やっぱ伊達車はチガウなぁ・・・

 やっぱ“慣れ”っていうのはよろしく無いですね。周囲に在るクルマたちが、20年から30年前の旧いマセラティばかりであるというのがアタリマエになっちゃってる環境に、長年ドップリ漬かり込んで(笑泣)生業としておりますと、毎度毎度、イチイチ感動しては居れないという心持ちに、ついついなってしまうモンです。でもね、先だっての土曜日に、修理と車検を済ませたマセラティスパイダーザガート後期型(「市川のO」さん号)が幌を開けたフルオープンモードで走り去って行く風景を眺めておりましたら、「ホントにカッチョいいよな、アレ」という感慨を含んだ言葉が思わず口をついて出て来ちゃいましたヨ。ワタシが中学生の頃にチャリンコ漕いでスーパーカーを見に行ったあの感動が原動力となって今の社業が在るコトを想えば、こうした感動をお客さんと分かち合いながら生きて行けるというのは存外にシアワセなコトです。

先だっての土曜日。「市川のO」さんが、幌を開けてお帰りになると仰って・・・
久しぶりに見る、“幌開状態”スパイダーザガートの晴れ姿にホレボレと・・・
かつては、自分もコレに乗ってただなんて、今やオソレ多い(笑)。
やはり、究極伊達車の一台であるコトは間違いないでしょう。
コレに乗ってハレの日にトバすのは、痛快極まりないモノです。
昨日の夕方、前歯がトレたおかげで歯医者さんの帰りに駅前で美しい夕焼けを見ました。
一夜明け、サスガに本日は上天気。マセラティ430最終型、4ドア伊達車の代表。
オトナにならなきゃ分からない。他に較べる相手を持たぬ、比類なき高密度な凝縮感。
ウェッジの効いたロングノーズの素晴らしいアピアランス。
ソレに、この内装が入ってるんですから、カッチョいいワケですよ。

 ↑本日はまさにハレの日。ポカポカ陽気の中で、ようやくマセラティ430最終型にも内装が入りました。こういったコンパクト&高性能な内燃機関付き4ドア車は、二度と生れ出ないコトでありましょうね。

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)。

9 Replies to “やっぱ伊達車はチガウなぁ・・・”

  1. かつては、自分もコレに乗ってただなんて、今やオソレ多い(笑)。前期型だったけど。

    430もいいですねぇ!

  2. スパイダーザガートのフルオープン姿、久々に見た気がします。
    このところ、春の陽気でオープンにしてもさほど寒くない。
    絶好のオープン日和だったと思います。

  3. 後れ馳せながら、結婚記念日おめでとうございました。😉👍️✨
    バレンタインデーが結婚記念日だと、忘れてしまって大騒動…なんてことにはならないから安心ですね‼️
    ちなみにうちはクリスマスが結婚記念日です。(笑)

    市川のOさん号、凄い色気ですね!
    僕じゃあ、絶対似合わない。🤣

  4. 先日はどうも有難う御座いました!
    マイクロ・デポをオープンにして出た時に、お二人が私のクルマをずっと見送っておられるのが見えて恐縮しておりました^_^
    あの後、天気も良くて、あまりに気持ちが良かったので、思わず都内で寄り道をしてしまいました。クルマは申し分ない仕上がりで、サイコーの気分でした!
    何より、お二人のアツい想いが細部にまで詰まったこのクルマを乗り続けられることは無上の幸せです!
    このクルマにいつまで乗り続けられるか分かりませんが、マイクロ•デポの力で、ぜひ良いカタチで後世にバトンを引き継いで頂きたいと思います。😊

  5. まさに伊達車、イカシてますね。
    この内装を見せつけるのはさぞかし痛快でしょう。
    裏山です。

    (しかし服を脱いでマセラティ着る…という某の人だと痛快ではなく痛いになってしまいますが…)

    1. スパイダーザガートは、もう二度と現れない究極の伊達車ですね。ビトルボのサイズがまた良いです。430もビシっとしましたね。

  6. 昔 私が乗ってた430かと思いました スモークと穴無しホイルが
    おなじですが、シートが黒だったので違う車ですね。
    なつかしいね パトカーに止められてスモークを注意されました

  7. スパイダーザガートと430最終型、ともに渋い外装色と対照的に艶やかなベージュ、アイボリーの内装がとっても素敵です。
    ああ、どちらも間違いなく伊達車!
    羽織っても宜しいでせうか?
    ビトルボ羽織って、ひゃっほーっ!
    もしかしてワタクシ痛いヒト?
    いやいや、痛快だぜよ!なのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。