大事にしたいのは、ホッと出来る空間

 まぁね、このブログも原則的には平日毎日更新を標榜してきていたワケなんですが、近頃では視聴率競争下での生き残り(笑泣)を賭けての完全毎日更新となっちゃって幾久しく・・・そりゃね、毎日なんか無いワケですよ、ネタなんざ(泣)。それでも「私生活の切り売りヤッてる」なんて非難(笑)を浴びつつ、こうして今日も切り売ってヤレと思っております。ワタシ的には、店主の顔や日常生活がガラス張りの向こうに見えてるってのも、商売を続ける上では大事なコトなのだろうと信じておりますんで、皆さん、イヤがらずにお付き合いくださいな。

昨夕、川崎から一気に千葉拙宅に帰還し、軽く夜メシを採るために行ったのは、茂原にあるトラットリア ポポラーレ。田舎にしちゃ(失礼)オシャレでイイ雰囲気。
店内装飾も、BGMも、既にクリスマス仕立て。年の暮れ、アセるよなぁ・・・
このピザでハーフサイズ。石窯で焼かれた本格派です。ウマい。
今日の午前中、歯医者さんに行った帰りには、縣神社にまた参詣。
雨が降ったり止んだりの天候で、シットリとして良い雰囲気です。
この空間に、ヒト時身を置くと、浮世の滓がデトックスされる気分になります。
「ああ、そうか。もうじきお正月の初詣だ。」参道を見て現実に引き戻されちゃった。静謐な神社の境内にも行列が出来る時が来るんでしたね。

 今日はサスガに昨日のツカれがドッと出て、午後は御昼寝タイムでした。夕方には千葉の拙宅を出て、ハヤ目に練馬へと帰っておこうといたしましたら、京葉道路はズドド渋滞、首都高も真っ赤っか。錦糸町で降りてようやく帰ってまいりましたが、結局2時間半以上掛かってしまいました。通常は一時間と10分程度がドア・トゥー・ドアのタイムなんですケドね。よく考えたら今日は11月25日。いわゆる“五・十(ゴトー)日”で、さらに給料日のところも多い25日なのね。ソリャ道路も混むワケです。11月も残り5日、まったくもって月日の経過はハヤいですよね。あ、やばいやばい、そろそろマライア・キャリーとか山下達郎のアノ曲たちがラジオから流れてきそう・・・令和の2年目、オリンピックイヤー2020年も目睫の間です(アセるなぁ・・・:泣笑)。

 ともあれ、一般庶民で“おセレブ”でもなんでもないワタシなど、こうして休日の過ごし方をネタにすると、大体は身の回りのハナシに収斂しちゃうモンです。今日も縣神社で拙宅向かいの家の御主人とバッタリ顔を合わせました。やはり散歩途中の参詣だそうです。数年前に定年されてから購入したカワサキ製の大型リッターバイクで時々北海道などへツーリングに行く他は、近所を御散歩するのが日課。ワタシの老後はあるかどうか分かりませんが、昨日も「りゅたろう」先生には、「早く沖縄にGGIの理想郷(沖縄パラダイスクリニック:仮称:笑)を作ってくださいな」とお願いしておきました。ワタシ、ついの住処は暖かいところがいいなぁ・・・75くらいになったらイレて貰えるだろうか(泣笑)。あと20年先を夢想しながら、張り切ってまいりましょう!

 それじゃー、また明日。

7 Replies to “大事にしたいのは、ホッと出来る空間”

  1. 確かに今日は.朝っばらから霧がかかったり、生暖かかったり肌寒かったり小雨が降ったりと、理解不能な天候でしたね。

    明日は参拝のご利益に期待しております(^-^)

  2. ホッと出来る空間は重要です。
    ワタクシメにとって、それはビトルボの車内。
    飛びっきりの非日常。
    車に載せるには非常識過ぎる、むっちむちの茶色の本革ソファーシートに素肌でもたれかかる、この愉悦。
    ああ、心地好い(〃ω〃)!

    先般の、文化芸術を語る高尚なホルモンの宴で知ったのですが、どうもワタクシのコメントが、このコメント欄のハードルを上げているようで。
    このブログは毎日、10人ぐらいしか閲覧されていないと思いきや、実はその30倍以上、閲覧されているようで。
    もし、そうなのであれば、もっと御気軽にコメントされてくださいませ。
    テキトーで、良いのですよ。
    素肌にビトルボ、真に受けないで、やってませんから笑。
    どうか、御気軽にコメントしてくださいませ。

  3. 75くらいになったらイレて貰える…って、アルファじゃなきゃダメなの?って一瞬思っちゃった。
    乗りたいなあ、後輪駆動のアルファ。

    1. ブログにも
      視聴数の
      アップアップ

      TV番組並みに、ブログ、Facebook、instagramなどなど、視聴数やらフォローワーやら、イイね数など、気にすることが多いですかな。芸●人並みに、私生活の切り売りが受ける昨今でしょうか⁈

  4. ロウゴ、どうなんでしょうかね。
    椅子取りゲーム状態?
    どこで限界がくるのか?
    余り考えても仕方ないかと。
    マセラティの甘美な世界に浸って忘却したいものです。
    (その世界を支えるデポさんは匍匐前進という現実が、、、)

  5. 僕のようにブログのROMから、ある日思い立ってデポの扉を叩く人は必ずいると思うのです。
    なので、大変だとは思いますが頑張って更新続けてくださいね!
    ちなみに、ROMだったころ一番不思議だったのが毎月定例で御客様方とホルモンで飲む記事がアップされることでした。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。