【相談①】結局到来したウィズコロナ時代、ホルモン月例会とダメ男の集いをどうするか、ダメ男の衆と一緒に考えましょう・・・

 いまだ東京では、日々20人以上の感染者数が発表になっている昨今ですが、なぜか“東京アラート”は解除になっちゃいましたね。徐々に営業自粛要請も緩和の方向になってまいりましたが、その一方では、夜の歓楽街では無い「昼カラ(オケ)」でのクラスター発生もあって、ジジババさん方の楽しみも、このままでは命懸けとなってしまいそうです。

 ワタシが、ここ数ヶ月の間に有象無象の情報を収集した結果、無いアタマでつらつら考えますとね、仮に一命をとりとめても、なお重い後遺障害が様々な形態で残る可能性があるところに新型コロナウイルス特有のイヤらしさ(ス〇ベって意味ぢゃないヨ:笑)が存すると思っています。この数か月静観しておりましたが、いまだ有力なワクチンや特効薬も完成してはいない様子です。やはり通常の風邪ウイルスとは様々な点で異なるという危険性は、認識しておいた方がよろしいかと存じます。

 同じウイルス性の疾患でも、HIVのように、仮に感染してもある程度“発症”を抑える薬剤が開発されれば、少しは安心感が出てまいりますが、感染力や感染経路、感染の在り方が、HIVと新型コロナウイルスではかなり異なるように思いますので、やはり、(ある“一定線”をヤブらなければと仮定しても)普く市井を生きる人々にとって完全に安心と云える状態を作り出すのは、当面のあいだ難しかろうと考えています。

 で、以上がワタシの新型コロナウイルスに対する本日現在の認識ですけれど、まずはココからが本題でして、「ぶっちゃけ、親愛なるダメ男の皆さんは、どれくらい新型コロナウイルスが御自身にとって危険だと考えておられますか」といった皮膚感覚を御教示頂きたいのです。

一日も早く、こうして皆さんと楽しく乾杯出来る日を待ちわびています。
ワタシ自身も、ここ三か月はホルモン御無沙汰なのですヨ(クダ喰いてぇ~:泣)。

 ↑本当なら、本日は6月の第二土曜日なので、今晩は6月度のホルモン月例会を賑々しく行うハズでした。ワタシは6月に入ってから、ホルモン屋さんの様子を毎夕デポからの帰り掛けにオモテから伺っておりました。時短営業の自粛期間に見られた平日の客の入りが、そもそもコロナ前よりも増えていた(ママさんの計らいで、三密を避けられるようにウラオモテの戸口を常時開放しているのが評価されていたのだと思う)ところはヨカッタのですが、見知らぬ客が17時(近頃はジャストに開店します:笑)からカウンターに並んで座っている光景が、却ってワタシには奇異に映ります。「皆さんをお誘いするには時期尚早かナ」と。

 それでも、「いやいや、全然大丈夫だヨ!」と仰られる向きがあっても、ウィズコロナを容認する観点からはソッチの方が寧ろ正解なのかも知れません。でもワタシは、いわゆる一都三県の感染者数がゼロ更新するのを待ちたかったのです。「例え数日でも感染者ゼロが続けば」と。

 そんなワタシですが、先週ホルモン屋のママさんを訪ね、「とりあえず、27日(土)の夜はキープしておいてね」とお願いしてあります。本日現在では、県を跨いでの移動が全面解除に至っておりませんが、19日(金)からは、いよいよ全国的なヒトの移動が可能となり、本格的なウィズコロナの時代が到来いたします。ソコから、さらに一週間の様子見期間を置いて開催してみたらどうだろうかと思ったワケです。

 その後翻って、東京の感染者数が増加傾向を示し、ついには“東京アラート”も発せられました。本日現在は解除中となりましたが、ワタシの目には、なんだか日和見的な対応に見えています。やはり今月中の開催には不安を払拭出来ません。ソコで6月の開催は潔く諦め、7月の第二土曜日たる7月11日(土)月例会復活としたいと考えております。

 7月11日(土)にホルモン月例復活開催だとしたら、ダメ男の衆方の御都合は如何でしょう。率直なお気持ちを吐露してください(願)。

 頂戴した皆さんのお気持ちを携えて、改めて次週にホルモン屋のママさんを訪ねてみようと思っております。よろしくお願い申し上げます。

 それじゃー、また明日(に続く)。

7 Replies to “【相談①】結局到来したウィズコロナ時代、ホルモン月例会とダメ男の集いをどうするか、ダメ男の衆と一緒に考えましょう・・・”

  1. 行きたい気持ちはやまやまですが、現時点では正直様子見です。
    当方、現在週一会社出勤で基本在宅勤務ですが、仮に発症したとなると会社は大騒ぎ、間違いなく犯人扱いされます。
    なので、もう暫く状況様子見となります。

  2. 7月ぐらいになれば、かなり戻っていることと思います。そう願いたいです。参加したいです。ただし、直前1週間または数日前ぐらいの趨勢次第とさせていただきたいと思います。
    個人的には全く問題ないのですが、やはり所属している組織等への風評・影響を考えると慎重にならざるを得ません。今の日本では、感染したら被害者ではなく、感染予防に努めなかった国賊扱いは必至ですから。

  3. 自分自身は、そんなにコロナを恐れてはいないのですが、とにかく周囲に迷惑かけぬよう、自粛しております。
    自粛を解禁する前に、高齢の両親が住む実家に帰って、老朽化した家のメンテをしたいかと考えております。
    まあ、ホルモンの会の参加の可否は、今のところ微妙です。

  4. 免疫を
    ホルモン焼きで
    アゲアゲ〜

    どうなんでしょうかね、やはり夜の接待系はまた再燃してきていますね。まだまだなのかなぁ!? 自己責任で参加!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。