ベントレーターボRLのリアトレイを徹底解剖修理(ホントに出来るのかなぁ:その2)

 昨日の午前中にね、オモテで件の作業をやっていたら、突如として頭上からジェット機の発する特有の轟音が聞こえてまいりました。通常聴く旅客機の音とは明らかに違うので、あわてて「ドコだ?ドコだ?!」と見上げてみましたら、紳士服のA〇KIの上から6機ホドのT4練習機(少し離れた位置には違う機種も一機居たような・・・)の機影が見えました。こんな時期に編隊飛行の練習をやってるのかなぁくらいに思っておりましたが、一糸乱れぬ三角フォーメーションを維持して飛んでいたコトから、チラっと「まさかブルーインパルスのワケ無いよな・・・(機体色までは見極められなかったのデス)」とも考えていたら、夕方アパートに帰ってニュースを見てたら、やっぱブルーインパルスだったのね(笑)。新型コロナウイルスと最前線で闘い続ける医療従事者方への感謝を表すための飛行だったそうで、銀座あたりでは煙幕出してるのが見えてたらしいです。練馬の上空では煙幕無し(泣)、単なる通り道だったのでしょう。でも、イイもん見せてもらいました。

 さぁ、派手なブルーインパルスとは対照的な、極地味ネタの続きを。

昨日から一夜明けて。乾いたパテをドライサンディングしています。
あ、そうそう。コイツに載せるヤツとも形状合わせをしておかなくちゃ・・・
コレが載っかるヤツ。なんだか哀愁を漂わせている、男の背中(笑)。
まずは、各部にリベット留めされているステー金具類をハズしてみましょう。
ハズす前に。本来、どういった角度で取り付けられていたのかなぁ・・・
コッチも同じような変形具合だものなぁ。
ややこしく変形してるケド、ウマくやれるかなぁ・・・
リベットのアタマを片っ端からドリルで揉み取ります。
金具類をハズすと・・・ああ、既にクラックが入ってる部位もありますね。
にしても、ファンキーなド変形(笑)具合を呈しておりますね。
なんか、ポ〇モンとかに出てくるキャラクターにこんなの居なかったっけ?
まずは、少々炙りつつ、照射時間による樹脂の変化を見ています。
まぁしかし、こんなモンがキチンと入るようになるのかねぇ・・・
アセって、炙る手順がマズかったのか、クラックを発生させてしまいました。
ここは、肩慣らしって思ってたら、少々炙ってクラック発生(泣)。
さぁ、ここからは広範囲に炙らなきゃならない作業。キンチョーします。
天面の歪みをもう少し出そうと奮闘中(泣笑)の風景。
どうにか、両サイドの面出しまでは漕ぎ付けました。
今度は先端部。先が尖がってるヤツにバーナー掛けるのコワいなぁ・・・
続いてコチラにも火を入れなきゃな・・・ウマくいくかなぁ・・・
何とか無事に調整出来た。パッと見た目は、雰囲気出てますケドねぇ・・・
ムリムリ嵌めこんだら、天面のクラックが開いてきちゃった(泣)。
ああ、やっぱり側面にテーパー角付けなきゃダメだぁ・・・
で、テーパー取り直した。天面のヒケが気になるものの三度は調整したのヨ。
う~ん、コレ以上焼けないモンなぁ。コレで良しとしておきましょう。
ああ、なんとかカタチにゃなったみたいです。
今度は、まともにハマるようになったみたい・・・
そのストップランプベゼルをはめ込んで検証・・・違和感は無いようです。
ココは炙ったら一発で割れちゃったところ(泣)。レジンを流し込みます。
後部のクラックも埋めておきましょうね。
すべてのステー金具をリベット留めし直して、元通りに組み立てました。
なんだかコイツ、形状を整えたら可愛くなったな・・・
ポリパテを盛り付けたら、またまた新しいキャラクターが、爆誕!(笑)。

 ↑・・・というワケで、一週間が地味にオワっちゃいました(泣)。でも本日の朝一番には、緊急事態宣言解除後、初の御来店客様(「船橋のT」さん、御来店有難うございました!)をお迎えするコトが叶いました。これから、徐々に世の中が旧に復すればとは思うのですが、いわゆる「コロナ後の世界」というのを生きなきゃならんのかと思います時、少々寂しい気持ちにもなりますね。せめて、旧いクルマで「過去を嗜みつつ未来に向かう」生活をお手伝い出来ればと心掛けております。

 それじゃー、また明日。

新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言は5月25日に解除となりましたが、いまだ感染防止の観点から、各県を跨いでの移動に関しては継続して自粛要請が出ております。その日本国政府方針の主旨に鑑みまして、当面は近隣にお住いの方からの修理要望にのみお応えするというスタンスを6月18日迄は続けてまいります。皆様方には引き続き御不便ををお掛けいたしますが、何卒御理解の程お願い申し上げます。

当店の当面のスタンスについて、詳しくはコチラを。

6 Replies to “ベントレーターボRLのリアトレイを徹底解剖修理(ホントに出来るのかなぁ:その2)”

  1. >なんか、ポ〇モンとかに出てくるキャラクターにこんなの居なかったっけ?

    妖怪ウォッチの「ジバニャン」ではないでしょうか?
    色合いや耳の形的には「コマじろう」の方が近いかもしれません。
    それにしても、こんな作業、練習してできるようになるわけじゃないでしょうから、随分な神業ですね。

  2. 地味ネタ、嫌いじゃないですヨ。
    ストップランプカバーの炙り加減、難しいですね。
    クラック修繕にパテ盛で一歩前進です。

  3. ああ、前回から更にグレードアップした訳解らんお店になっております。
    ガスバーナー職人、リスペクト。

    最近、何かと暗い話題ばかりで。
    取り繕ったような陽気な話題にもうんざりで。
    ですから、こんなデポさんの日常の風景に癒されておる次第。

  4. 「大英帝国の高級車」と掛けまして
    「トイレで大をした後、お辞儀します」と解きます
    その心は
    「ベントレー(便と礼)」

    1. 笑点で木久扇師匠が披露しそうなネタ。で、「山田クン、座布団全部持ってけ!(笑)」となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。