マセラティクーペカンビオコルサ、美味しいうちに召し上がれ。

 まだまだ残暑が続いております。皆さん如何お過ごしでしょう。ワタシも今週は少し暑さもユルんでくれるかと期待しておりましたが、結局のところ「カンカン照りのままパラパラと雨が降る」といった体で、屋外での納車準備作業はますますハードなモノとなってしまいました。ソレでも時に傘を差しつつボディを拭き拭き、匍匐の歩みではありましたが、どうにか一週間と事実上の月末をウッチャるコトが叶いました。

 本日は、週末に御検討頂けますよう(笑)、新入荷車の御案内を。

 マセラティ クーペ カンビオコルサ (メディタリアンブルー/アヴォリオ革)初度登録:平成16年10月 ディーラー車 5.4万キロ 禁煙車 レザールーフライニング(純正オプション) 車検2年取得

目にも鮮やかな地中海の碧、艶やかなメディタリアンブルー。
「稲敷のK」さんのアトリエで、ギラッギラに仕上げてもらいました。
ワタシ自身、クーペ&スパイダー設定色の中では最も好きなボディ色です。
クーペの纏うジウジアーロルックが、陽光に照らされて一層冴え渡ります。
いつまで見ていても飽きの来ない佇まいです。
隅々まで手入れが行き届き、もはや新車と見紛うくらい。
内装の方は御覧の通りアヴォリオの革装です。
コチラも眩いばかりの華麗なインテリアです。
天井は、オプションのレザールーフライニングです。
リアシートにも、大人が二人充分座れるスペースを確保しております。
フェラーリ工場製のマセラティV8 4.2リッターNAエンジン。
この時期のモデルからサイドエアバッグも標準装備となっています。
アヴォリオ革装にキャラメル色のトリムがなんとも上品です。
リアのラゲッジスペースには充分な容量が確保されています。
ちょうど5.4万キロになったばかりの総走行距離。
画像では雲が映り込んでおりますが、ヘッドライトも仕上げてあります。
このマシンをガレージに入れられる悦びは、相当なモノだと思います。

 ↑御興味のある方は、「ワラシに電話してくらはい、どぞヨロシク!(もちろんメールも可デス)」必ず事前に御連絡をくださいね。

 それじゃー、また明日。

6 Replies to “マセラティクーペカンビオコルサ、美味しいうちに召し上がれ。”

  1. 素晴らしいコンディション。
    メディタリアンブルーにアヴォリオ革の組合せが爽やかです。
    この季節に似合います。

    追伸
    本日、クルマの点検でデポに行った後、一人ホルモンを決行。
    久々のクダを堪能しました。
    ママさんとの談笑も楽しく、梅酒ロックをおごってもらいました。
    お店は頑張って開いていますので、デポお立ち寄りの際は是非。

    1. 「Wさま」さん、本日は遠方より有難うございました(差し入れのカルピス原液もウレシー♪)!ママさんの梅酒(ウマいのよコレがまた)サービス付きで久しぶりのリアルなホルモンを楽しまれたようで何よりです。

  2. 美味しいうちに召し上がるのはどなたでしょうかね。
    本当に奇麗なボディしてます。内装も素晴らしいです。
    ここまで奇麗で明るい革ですと、もはや神聖不可侵のように思えてきます。

  3. このクーペカンビオコルサは本当に素晴らしい。
    こんなに素敵な内装そして外装。
    超絶お洒落です。
    これこそまさに、貴族の正装。

  4. 残暑に
    煌めくクーペ
    いかがかな

    夏も過ぎて、ドライブシーズン前に手に入れたいですね。ちょうど良いサイズですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。