マセラティスパイダーカンビオコルサ、仕上げ開始

 今日の都内は、どーゆーワケか道が結構混んでましたね。新コロ騒ぎの余波で、普段は公共交通機関を利用しているヒトビトが、須く自家用車で出動しているからなのか、はたまた本日は卒業式であった学校も多かったらしいので、その影響もあったのか、な?

 土曜日の本日は、朝の7時にまず御納車(ホント:笑)が。「湯河原のN」さんが、継続車検の済んだマセラティ222SRを引き取るため、始発に乗ってお越しくださいました(スミマセン!)。そのあと、このマシンをデポ店舗前に持ってまいりまして・・・

うわぁー、イイ感じにネタネタしてるなぁ(泣笑)・・・
また、このスイッチ群とも闘うのか・・・
既に、文字が見えなくなっちゃってるのもあるなぁ・・・
リバースセレクターレバー周辺はキレイですが・・・
その後ろは、やっぱネタネタになってる・・・
パッと見、キレイに見えていた皮革部分も・・・
クリーニングすれば、ヒト皮剥けました。
ココまでイッてる部分には、塗装が必要です。
クリーニングを済ませた部分が判りますか?
マセラティスパイダーカンビオコルサ(「文京区のU」さん号)の内装でしたぁ!
後ろ姿も凛々しい佇まいです。
ブルーネッチューノに紺色の幌は似合います。
ボンネットフードインシュレーターも・・・
マイクロファイバークロスで擦れば、ここまでキレイに。
清掃前のエンジンルーム。コレでもキレイな部類ですが・・・
コレが清掃後の状態。スマホじゃ違いが判らないかなぁ・・・
「千里の道も一歩から」コレまた匍匐前進でイキましょう!

 ↑あ、そうそう。コレやってたら「Y」さんが突然の電撃御来店。わざわざ差し入れのお菓子を持ってきてくださいました。心からの御礼を申し上げます。来週もこのスパイダー、各部の仕上げ作業が続きそうです。

 それじゃー、また明日。

10 Replies to “マセラティスパイダーカンビオコルサ、仕上げ開始”

  1. うわー、ネタネタ病、ここまで進行している。
    これを綺麗にするのは大変だ。
    商品化の道は険しいですね。頭が下がります。

  2. ごーじゃすなクルマなのですが、横からの写真だとバルケッタっぽいプロポーションにも見えたりして。可愛いなあ。
    エンジンすごそうですが。踏んでみたい。

  3. ↑御両人様、いつもコメントを有難うゴザイマス!
    マセラティは、ちゃんとホイールベースを短くして、2シーターオープンを作るところがエライです。ドアの後ろがクーペより短いんですね。

  4. サイドからのスタイルはいいね。
    コロンとしている感じで、とても好ましい。可愛くてカッコいい。
    でも内装がこんなにゴージャスだと俺は汚しちゃいそうだなぁ。なんせ適当な男ですから。
    じゃなんでアイボリーの内装のアストンを❓
    他の色があればそれを選んだけど、あれしかなかったんだもん。
    新しい世代のマセラティって乗った事ないけど、乗りやすそうだからいつか乗るかもしれない。

    今京都に来ています。
    ふらふら街を歩いとります。
    マスクしていない人が多い。俺もだけど、
    竹の子ご飯が美味しかったが、お世辞抜きで女房の作った竹の子ご飯の方が美味かった。
    行きつけの料理屋さんの大将がやっている料理教室(大分ガス主宰)に行ってから和食の腕が三段階くらい上手くなった。
    良かった💖

  5. ネタネタは御約束ですからこれで綺麗になったらまた素晴らしい個体となりますねえ!!^_^

    外装と内装の色合いも最高です。

    「文京区のU」様、素敵です!!!

  6. 同じカンビオコルサでもクーペとスパイダーじゃ、シルエットがぜんぜん違いますよね。
    ショートホイールベースだから、クーペよりも動きが軽快なんだと想像してます。😍
    そしてブルーネッチューノはやっぱり美しいなぁ。
    文京区のUさま、納車が待ち遠しいですね‼️😆👍✨

  7. 早朝7時、朝日と共になんと神々しい納車の儀、哉。
    帰路が楽しそうです。

    スパイダーカンビオコルサ、なんて贅沢でお洒落な!

  8. 素晴らしい外観も中に入ってネタネタでは台無しですからね。徹底的に除去&リフレッシュ着手!流石です!

  9. 4200クーペ系はセンターコンソール周りのスイッチ類の数がヤバいですね。
    これは厳しい闘いになりそう…御武運を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。