マセラティスパイダーザガート後期型、当店から納車後に10年経過した下回りを見る。

 ま、本日のネタは、ある意味昨日の続きなんですケド、結局肝心の耕運機音の原因、エキゾーストマニホールドガスケットの新品交換取付自体は、昨日のウチに完遂出来ておりませんでしたので、後日談とはなってしまいましたが、こんな具合になったヨといったところを・・・

朝イチから始めたエキゾーストマニホールドを宙ぶらりんに保持しつつのスタッドボルト入れは昼頃にようやく完遂し、新しいガスケットを入れての再組付けは無事に済みました。点線図示の光っているのが新しいナットです。
エンジン右バンクを浮かせるために、左バンクのカムカバーもハズしていました。フューエル配管付のエアークリーナーケースも再度取付なくてはなりませんし、吸気系配管もすべて元通りに付け直さねばなりませんが、そのままリフトアップして、先にエキゾーストパイプを繋ごうというコトになりました。
はい!下回りを一気見デス(笑)。ウインドーウォッシャー液を噴射しないのは、点線図示したウォッシャーポンプの網が詰まっているのかな。そのまま継続車検に向けての点検調整作業を続行いたします。
ようやく、エンジンが始動出来るようになったみたいですヨ。
始動一発!無事にいつものビトゥルボ音に戻りました。目出度いのぉ~。

 ↑と、肝心の作業部分は“企業秘密(笑)”扱いなんで御見せ出来なかったのですが、その分、下回り画像をヒト繋がりのスペシャル仕立てとしておきました。納車後10年経っても、こうして定期的な里帰りをさせて頂けるお客さんの愛車には、丁寧なブラッシュアップを施してお納めいたしますんで、旧車と云えども安心してお楽しみくだされば望外の喜びであります。さぁ、コレで明日は継続車検にイケるかナ(喜)。

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)。

6 Replies to “マセラティスパイダーザガート後期型、当店から納車後に10年経過した下回りを見る。”

  1. 納車後10年経っても、キレイなスパイダーザガート。
    オーナー市川のOさまの賜物です。
    素晴らしいな。

  2. 写真を拝見致しました。いつも細部までキレイに仕上げていただきホントに有難うございます。
    思えば、同じクルマを前期型と合わせて24年間所有していますが、大切にしていた前期型のエンジンがダメになってしまい、途方に暮れていたところに、マイクロデポ製の2号と出逢い運命を感じています。
    スパイダーザガートを美しい状態で維持する事は、ある意味義務のように感じていますが、これからますますガッツが要りそうですね。😅
    超絶コンディションの愛車との再会を楽しみにしております。

  3. 市川のO様、祝スパイダーザガート納車後10周年‼︎ 下回り綺麗ですね。ガレージでの保管状況が良くて、雨天時走行していないからでしょうか。

  4. 有難う御座います。下回りがキレイなのは、丁寧に見てもらっているおかげだと思います。いい年頃なので、雨の日などは、無理はさせていません😄

  5. オーナー様と整備士の愛を感じる下回りですね。
    普段から大事にしていることがよく伝わります。
    祝10周年、これからも末永くコンディション維持が続きますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。