おぐさんの出張記録(その2)

 あー、今日の本文とはまったくカンケー無いですケドね。今夜8時からは9月度のエア ホルモン月例会を開催いたします。御関係者の方々、挙って御参加頂きますようお願い申し上げます。本日はワタシも定時にシゴトをアガらせて頂くためハヤ目の更新、急ぎ千葉の拙宅に帰り迎撃態勢(ナンの?:笑)を整えつつの準備を行いたいと思っておりやす。

 ソレにいたしましても、本日の“リアル”当店は賑やかでした。「湯河原のN」さん、「Y」さん、「和光市転じて成増のK」さん、午後に初来店の「北区のH」さん御一家の皆様、雨の中を有難うございました。

 ・・・で、本題に。この「おぐ」さんから頂いたネタ、御本人が名付けた本来の表題は「ポロさんとどこまでいくの?」でありましたが、ワタシが勝手に題名を付け替えちゃってるコトに今気づきました、スミマセン。頂戴していたファイル名がそーなってましたのを後から・・・

 (昨日からの続き)

ポロさんとどこまでいくの?二日目。今日もまた中国道を西下して、岡山県を横断していきます。 このあたり、、昨日と同じく低い峠の適度な起伏・くねくねと開けた平地おおらかなコーナーの繰り返し。峠付近のくねくねはR300~500あたりの曲率で、適度な緊張感でもってなかなか楽しい。
これは開けた平地の写真。津山あたりかしら。景色が変化に富んでいるので、走っていて飽きない。スローモーなトラフィックに付き合わされることもないので眠くもならず、すいすいと仕事先を目指します。
北房ジャンクションから岡山道に入って南へ。追い越せない複線区間が結構長く、遅いトレーラーとかにつっかえるとそこは精神修養の時間となりますが、ところどころ複々線化工事が始まっていました。 まあでもまだ結構かかりそうな進み具合ですが。
おお、太平洋まで190キロ。もうすぐそこですね。
岡山道から山陽道をちょこっと西へ。倉敷も久しぶりにゆっくり歩きたいところですが、今日はお仕事のため、こっち。
山陽道から瀬戸中央道に入ります。瀬戸中央道というと瀬戸大橋なわけですが、橋にたどり着くまで結構陸地を行きます。しかも海の近くのはずなのに結構山っぽい。
鷲羽山トンネル。関取と下津井電鉄に思いを馳せつつ抜けますと、、、

今日も又橋をいろいろ渡ります。 写真で見るとスケール感がわかりませんが、とても大きい橋が続きます。前にどこぞで読んだ話ですが、柱の上と下で柱と柱の間隔が違うんだそうで、つまり柱は地球に垂直に立っているので2本はそれぞれ放射状になると。短い橋だと普通平行に立てるわけですが。 台風の余波か、風が結構強かったです。はい。

それで高松道を少し西に行って高知道に入りまして、四国山塊を縦断します。このあたり、初めて走るところなもので、どんなんかドキドキしながらだったのですが、アッと今に走り切ってしまいました。ちいちゃいですね、四国。標高で言うと最高地点で450mくらいだったでしょうか。一気に登って一気に駆け下る、しかも大部分トンネルとい、聊か拍子抜けの初高知道でした。
はい、そしてやってきました南国市。岡山で寄り道したので東京からおよそ1,000キロ。高知ナンバーの取り巻かれた品川ナンバーのアウェー感が半端ないです。そして台風の余波か高知だからか、暑い。
これは三十番善楽寺。仕事前にちょっと寄ってみました。
内緒の仕事が終わりまして、カツオのたたきの冷蔵バージョンを求めて南国市から高知市へ。台風が九州のほうかすめているということで、雨は降らねどもくもくした雲がずうっと空を覆っています。 そして目指すかつおのたたきのほうに、天からの光が。売り切れてないでねー。
そして高知市内。路面電車(たこちゃん注:画像は肖像権的配慮:笑泣)、存在としては好きなんですが、車で走っているときにこの線路付近は怖いです。右折レーンとかのすぐそこを(当たり前ですが)よけることなく追い越していらっしゃる。
で、無事かつおのたたきと地酒を調達して帰り道。 なんだかご利益のありそうな名前のトンネルなので、写真をパチリ。
瀬戸内海まで戻ってきたところで日が暮れました。 これはどこだかのサービスエリア、給油のピットストップのついでに撮ったものです。 分厚く頭上を覆う雲に映えて夕陽が空一面を染めております。まだ帰りつくまでには200キロちょっと。
帰りの瀬戸大橋から。台風が遠ざかるにつれ雲はようやくちりじりになり、切り絵のような島影が近く遠く。
橋もはよ帰りやー、と言ってくれております。
そして晩御飯。

 (ここから、たこちゃん記)↑なんとまぁ、御気軽に四国までイッチャいやんの(泣笑)。この調子でギブリさんも酷使・・・あ、いやいや可愛がって頂いているコトと思うと感慨無量ではあります。あ、やっぱねぇ、こーゆーのはレンタカーが一番です、ポロのレンタカー(笑)。

 さぁ、今夜はカツオのたたきじゃないケド、ホルモン焼くぞぉー!

 それじゃー、また明日。

6 Replies to “おぐさんの出張記録(その2)”

  1. カツオは高知に限る!そうです。現地で食べたタタキが未だに忘れられません。そういえばちょっと前に調べたんですが、冷蔵とか冷凍も高知のものは格別だそうです。
    通販ためしてみようかと。

  2. あー下津井!ホジ9!←ビョーキなので気にしないでください。

    あーカツオ食べたい!戻りカツオ、今年はまだぜーんぜん店頭に並びません。

    酔鯨?

  3. 懐かしいなあ。。。。。
    この瀬戸大橋とか沖縄海洋博のアクアポリスとか、今は亡き父の会社が環境アセスと設計していて、幼い頃に建設中のところに何度か連れて行って貰いました(涙)

    超高所恐怖症の私が泣き叫んで、あらゆる液体が体内から噴き出した事は言うまでもありません(苦笑)

    でも、やっぱり人の役に立つ仕事ってイイですよね!!アホな外資系はダメだね。。。

  4. 本日も、マイクロデポさんはお客さんの訪問が多かったようで何よりです。
    魅力的な御店には人が集まるものなのですね。
    それにしても、たこちゃんに代わっておぐさんのキャノンボール旅行記とは。
    新鮮なカツオは美味いはず。
    ワタクシメも、子供の頃からカツオの土佐造りが御馳走でした。
    酢醤油に浸したあぶりカツオに、生姜と青ネギをたっぷりとまぶして。
    すりおろしたニンニクも付けて。
    じゅるじゅる・・・。

  5. すごいおくさん。
    四国縦断も楽勝ですね。
    たこちゃん弾丸ツアーを彷彿とさせます。

    ではたこちゃん、皆様方、後程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。