛けても、凝視し続けるのはチトつらい。スマホで当ブログを書くのも、読書をするにも、模型作りに励むのも、如何にハ○キルーペちゃわんに依存してたのかと、あらためて思い知らされましたわ。「トシって、やぁーねー(泣笑)」

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)。

5 Replies to “ようやく春眠暁を覚え(笑)、秘密基地のディティールアップとプレひなまつり”

  1. さすがさすが、階段とテラスの手摺りを完璧にしましたね!許せないですね。
    そーいえば、あんなにやっていたハズ○ルーペのCMは全然しなくなりました。
    やはり週2日はゆっくり休みたいですね、疲れちゃうから。

  2. 斯様にプラモと日常生活の交叉するブログを拝見していますと、なんだか全ての写真がプラモに見えてきて。
    鳥居とあひるんちょもプラモ。
    お寿司と雛人形もプラモ(フィギュア?)。
    逆に秘密基地のが実物大だったりしたらどうしよう、とか。

  3. 日曜日の寝落ち+爆睡、お疲れですね。
    普段の疲れを、睡眠とプラモで補っていただければと思います。
    お寿司にハマ吸いに単段飾り、ザ・ひなまつりです。

  4. 手摺はちょっとしょぼいな~このスケールだし仕方ないのかな~と思っていたんですが、やはり直しますか。
    でも飛び込み台は気づきませんでした。確かにひと際手が抜かれているような造形です。レンガ色のワニが傾きながら立っているような…

  5. 手すりと言い方、飛び込み台と言い、このディテールアップの凝りよう、まさに酔狂の極み。であごすてぃーに地獄を自ら更なる地獄をを被せる、たこちゃんは求道者。尊敬申し上げる次第。

    (前回の続き)
    辛うじて稲敷のKさまのシングルサンダー攻撃から逃げ延びたシルバートライデント仮面。
    (;´Д`)ハァハァ
    「サンダーで肌を削ごうなぞ、イカれてやがる!」
    ・・・自らの姿が肌を削がれても文句を言えないほどイカれている事に、本人は気付いていなかった。
    しかし、この格好でどうやって稲敷までたどり着けたのだろう?
    思い出せ、シルバートライデント仮面!
    そうだった、ちゃんと服を着て、鞄にシルバートライデント仮面の変身グッズを入れ、公共交通機関でやって来たのでした。
    そして、Kさまのガレージの脇でシルバートライデント仮面のコスチュームに着替えたのです。
    「あっ、いけねえっ!川崎にビトルボを置き忘れてきちゃった!」
    (↑ビトルボがコスチュームじゃなかったのかよ!)
    しかし、この姿のままでは怪しまれてしまう。早く元の姿に戻らねば。
    「あっ、着替を入れた鞄が無くなってる!」
    ・・・続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。