ホゲホゲ求めてOKINAWA(その4)

 いよいよ旅も大詰めに近付いた四日目、大晦日となりました。一応、各所に門松🎍など立っているものの、当地に居ると年の暮れ感が薄いですね。到着した日には、まだまだタップリと時間があるように思えてましたが、もう明日は、新年早々飛行機に乗って帰らなきゃならんのかと思うと、今から沖縄ロスになりそうデス(笑泣)。

まずはホテルのオモテに出て、天候を確認。どんよりと厚い雲に覆われて、冷たい強風が吹いています。雨もパラパラと。
沖縄市内、いわゆるコザのメインストリートっぽい場所です。
ホテルの2階に宿泊しておりましたが、対面のカラオケバーがドアを開放しっぱなしでの終夜営業をしてるので、ヒト晩中、酔客の嬌声が聞こえてきてマイりました。
昨日とは打って変わった、今日のホテルの、どシンプル極まる無料朝食(泣笑)。
さぁ、元気良く次の目的地を目指しましょう!
今日もまた、コイツの出来のよろしくないシートとウマくやって行かなくちゃ・・・
とかなんとか云いながら、次の目的地は、すぐソコに見えていたスーパーサンエーでしたぁ(笑)。
朝から年越し準備のお客さんが結構居るな・・・おお、超安い!
沖縄ではスパムが安い、東京周辺の半値以下かも。で、アレコレ悩みつつ手に取ってたら・・・
「うちなんちゅーは、皆必ずチューリップ(スパムの一ブランド名)を買ってます!」と、業を煮やした当地のじーちゃんが(笑)。
バリバリうちなんちゅーなじーちゃんからの御託宣(笑)に従って、チューリップを買うコトに。
海中道路までイキまして・・・
長い橋を幾つか渡れば・・・
浜比嘉島に降り立ちます。
どこか懐かしく、ホッコリとする場所・・・
まずはそのアマミチューの墓に詣でます。
今日の海はシケ気味なので、慎重に水際を歩いて行きます。
沖縄に最初に降臨したという神様・・・
懇ろに手を合わせてまいりました。
また、次の機会にも詣でさせて頂きたいな・・・
この特徴的なハートロックも健在でした。
続いて、島民の方々の居住区域を走り、シルミチューへとまいります。
駐車場にクルマを停めて、徒歩でお参りに向かいます。
アマミチューとシルミチューは御夫婦なのです。
一礼して鳥居を潜り抜け、長い階段を上ります。
こちらでも懇ろにお参りいたしました。
シルミチューの入り口には、秘境の天然ビーチが在ります。
シルミチューまします御山を拝見しながら、潮騒に耳を傾けるのは、至福の時間です。
たこヨメが、せっせとナニかを拾ってますが・・・
ああ、コレが戦利品でしたか。イイお土産になったね。
さぁ、今来た道を戻って、次へとまいりましょう。
はい、毎度お馴染みの「道の駅かでな」デス。
展望台から基地内を覗いてみましたが、極く極く平和で閑散としていました。コレはイイ事です。
今日もランチを、この旅で再びのシーサイドリストランテで。
到着した日に叶わなかった、屋外バルコニー席に着席出来ました。
今日は先日のブランチメニューじゃなくて、フルメニューになってる。このスペシャルメニューにしてみよう。
ホットコーヒーには、おかわりポットも付いてきます。6杯くらい(ハラだぼだぼ:笑)は飲める。
スペシャルメニューの白身魚にウニソースの掛かったヤツ。意外とサッパリ食べられました。
他にも、イカのクリスピーなフライと、小さなエビのグリルをシェアして食べましたが、肉料理を避けたので、いつもはイケないデザートのブラウニーまで辿り着けました。ホントに有難い空間です。
昨年は改装工事中でしたのでフラれましたが、この旅では堪能出来ました。感謝!
背景のビーチも美しい水の色を湛えております。
しばらくの時間、離れ難い気持ちで、ビーチに佇んでおりました。
嘉手納基地の管理地内に在る野國總管さんのお墓。
こちらでも、シッカリ手を合わせてまいりました。
今日は、北風に吹かれたハイビスカスも寒そうにしています。
どんどん上がっていく道路を辿って行くと、ココに到着。
たこちゃんズに似つかわしくないタイプのホテルだなぁ・・・
駐車場もかなり賑わっておりました。
ワタシたちも密かにファンであった、「こきざみインディアン」さん(御両人は地元南城市出身)方が、今晩このホテルのカウントダウンイベントに来るんだって(驚)。
部屋に入ると・・・おお、ココ一応オーシャンビューなんじゃん!
実は、こんな和室なんです。全体的な雰囲気が、なんか休暇村みたいなホテルです。今晩はココで紅白でも眺めつつ、年越しのヒト時を過ごそうと思っております。皆さんに感謝、感謝!デス。
バルコニーからの眺めも、そのうち夜景になるのかな・・・

