コメント欄での御質問に、諸々お答え。

 ここのところ、当ブログのコメント欄にて、ワタシに幾つかの御質問を投げ掛けられておりましたが、近頃では何しろ夜寝るのがハヤいモンで(笑:20時就寝、翌4時起床)・・・そんなところに大分の大先生様からビデオコールで叩き起こされたりするというアクシデント(泣笑)があったりいたしますと、まぁ、アタマがボーとしたまんまで目はランランと冴えわたったりする眠れぬ夜を過ごすコトもあったりして、ブログ本篇を書くのが精一杯なので、コメント欄での御質問にはなかなかクイックに御答え出来ないのであります。んなワケで、本日は、コメント欄で見つけた「・・・ですか?」にお答えしておこうと思います。

イオタT
2020年10月16日 10:18 AM
「にしても蜂の巣のあった建物はどこぞの建物でしょうか?
マイクロソフトさんの建物でもご自宅でもないように見えますが」

・・・内心「良く読めよぉ~」と突っ込んで(笑)おりましたところ、

「あ、出だしに元実家とありましたね。読み飛ばしておりました。」だって・・・やっぱ「良く読めよぉ~」デスね(笑)。

大石繁
2020年10月14日 5:37 PM
「マセラティグランスポルトなどのカンビオコルサの持ちと将来的な部品供給に不安があり大変心惹かれていますがびびっています。走り方にもよるとは思いますが、耐久性は2万キロ程度と認識しておくとしても後5年?くらいしたら交換部分は手に入るものでしょうか?」

・・・カンビオコルサのクラッチ耐久性は、ワタシの知る限りでは「半日(笑泣)~4.5万キロ」という幅がございます。如何に使用条件に左右されるかというのがこの一事を以って推察されます。一番不得意なのが、極低速での微速走行と停止を長時間繰り返す「ズドド渋滞下走行」だと思われます。次に車庫入れ時に前進後退を極微速で行う局面が多い使用法にも御注意頂ければと思います。いずれにいたしましてもポイントは極微速というところでして、コレは半クラッチの状態で走っているというコトになりますので、当然クラッチの減りも早くなると・・・ちなみに、マセラティに搭載されるマニュアルトランスミッションのクラッチは、普通7万キロから8万キロくらいが交換を要する時期と云えます。通常のマニュアル車用クラッチセット交換もトンデモ万円(常に時価)いたしますので、カンビオコルサ車とマニュアル車の中古車市場での価格差(マニュアルはプラス200万円~250万円が目安)を考慮すれば、ムリヤリ高価なクーペGTに拘るよりも、カンビオコルサにしっかり手を入れて乗られるのがよろしいかと愚考しております。グラントゥーリズモの場合も、MCシフト(カンビオコルサ)とMCオートシフト(フルオートマ)には大いなる価格差がございますので、安価なMCシフトを乗りつぶすつもりで吸い尽くすのもアリだと思います。フェラーリのF1マティック車対マニュアルミッション車でも同様です。ワタシは製造元ではありませんので、マセラティ車の部品供給体制が今後どうなるかを語るコトは出来ませんが、同社の従来のスタンスを見るにつけ、アルファロメオ各車やルノー(アルピーヌを含む)のホットモデルの部品供給体制ホドの脆弱さは無いと見ております。また、同日に「練馬のH」さん(カンビオコルサ乗りデス)がコメントされておりましたように、原則的にアルファロメオのセレスピードとのパーツ互換性も一部ある(整備のコストパフォーマンスも良くなる)ようです。でも、カンビオコルサの他の部分(各部艤装品や足回りなど)にも、過走行車には結構な落とし穴もございますので、一生乗ろうとか10年乗ろうとか、そんなこたぁ考えずに「4~5年でヨシ!」と居直って乗られるのをお奨めいたします。さすれば存分に吸い尽くす(笑)コトも出来ようかと思います。あらためて当方にメールを頂けましたら、もう少し「ココでは書けない(笑泣)」おハナシも出来ますので、ぜひ。

