入間航空祭2019(その3:次第に混んできた・・・)

 今日は、朝が寒かったデスね。千葉拙宅を出る早朝には、ロド丸の外気温計が7℃を表示しててビックリしました。コリャ寒いワケだよと思いつつ練馬に着いたらやっぱり寒い。急遽ヒート〇ック的な上下下着を着用し、重ね着しての出動とはなりました。午前中に「りゅたろう」先生から御電話が・・・「もしもしぃ?今ね福岡国際空港に居まぁ~す。これからね、台湾に行くの。従業員の慰安旅行で。皆からタカられに行くようなモンだけどね。」「(こちとらシゴトぢゃ・・・)いーなー(棒)!」

 ・・・てなてな不毛な会話をしつつ、一昨日の入間に想いを馳せれば、アノ轟音が耳の奥に甦り、陶然とするというモノです。

入間基地エプロン内。そろそろ本格的にイベント開始の時刻となりました。
まだエプロン内を自由に歩けるウチに、C-2輸送機の全景を撮影。
はぁ~。ずいぶん長い間ガマンしてたので、ちょっと失礼。
ガス室ならぬ、ガス広場(笑)。無数の灰皿缶が置いてあります。
一服点けてたら、轟音が!いきなり飛行展示が始まったみたいです。
おおっ!飛んでる飛んでる。コリャ急いで陣地に帰らなきゃ・・・
陣地にスベり込んだら、目の前を自衛隊の誇るキレイどころが・・・
ココから右手を見ると、ブルーインパルス隊機が。五、六番機とスペア機。
空いているウチに近くまで見にイッておこう。一番機と二番機。
二番機のクローズアップ。
三番機と四番機、五番機の垂直尾翼のみ。
コレ何番だっけ(泣笑)?正面からのT-4カッチョいいな。
そして、機番無しのスペア機。
実際には、近いと云っても、こんなに離れております。
ファントム(RF-4EファントムⅡ “57-6907” 1961-2020 記念塗装機)にもようやく近寄るコトが出来ました。
・・・でも、ファイター系には、いつも黒山のヒトだかり。
やっとの思いでF-2戦闘機の前に。やっぱ足元にはヒトがワラワラと(全部カット:笑)。
イーグルになんか、近寄るコトすらも出来ませんでした。
急いで自分の陣地に戻れば、色々と演目が始まりました。
消火剤を撒いているようなデモンストレーションです。
今度は、T-4の2機編隊が曲技飛行展示です。
バックが厚い雲に覆われているので、グレーの機体が保護色に(泣)。
エプロン最前列に居りますから、地上作業員の働きも間近に見られます。
演舞の済んだT-4も、着陸してから目の前を通って行きます。
昼メシには、10個のいなりずしを用意して臨みました。
・・・と、お稲荷さんを頬張っていると「ナヌっ?」
おお、重量級の編隊が轟音をたててやってまいりました。
こんなんでも宙返りしちゃうんですから・・・
・・・で、降りてきまして。
C-1輸送機の巨体も至近距離で堪能出来ました。
さぁ、午前中の演目も大体済んで昼休み。見渡す限りヒトの大波!
搔き分け掻き分け、ココまで来たヨ。遠目に見るファイター3機。
さらに向こうには管制塔。ソコまではとても到達出来なさそう。
YS-11FCのたもとまでは、ようよう辿り着きました。
エプロン内からオモテに出てみれば、前後左右、もはや立錐の余地無し。
「修理隊エンジン小隊」で、「ケロロ小隊」を思い出すワタシ(笑)。
隊員の方々の願いは通じたか、雨は落ちてきませんでした。
10数万人の胃袋を支える屋台村では、ドコのお店にも長蛇の列。
エプロン外でも、隊別の人気投票等、様々なイベントを開催してました。
とりあえず、用は足しておこうとイッてみたら御覧の有様で40分待ち。
ようやく、エプロン内まで戻りましたが、我が陣地は遥か彼方・・・

 ↑ま、最初の画像と最後の画像を比べてみて頂けますと一目瞭然ではありますが、昼休みの始まる11時半くらいから、一気に基地内の人口密度が爆発的に膨れ上がります。ソレでも、例年より遥かに少ない人出だったんですケドね。ワタシなんか、万が一、億が一(笑)のためにと、介護用お◎つまで着装して行ってたんですから(ワタシの名誉のために云えば、モラしてませんからね・・・少しはチビったかも知れないケド:笑)。6年前の参加時には、食糧調達と用足しのために移動するのが、どんなに困難かを思い知らされてましたからね。今回は、食糧や水分も大量に持参したので、それなり以上に快適に過ごせました。副次的効果ですが、お◎つはコンクリートの路面に直坐りする時に緩衝材・断熱材の役割も果たしてくれましたので、コレが長時間の観覧に耐えられるカギだったかも知れません。さ、いよいよメインイベントです!

 それじゃー、また明日。

5 Replies to “入間航空祭2019(その3:次第に混んできた・・・)”

  1. おむつして
    戦闘機見る
    赤子だね

    しかしこれだけ集まると大変ですね。。。食料と飲料水と陣地を確保!!しかしトイレは確保できないので、オムツとは考えましたね。
    いやはや航空ショウを見るには、それはそれは大変な準備が必要なんですね。これだけ人が多いとそれだけで疲れちゃいそうです。。。映像なんかもある?かな

  2. 裏切り者の、りゅたろう。
    極寒の本土練馬で顧客の為に奮闘する、たこちゃんを尻目に、社員の慰安にこじつけ本土脱出、南方へ逃亡とは。
    ああ、羨ましス。
    いや、羨ましくなどありません。
    シルバートライデント仮面、狭い借り上げ社宅に引きこもり、分島花音さんの新作「悪魔の囁き」を、大音量でエンドレスに聞き込むインナートリップの快楽を楽しんでおる次第・・・そんなボク大丈夫か?
    ああ、航空際ネタが盛り上がってきましたね。
    航空機好きのワタクシメにも凄く楽しそうです。
    引っ込み思案してないで、行った方が良かったかな?

  3. たこちゃんを崇拝する故に、尊敬する、りゅたろう先生、どうか御無礼を御許しくださいませ。
    この「裏切り者のりゅたろう」シリーズを、連載させていただきたく。
    御二方を尊敬申し上げる故に。

  4. やはり戦闘機は大人気ですね。
    手の伸び方が半端ない。

    それにしてもオムツ装備までとは…
    トイレ40分待ちなんて尋常じゃない混雑ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。