図鑑~こんなん出ましたケド・・・

 昨日のコメント欄でね、「テツヲタ」さんが教えてくれた“小学館の図鑑NEO”公式サイト内の特設ジェネレーターページに早速行ってみましたら、あまりにも面白そうだったんで、ついついワル乗りして出来心(笑)で・・・

-------(昨日のコメント欄より)

テツヲタ

日本語英語併用にして図鑑になれば7000部位は・・・

これで↓

https://neogenerator2020.com/

-------

 最初、“7000部位”の部分を、ホロ酔いのワタシは、「えぇ~?!7000箇所もネタ写真撮らなきゃイケないの?」と勘違い(“ぶい”と読んじゃったんです:泣笑)してたんですが、コメント欄での皆さんからの御発言の文脈をキチンと把握すれば、「7000部“くらい”は(売れるかも)・・・」であるコトはアキラカでしたね。で、とりあえずチャレンジしてみましたヨ。

特設ジェネレーターサイトには、スクリーンショットのロックを掛けているみたいなので、画面を直接撮影しました。まずは、こんな感じで表題を求められます。一行5文字×2行の10文字で表現しなくちゃならないので、皆さんには物足りないかも知れませんが・・・こんな地味なタイトルじゃ売れんわなぁ(いよいよ70人:泣笑)。
で、ワタシの作ったブログ用画像の背景を白抜きにして、少々見栄えを整え・・・
完成した、“書店でヒラ積み”で販売されている想定イメージ写真。
小学校の図書館などの本棚に並べられたら、こんな感じに。
ホントにこんなのあったら、面白いでしょうね。

 ↑実際に商品化(笑)仕様にしてみると、なんだかホントに存在しているかのようですね。よく出来てるなぁ、このジェネレーター。なんと申しましても、売り先が全国に70名ホドらしいので、やっぱ初版は100部刷りくらいか。印税でホッピー一杯呑めるかナ(笑泣)。

 「テツヲタ」さん、ネタの御提供有難うございました!

 それじゃー、また明日。

6 Replies to “図鑑~こんなん出ましたケド・・・”

  1. 素晴らしいですね。本当に本屋に売ってそうな画像。
    でも、こんなの読んでいる子供をみたら二度見するでしょうね。

    それにしても、
    >一行5文字×2行の10文字で表現
    は難しいですね
    『全裸で纏う
     マセラティ』
    ぐらいしか思いつきませんでした。

  2. ふりがなの「くるまのしたまわりおうしゅうきゅうしゃへん」が、「くるまのしたまわりおうきゅうしゅうりへん」と読めてしまいました。
    つるかめつるかめ。

  3. ついに出た
    下回り図鑑
    たこ監修

    おめでとうございます!ですね。念願の車下回り図鑑発刊!これであなたも横転した車をみて、すぐ車種が特定できますョ、欧州旧車だけですが!

  4. ものづくりの大切さ。
    それを教えてくれる教材になります。
    本来、ものづくりが、そして職人への敬意が日本を支えてきたはずなのですが。
    アウトソーシングばかりで、良いのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。