談笑、そして徘徊の夜

 今日は、どうにか雨もアガって、「静岡のK」さんにマセラティギブリ前期型を無事にお納め出来ました(喜)。どうぞ、これからも安全運転でお楽しみ頂きたく願っております。こうして旧いマセラティの車輛本体をお楽しみ頂くには、純正パーツ類や、皆さんの御希望される車種を、ワールドワイドにリサーチし続けなけりゃなりません。これからも微力ながら、考え得るあらゆる手段を講じてなんとかする所存です。

 サンレンキュー初日の本日は、「にー・にー・にー(222)の日」で大安。思わずデ・トマソ期ビトゥルボマセラティの記念日に制定したいよな土曜日ですが、今日は昨日の行状をお届けいたしましょう。

とある用事で渋谷方面へと出掛けていたワタシ、どうしても公共交通機関に乗りたくないので、クルマで行きましたが、やっぱ混みますんで都会にゃ行きたくないよなぁ・・・
始めのうちは時間が余るかと思ってたら、約束の時間が刻々迫る・・・
ナビさんは明治通りをひたすら行けと・・・新宿通るの?
御大には「遅れます」とお詫びの電話。そしたら「丁度よかった、そっち方面の店を予約してあるんで」との由、明治通りからビックリガードを潜ればメトロポリタンの先で待っていてくださいました。そのままクルマはヨメに託して、ワタシと御大はコチラに。
席について、御大はホッピーセット(超高濃度8割ナカ:笑)を。
「ホットウーロンハイ、出来ます?」と尋ねたら、「どうやって作るんですか?」と店主のオバーチャンから逆に尋ねられて苦笑。「電子レンジあるでしょ、ソレでウーロン茶をあっためて、焼酎入れて割ればいいのヨ」なんてレクチャーしてたら、隣の常連さんから「ホットウーロンハイなんて聞いたコトもねぇワ」と軽く罵声(笑)が。それでも、どうにか作ってもらい、無事に乾杯!デス。
その御大とは、御存知E湖さんでしたぁ!ちなみに、うしろで歯をシーシーしてるのが、罵声のおっさんね(大ジョッキでチューハイ飲んでた:笑)。
E湖さんが仰るには、この界隈では焼き鳥の名店として誉れ高いお店なんだそうです。有名高校野球チームのユニホームが店内にディスプレイされています。
狭い店内には立錐の余地なくお客さんがヒシメキあっています。
レバーもカワもボンジリも絶品のお味でした。
ま、こんなウマい肴を摘みつつ、御大との談笑は続きます。
27年前、日本にマセラティクラブを作るため、メーカーのマセラティ社(デ・トマソ傘下時代)を訪ねた時の御写真だそうです。超若いE湖さんと、当日相手をしてくれた(先方担当者が伝えてきていた日付は間違えていて、いざ行ってみたら日曜日で、当然の如くに閉まっていたそうです。休日出勤なさってたこの方に談判して中へと入れてもらったのでしょう)というマセラティ社製造部門の方。
そのお二人が同じ本社工場内の50メートルと離れぬほぼ同じ位置で、27年後に記念撮影したのがこの写真。同年齢の彼は製造部門のマネージャーになってたらしいです。
当夜の本題であったシゴト上の打ち合わせも無事に済み、再びの祝杯です。
楽しい歓談は3時間半に及びましたが、別れを惜しみつつ・・・
なんだか気温も暖かく心地よいんで、電車に乗らずに歩いて帰ろう・・・
当店の非ドクター系顧客の出身校ランキング第一位?な学校。
そんなセントポールな方々にとっては懐かしい風景では?
環状六号線(山手通り)を渡って直進セヨとグーグル先生は云う。
ハァハァと数キロ住宅街の夜道を歩けば、見慣れた西武線が・・・
その先を右折って・・・コレのことかい(笑)!
とにかく、線路沿いに歩くのが直線的ってコトなのでしょう。
クラシック塗色の車輛がイイ味を出してました。
そうこうしているうちに、当店アート系顧客の母校も・・・
西武池袋線江古田駅。他にも有名大学が幾つか在る学生街なんです。
商店街を抜ければ環状七号線を潜ります。半分は来たかなぁ・・・
あー、もう延々と、フツーの住宅街を歩き続けました。
コドモの頃に親しんだ、バーチャンの住んでたあたり。
あ、この児童公園も、まだ在ったのかと。ちょっと感動。
さらに2キロほど歩いて行けば・・・
一旦、高台から下界に降りるルートとなります。
で、夜桜ネタで御馴染の石神井川界隈に。桜ももうじきで楽しみです。
そしてまた高台に臨みます。右奥に見えるのが練馬区役所かな。
御無体なグーグル先生(徒歩バージョン)は、ケモノミチが大好きです。
ようやく、ものスゴくよく知ってるエリアまで戻ってきました。
まだ、こっから3キロ弱あるんだって・・・メロンパン喰お。

