フィアットニューパンダのタイミングベルト交換などを・・・

 本日は、それほど気温の上昇は感じなかったのですが、朝からミョーに湿気をハラんだ雰囲気ではあるな、と、察しておりましたんで、雨がいつ降るかと心配しながら場内での作業を精力的に行っておりましたが、果たして夕方にはスゴいコトになりました・・・

マセラティクーペカンビオコルサ(「江東区のM」さん号)をオモテに出して、本日は、フィアットニューパンダ4×4クライミングプラス(「ひこうき班長」さん号)の場内作業に没頭します。
先日コンジョー洗いを施したアルミホイール(コレは前左)ですが・・・
一本一本、裏側の塗装が剥げた部分にエアブラシ処理(コレは前右)。
裏側を平滑にしておけば、洗浄作業もラクになります(コレは後左)。
アルミの腐食昂進を抑える効果も期待しています(コレは後右)。
一方、場内ではエンジンのタイミングベルトを交換しております。
各ベルトの交換作業はフェンダー内カバーを開けて行います・・・アレ?
ウォーターポンプから水漏れしていたのを見つけました。
取りハズしたウォーターポンプ。コレは新品交換とします。
フェンダー奥のカバーをハズせばタイミングベルトが覗けます。
ドライブベルトテンショナー。コレも新品交換します。
オルタネーターも予防交換を御希望なので、新品交換とします。
オルタネーターとクランクプーリーを取り付け、ドライブベルトを張った状態。
この状態で、軽くクランキング。無事にエンジンは再始動しました。
日没過ぎまでネバっていたら、不意にゲリラ豪雨が・・・ソッコー撤収です。

 ↑東京練馬でも、夕刻になって、短時間ではありましたがヒドいゲリラ豪雨に見舞われました。不意にバラバラっと来たので、オモテに出していたマセラティクーペをソッコーで場内に仕舞い込みましたヨ。皆さんのお住まい周辺では如何でしたか。先ほどアパートに帰って来てニュースを見たら、横浜方面ではヒドく冠水した地域もあるようで・・・皆さんくれぐれもお気をつけくださいね。明日は朝からクーペにガラスコーティング作業をして貰う予定なんだケド、この先の天気はどーなるのかなぁ・・・。

 それじゃー、また明日!

9 Replies to “フィアットニューパンダのタイミングベルト交換などを・・・”

  1. 本日帰宅時、横浜市内は土砂降りで東海道線が徐行運転しました。
    しかしながら、地元駅に降り立つと全然雨が降った気配はなく、局地的だったようです。
    でも、今外はゴロゴロと雷が鳴っています。

    明日も不意なゲリラ豪雨、お気をつけ下さいませ。

  2. ホイール裏清掃にとどまらず、塗装までしちゃうのですか…
    もはやHEN鯛整備の域に…
    ここまでしてもらえるパンダを見ていると嫉妬のような感情が芽生えてきます…

    日曜日、ジムニーの素人整備というか弄りをして、もうテキトーなことテキトーなこと。外し方間違え破損、ヨゴレも酷く…
    今日まで筋肉痛、それでいて作業途中のままという…

  3. ↑↑
    イオタTは気付いていなかった。
    いや、内心、気付いていた。
    自らこそが真のHEN鯛である事を。
    仲間を求めてデポの集いにやってくるイオタT。
    それを歓迎する、たことデポ顧客。
    まさに、魑魅魍魎の百鬼夜行。
    もとい、文化芸術を語る高尚なサロン。
    マイクロデポさんは、素敵なお店です。

  4. 青パンダ
    納車間近
    待ち遠しく
    残暑豪雨
    物ともせずに

    ブルーニューパンダさんもゴール前直線コースに入りましたか、あと少し。

  5. Sm殿
    自分がHEN鯛であることはさすがに分かっています。
    しかし、HEN鯛の世界でも厳然とした「格差」はありましてね。
    何かにつけ色々な分野で、格の違いというものをまざまざと見せつけられているわけです。
    もちろん、Sm殿は某分野で遥かな格上です。
    少なくとも私はしがない平民でSm殿は旧帝国陸軍憲兵大尉(ケンペーくん)というくらい、レベルの差はあります。

  6. HEN鯛に
    種類はあれど
    格差無し

    まあ、HEN鯛の度合いは複素数の虚数軸みたいなもので。
    原点からの距離に違いはあれど、大きさは比較出来ませんので。
    自分でも、何言ってるのか解りません(爆)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。