ベントレーターボRLのリアトレイを徹底解剖修理(ホントに出来るのかなぁ:その4)

 昨日は、わざわざ「藤沢のO」さんがお越しくださいまして、斯くの如き行状(笑)を逐一御覧になって頂くコトが出来ました。「もうソコソコでいいですから(笑)」と仰ってはくださいましたので、幾らかプレッシャーからは解放されましたが、なにせ御相手はベントレー様ですから、その雰囲気を損なわぬ様に仕立て直したいモノではありますヨ。

金曜日から一夜明けた土曜日の朝。変形が無くてホッとする(笑)。
一番難儀そうな工程に着手しましょうね。まずは銅板を入れ・・・
とりあえず補強ステーに挟んでみたら、誂えたようにピッタリと。
早速、縮んでしまった樹脂部にFRPを継ぎ足すように補修します。
さらに変形の著しい画像左側のボードは、右側の形状に合わせる様・・・
バイスを両端に挟んで重しとしつつ、FRPの硬化を待ちます。
表面が凸凹なので、凹みをヒト包みにするように積層させます。
外郭の形状は、ようやく左右で揃ってきました。今度は盛らなきゃ。
デポの二階には、待望久しいエアコンの室内機が・・・
サスガに室外機は持ってアガれず。まぁ、かっぱらってくヒトは居ないでしょう(笑)。

 ↑ホントはOさん、長らくエアコンレス状態のマイクロ・デポを不憫に思ったか(泣笑)、現場から取り外してきたほぼ使用されてないモノを選りすぐり、お休みだというのに、わざわざ藤沢から2tダンプカーに積んで持ってきてくださったのです。ホントに心のこもった贈り物と受けとめて感謝、感激!あとは取り付け工事をしてくれる電気屋さんを探さないとね。

 それじゃー、また明日。

新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言は5月25日に解除となりましたが、いまだ感染防止の観点から、各県を跨いでの移動に関しては継続して自粛要請が出ております。その日本国政府方針の主旨に鑑みまして、当面は近隣にお住いの方からの修理要望にのみお応えするというスタンスを6月18日迄は続けてまいります。皆様方には引き続き御不便ををお掛けいたしますが、何卒御理解の程お願い申し上げます。

当店の当面のスタンスについて、詳しくはコチラを。

6 Replies to “ベントレーターボRLのリアトレイを徹底解剖修理(ホントに出来るのかなぁ:その4)”

  1. エアコンの室外機、スクラップ業者にもっていくと買い取ってくれるので、手癖の悪い輩にやられないように気を付けてください。
    せめて養生シートで覆って何だかわからないようにしておいたほうがいいと思います。

  2. オッ、いよいよエアコン投入と思いきや、藤沢のOさまからの贈り物ですか。
    素晴らしく、ありがたい贈り物です。しかも2台。
    これでパワーもらいましたね。

  3. 今夏はね
    エアコンあるよ
    マイクロだー

    良かったですね、藤沢のOさんからの優しい心遣い!!

  4. ベントレーのリアトレー再生手術、難儀ですなあ、お疲れ様です。

    それにしても、マイクロさんにエアコンを持参されるとは・・・Oさま凄い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。