MASERATI COMPLETE GUIDEⅡのガイド(笑)を僭越ながら・・・

 本日は「MASERATI COMPLETE GUIDEⅡ(越湖信一 著 株式会社 マガジンボックス刊)」という最新の書籍を御案内いたします。マセラティ・クラブ・オブ・ジャパンの創始者にして会長を長らくお務めになっていらっしゃる越湖さんですが、ワタシも常日頃、マセラティやその周辺に関する様々な国際情報の御提供や現地からの部品供給でもたいへん御世話になっております(感謝!)。このたびの書籍上梓はフェイスブックで知りまして、早速Amazonで発売日前にポチり(笑)、ソレが一昨日に到着したという次第。ベンリな世の中だわ。

 ぶっちゃけ、表紙がいきなり最新型のマセラティMC20ですから、旧車系の方々には刺さり難いとも思いましたが、おそらくはMC20のデビューもキッカケのひとつとして、このパート2篇が生まれ出たという“オトナの事情”もあろうか(笑泣)と思いますので、ワタシがその中身をチョットだけ、当ブログ記事でチラ見せさせて頂こうと思います。

発売日当日の、一昨日2月24日(水)に到着。サスガはAmazon(笑)!
ワタシが目を惹かれるのは、新型車の紹介よりも、トーゼンこのあたりの項目。
本文冒頭12行ダケで、マセラティ社の起源が分かるという、簡潔にして明快な筆致。
そうそう、バッテリーやスパークプラグも造ってたんですよね。
ホレ、この通りに現物もココにある(笑)。
オルシ家がコントロールするようになった第二次大戦後の社史も時系列で。
シトロエン傘下の時代には、確かに名高いモデルが目白押しでした。
ボーラ、メラク、カムシン、そして傍系(というか当時は本筋)のシトロエンSMなど。
そして、我らがデ・トマソ期(笑)。マセラティブランドが残ってヨカッタ!
で、御馴染なメンバー、っと(笑)。プレス用の公式写真は美しいですね。
そして、やっぱり御馴染さんのギブリⅡやクアトロポルテⅣ(エヴォ前)の時代。
で、ビトゥルボ系では大ラスとなったエヴォ系以降や3200GT、そしてクアトロポルテⅤやクーペ&スパイダー、グラントゥーリズモ&グランカブリオの時代。
そして現在。主力はギブリⅢやレヴァンテなんでしょうけれど、弩級GTカーもラインナップしております。
本邦でのマセラティ取扱メインディーラーの歴史も学べます。
皆さんは、ドコまで遡って御存知でしたか?
脂性のワタシなどは、表紙に手垢が付き易いのダケが難点(笑)だと思いましたが、コレは紙媒体でこそ持っておきたい書籍です。マセラティフリークの方々やソレを目指す方々、旧車マニアには必読の良書であろうと思いました。

 ↑以前に在ったMASERATI COMPLETE GUIDE(パート1)の方は、古本でも入手難らしくプレミア価格になってる向きもある様子です。国際的な新コロ禍以前、越湖さんと居酒屋でホッピー呑み交わしつつ承った、お話の数々が、大幅に上品になって(笑)この紙上にて披露されている感じで、ところどころニヤリとしてしまいました。

 オルシさんの一族や、デ・トマソさんの末裔方とも親交のある越湖さんですから、現地に赴いて直接関係者方からウラを取った情報の集積、現在のところでは最も精度の高い“マセラティ歴史書”であろうことは疑いありません。ソレの原書が日本語で書かれているところが素晴らしいワケでして、かつて洋書屋さんに行って、たっかい本を購入していた身といたしましては、「なんとも有難い時代となったモノよのぉ」と感慨も一入であります。コンセプトカーを時代順に紹介したコーナーや、巻末のスペックシートも資料として圧巻。今後も末永く、日本語で書かれたマセラティ資料本の原典としても重宝されるコトでありましょう。

 新型コロナ禍が落ち着いたら、又ドコかで呑みましょう、越湖さん!

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)。

10 Replies to “MASERATI COMPLETE GUIDEⅡのガイド(笑)を僭越ながら・・・”

  1. 懇切丁寧に解説ありがとうございます このご時世、こういったヒストリー本的なものの出版はとてもハードルが高くなっているんです。前刊がおかげさまでそれなりに売れたので、今回出版が叶った訳でして・・・。それを証拠に前刊以来6年間 マセラティ本は皆無ですから。マイクロ・デポ・ファミリーの皆様、よろしくお願いします。

    1. ↑帰宅してコメント欄を見てみれば・・・
      うお~!まさかの著者御本人様が御光臨(笑)!
      いつもホントに御世話になりっぱなしで、感謝、感謝!デス。
      生ビール、高濃度ホッピー、ランブルスコ・・・ハヤく呑みたいですね(願)。

  2. アマゾンで6年前に買った履歴も残っていました。
    で、今購入。
    残り3点と出ていたのでちょっと慌てて買ったんですが、その後リロードしてみたら、やっぱり残り3点。ムムム・・・

  3. 一通り拝読いたしました。
    眺めているだけでもうっとりしてしまいましてねえ。ええ、ええ。
    とはいえ、車種ごとの主要諸元一覧とかもついじっくり読みこんでしまう、という。ええ。

    自分はちなみに脂性の反対で冬場は手指がカサカサになってしまうので、紙の端で切らないように慎重に読んでおります。

  4. ウチも昨日届いたので、晩酌しながらざっくりと拝見しましたが、国内未導入モデルがこんなにあったのか!とびっくりです。

    パート1の方は存在さえ知りませんでしたが、メ○カリに出品されているのを偶然見つけ、プレミアム価格で購入してしまいました…(^^;

  5. ワタシも只今購入。
    チラ見せだけでも楽しめました。
    実物を手に取り、じっくり拝見したいと思います。

  6. マセラティコンプリートガイドは、完売コンプリートできそうですね。FとかPとかなら、人気ありすぐ売れそうですが、だいたい紙媒体がいまや難しいから、尚更。

  7. あああ、早く拝見したい。。。
    帰京の関係で受け取りを来週にしているので、超待ち遠しい。。。

    そうそう、先日伺ったマセラティ福岡では、ちゃんと「1」を売っておりましたよ👍!!

  8. おお、ビトルボフェスタ2017で、えっこさんが語っていた、マセラティの歴史を執筆しているとは、このことだったのでせうか?
    ビトルボについて、書かれておりますかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。