 ↑・・・という感じで、令和元年の大晦日の一日を、各所で安寧をお祈りしながらホゲホゲと過ごしてまいりました。これから温泉にでも浸かって、さらに年越しホゲホゲタイムを迎えようと思っております。

 あ、尻切れトンボになってる昨日の行状(笑)の後半は、別の機会に追補版としてお届けいたしますね、スミマセン。

 どうぞ、皆さん良いお年をお迎えください!

 それじゃー、また明日・・・つーか、来年!

10 Replies to “ホゲホゲ求めてOKINAWA(その4)”

  1. ホゲホゲで
    沖縄で過ごす
    大晦日

    なかなかホゲホゲタイムを楽しんでいますね、東京はポカポカでしたが、午後から強風が吹き荒れております!ってことは日本海側は大雪だな。
    今年1年お世話になりました。また来年も宜しくお願いします!!

  2. ↑「練馬のH」さん、こちらこそ本年は隅から隅まで御世話になりました。只今、10分で温泉を出まして(泣笑)、90分一本勝負のディナーバイキングで、自称イタリア産スパークリングワインの飲み放題ヤッてます。

    一年の大ラスを斯くのごとくに過ごせますのも、ワタシどもを支えてくださる皆さんのおかげです。

    本当に心から感謝いたしております!

  3. 昼間は暖かく、洗車日和でしたが、15:00頃から一転北西の冷たい風と戦いながらの洗車となりました。

    紅白始まりましたね。

    良いお年をお迎えください。

    1. ↑「テツヲタ」さん、今年も一年間公私ともに本当に御世話になりました。
      ちょうど夕食が済んで部屋に戻ったら、紅白がぴったりと始まりました。別に大して面白いワケでもありませんケド、年に一度くらいは世の中どーなってるのかをベンキョーしておかないとね(笑)。とりあえず、郷ひろみとAIKOってのは知ってた。あとは知らん(泣)!

  4. 沖縄で
    ゆったり過ごす
    大晦日
    令和お初の
    初夢を待つ

    ・・・あれ、初夢って、いつ見る夢でしたっけ?

    マイクロデポさんには本年もたいへんお世話になり、そして御迷惑もおかけしました。
    この反省を糧に、より良きコメントを心掛ける次第。
    では、良い御年を。

    1. ↑「Sm」さん、今年も本当に御世話になりました!新年もよろしくお願いいたします。
      ・・・あー、にしても紅白ツマんねーなぁー(演出がヒド過ぎだな:泣)。

  5. 畳部屋のお部屋、くつろげますね。
    今年1年お世話になりました。
    どうぞ、よいお年をお迎えください。

  6. ↑「Wさま」さん、本当に今年も御世話になりました。日々のコメントからどれほど励まされた事でしょう。心から感謝いたしております!

    新年もヨロシク!!

  7. 本年も一年匍匐前進と素晴らしいデポ謹製の作品達、素敵な仲間と楽しい時間、ありがとうございました。

    本当にたこちゃんはじめ皆様には感謝の一年でありました。

    こちら久留米は盆地故か、現在素晴らしく冷え込んでおり、喫煙にはベランダでダウンジャケットを羽織りヒートテックフル装備必須、TVは子供達に占拠されながらも、なんとか穏やかな時間で家内の年越し蕎麦で新年を迎えられそうです。

    彼の地でのたこちゃんズの「初日の出」写真とブログを楽しみにしております👍

    ゆっくりと御座敷でのゴロンと酔なる令和元年最後の夜を!

    1. ↑「牛久のS改」さん、今年も本当に御世話になりました。夏の九州行も、Sさんのおかげで彩りある思い出深いものとなりました。

      御一家そろって、最良の年をお迎えください!有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。