 ↑というワケで、業務上の打ち合わせのために、ココでどーしてもお忙しいE湖御大との会談をしなけりゃならぬ状況だったんで、昨日“池袋の夜”に臨みました。やはり気になるのは「新コロ」ウイルス問題。地下鉄とタクシーは、可能な限り避けたいと思いまして、こんなコトになっちゃいました。でも、なんだか健康的。イイ運動にはなりましたヨ!

 それじゃー、また明日。

11 Replies to “談笑、そして徘徊の夜”

  1. 逆に健康に悪そう、、、と思うのは自分だけでやんすかねえ。飲んで歩くのって。まあ余計なお世話ではありんすが。

    そういえばふと昨日考えたのですが、今度の浜寿司の会、静岡でやりません?
    静岡おでんで。

  2. ああ、222の日でしたか。
    風が強くてビトルボのカバーが吹き飛んで枯れ葉だらけになったんで、正月のダメ男の集い以来、始めてビトルボを始動させて近所のオートバックスへカバーを買いに行きました。

    それにしても、カオスな焼き鳥屋さんですなあ。
    えっこ御大のセッティング無くしては、入る勇気が湧きませぬ。

    静岡おでん、良いですなあ。
    静岡は地元なのですが、地元に疎いので、その企画の幹事をやるには荷が重く。
    静岡おでん企画の打ち合わせを、川崎区境町の浜寿司さんでやりませう。
    世界の中心で出合いたい絶景!
    では、また。

  3. 浜寿司の会改め静岡おでんの会を実行するとすると、たこちゃんさんを土曜の夕方に拉致して、みんなで走って行って、静岡でおでんで飲んで泊まる、ということになりますが、参加をご希望される方ってどのくらいいらっさるのでせうね。

  4. Smさん、お店はあれです、昔たこちゃんさんが行って、この前自分がTERRAさんと行ったとこがいいかなあと。
    小さいお店なので予約とかできないかな。
    TERRAさん、お店の名前なんでしたっけ。

  5. たこちゃん
    焼き鳥食べて
    御大と
    帰りはGoogle
    徘徊おじさん

    Eさん帰国していたんですね、来週だと思っていました。

  6. 静岡のKさま、納車おめでとうございます。
    素敵なギブリ、堪能してください。

    E湖さん、いい店知ってますね。
    それにしても、帰り道、よく歩きました。
    新コロ対策、徹底に越したことはないです。

  7. 皆さん、コメントを有難うございます。
    しぞーかおでんのお店は、「愛ちゃん」です。おぐさんとTERRAさんが、一流プラモメーカーのハセガワ社長さんと名刺交換したという伝説のお店・・・「愛ちゃん」だったら抹茶ハイですね。たこヨメも行きたいそうです。予約って出来るのかなぁ・・・

  8. 御大との会談さぞや盛り上がった事でしょう!またここから著作が生まれる?!

    我が母校、ご紹介頂きありがとうございます!それにしてもすごい距離を歩きましたね(驚)。
    お疲れ様でした😅

    しぞーかおでん、参加したいです!

  9. 長距離お疲れ様です。
    学生のころ、藤枝のYさんは池袋発終電に乗り損ね、東久留米まで歩いたそうです。
    保谷で始発に乗れたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。