マセラティシャマルの心臓摘出

 ずいぶん以前から、何度も段取りを組んでたにもかかわらず、そのたびに諸事情出来して「延期延期、あ~、また延期」となっておりました“大手術”の第一弾が、本日の日没までに、ようやく無事に済みました(ホッ・・・)。ソレはイイのですが、ドーシテよりによって、今日に限ってこんなにも寒く且つ風が強いのでせうか(大泣)。作業中には、劣化したボンネットフードインシュレーターから発生する風化したウレタンフォームの粉やら、大陸からトンで来る黄砂やら、近所で解体工事ヤッてるんでソレの粉塵やら・・・まぁ、結構サイテーな環境下での作業でしたヨ。帰って目薬差したら、でっかいゴミが出る出る(泣笑)。

あう~、やっぱインジェクションユニットをマルっとトラなきゃダメ?
で、ハズしました。上から下から、ほとんど全バラにいたしまして・・・
ソレでも、まだ干渉する部位が散見されます。アタマを冷やして作戦会議を。
あ、もうラジエター降ろさなきゃね。奥のイグナイターたちも邪魔だナ。
ツリ上げてみましたが・・・あ~、コアサポートもズラしだコリャ。
で、ヘッドライトとフロントバンパーをハズして、コアサポートもズラし・・・
ようやく大物が釣れましたワ(笑)。軽トラの荷台に載せて、本日は日没。

 ↑まだまだコレで、このたびの全ミッション中25%~30%ってところが、本日日没時点での進捗具合。ドナー車からの摘出のみで日が暮れました。明日も早朝から作戦開始デス。今、傍らのテレビから、明日はもっと寒い旨を知らされました。東京練馬では-1℃~7℃なんだそーです。明日の夕方、無事だったらお会いしましょう皆の衆(泣笑)。

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)。

8 Replies to “マセラティシャマルの心臓摘出”

  1. 重量物の移動も匍匐前進ですね。
    次に再利用しなければいけませんから細心の注意が必要です。

    それにしても今晩の北風はちゃぶい・・・

  2. いいなあ、このエンジン。欲しいなあ。
    時々ギブリさんに載せ替えて走るとか。

    因みにいま自分がいるところは零下三度。深更にはまだ冷え込むそうです。
    外仕事でなくて後は寝るだけですが。

  3. シャマルの心臓摘出、今回のブログタイトルは凄いです。
    獰猛な獣の強心臓。
    ビトルボが中島飛行機・栄エンジンならば、シャマルは誉エンジン。
    つまりは、隼と疾風ぐらいに戦闘力に開きがあるのであります。

    飼い慣らせない
    恐怖と愛で
    手放せないよ
    So I need you blue beast inside of
    Me♪
    (敬愛する分島花音さん作「the BEAST can’t BE STOpped」より引用)

  4. 冬晴れと云いつつ、風も強いし寒いですよね。
    そんな中、屋外の心臓摘出作業お疲れ様でした。
    ドナー移植させちゃうのですから、やっぱり凄いです。

  5. そりゃ本来のユニットより2気筒増えたものを無理やりだものね、デトマソは「蹴って入れてしまえ」と言っていたそうですが。

  6. 凄い作業ですね。
    しかも屋外の北風ぴーぷーの中ですよね…。
    まるで八甲田雪中行軍の如し苦行(遭難してませんが)
    頭が下がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。