マセラティギブリⅡ後期型の下回りを見る(スペシャル版)

 スッカリ、ツユっぽくなってますね。しかしながら近頃のツユは、なんだか分かり難くてイケません。今朝も、片方の窓を開ければ青空が広がっているんですが、もう一方の窓からオモテを見れば、いつ雨が降ってきてもオカシクないよなドンヨリ雲に一面が覆われておりまして、「ドッチ(晴れor雨)かハッキリしろい!」ってな気分でしたヨ。

 てなワケで、いちおう雨が降ってないスキをついての段取り替えを。

今日はマセラティギブリⅡ後期型(「大阪のA」さん号)をリフトアップ。
下回りの整備と清掃が大体済んだので、写真撮影イキましょう・・・
特にエンジン下回りの美しさが目を惹く個体です。
オイルクーラーガードや、エンジンオイルパンガードバーも、珍しく無事。
エンジンオイル注入管(クロームメッキ)も、よぉ~く磨きあげました。
それでは、スペシャル版仕立ての底面ヒト続き画像をば、どーぞ。
あ、入れ忘れ。インタークーラーはダクトの後ろ(画像では下側)に。

 ↑今日は思ったより、ちゃんと繋げられたナ(笑)。先日から色々と(色々その1その2その3)ありましたが、コレでようやく、このギブリⅡの納車準備作業もヒト息といったところでしょうか(ホっ)。

 それじゃー、また明日。

8 Replies to “マセラティギブリⅡ後期型の下回りを見る(スペシャル版)”

  1. スペシャル版仕立ての底面ヒト続き画像、見ごたえあります。
    確かに下回り、キレイです。
    交換済みのタイヤの溝もバッチリです。

  2. なんというか、ちょっと耳なし芳一的な感じに見えました、見上げの解説入りの写真が、一瞬。
    「エンジン下回りの美しさが目を引く。」…み、みみ耳に痛いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。