おぐ
2020年10月14日 6:54 PM
「自社登録されたということは、よもや代車にもなるとかならないとか。んなわきゃないかな。ないな。」

・・・御試乗でしたら大歓迎っす。代車?「ありえねぇ~!!」

下町の猛牛使い
2020年10月15日 12:11 PM
他の車両もやたらとエンジンルームが綺麗で引き付けられていましたが、すごい技をお持ちで。
ここのところ過去を含めブログ読みまくっています。

・・・ワタシどもは、大したワザなど持ち合わせておりません。自動車屋ならダレでも持ってるようなモノを駆使して、ひたすらドライクリーニングをいたします。決して、洗剤をぶっ掛けてのスチーム洗浄はいたしません(エンジンルームも下回りも)。長時間の中腰や、アチコチ手ぇ突っ込んでの腕ズタズタをガマン出来るコンジョーがあるかないかの差だと・・・今もお灸を据えながらコレを書いております(泣笑)。

Sm
2020年10月12日 8:06 PM
(まず、その前段に問題ありあり(泣)なんですが、ソレはとりあえず置いといて・・・)
「Flight shop charliesって?」

・・・成田空港のヨコに眺望スポット(空の駅さくら館)が新たに出来てましてね、ソコに在るヒコーキグッズ屋さんです。件の客席は中古の売り物、20ン万とか30ン万円します。在庫僅少らしい(笑)デス。

Homepage

テツヲタ
2020年10月10日 5:45 PM
「シティはRでしょうか?
純正のドアバイザー付とは。」

・・・シティPROでないのは判ったんですが・・・良く見てませんでした(笑泣)。

 一方で、近頃では常勤(笑)コメンテーター諸氏に、あまりキチンとリアクション出来てないのを反省しております。もっとも、リアクションし難いのも多くて(“ホメ殺し系”や“意味不明系”は特に苦手。“内輪受け系”もホドホドに。コレもマンネリ化の弊害かなぁ:泣笑)・・・あくまでネタに沿った線でお願いしますヨ(ペコリ)。ここは皆さんの広場です。非常勤さん方がコメントし難い排他的な雰囲気(実はムカシから指摘されているんです。コメント欄は読まない様にしてるって・・・却ってカナシイでしょ、有益なコメントも有るのに。)が出ないようにと、ワタシもアチコチ気を遣うワケでして・・・どうかお願いします!

 それじゃー、また明日。

4 Replies to “コメント欄での御質問に、諸々お答え。”

  1. 「コメント欄での御質問に、諸々お答え。」お疲れ様です。
    カンビオコルサとエンジンルームの回答は、特に興味深く拝見しました。
    カンビオコルサはコツをつかんで楽しむのがよさそうですね。

  2. 酔っていたとはいえお恥ずかしいです。
    しかしフェラーリネタは影響・反響が大きいようで、多くの新規ビューアーを稼げているようですね。ぜひフェラーリきっかけからマセラティ道・マセラティ教に入信する方が増えてもらえると嬉しい限りです。とはいえ、全裸を正装と称してマセラティを羽織るとかいう奇特なユーザーが増えたら困りますね(あ、さすがにもういるはずないか)。とかいう内輪ネタをやるから新規の方がコメントしづらいという問題がありますね。自重しなきゃいけませんね…

  3. たこちゃんQ&A参考になりました。
    最新式のデュアルクラッチのセミATは、残念ながら体感したことはありませんが、ハイスピードでのシフトアップのダイレクト感や、シフトダウン時のブリッピングは、このカンビオコルサの魅力です。
     07のグランスポーツより、05のグランスポーツの方が、排ガス規制が緩かったので、車検対応のマフラー交換で、4000rpmを少し越えたときの、官能的な排気サウンドを堪能できましたね、F355のような爆音でなく。

  4. たこちゃんは律儀です。
    こんな酔っ払いの、他愛もない呟きにも、真面目に答えてくれるだなんて。
    まるで宣教師。
    質問ついでに、後輩がアストンマーチンを欲しいとの世迷い言を呟いております。
    御手頃・オススメのアストンマーチンはありますでしょうか?
    いや、オススメがあったら、既にデボさんに入庫しているでしょうから、やはり世迷い言なのでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。