そして、縣神社さまへ。

 過ぎ行く夏休みを惜しむように、本来は追い込みでプラモでも作るところですが、朝からシゴトの方の作業を続けておりました。とはイッても、今日も匍匐の歩みでしたケドね(泣笑)。ココはジックリとアセらずに、一ミリでも先に進まねば。

長かったような短かったような、夏休みも終盤。
ヒグラシの声に誘われて、此処が恋しくなる。
参道をそぞろ歩けば、夏の余韻に浸れます。
周囲は、ヒグラシとツクツクボウシの競演です。
左手に、荘厳なお社が見えてまいりました。
神様に相見える。一瞬の静寂が訪れます。
お参りを済ませて、少し気分がスッキリしました。

 ↑シゴトが、なかなかウマく行かずに膠着状態となった時には、こうしてヒグラシの声でも楽しみながら、お参りするのもイイものです。ソレにしても、目が見えなくなったモノだなぁ・・・(泣)。

 それじゃー、また明日。

6 Replies to “そして、縣神社さまへ。”

  1. 最近ご無沙汰しておりますような。

    寄る年波といえば、自分はこのごろ利き腕の左肩が痛くてかないません。若かりし頃、二十代半ばの頃は野球をやった次の日に痛んだりすると、「24系25肩」とかシャレをかましている余裕もありましたが今は遠く。

    ああまたギブリさんで走りに行きたいなあ。

  2. おぐさま、肩はいつの間にやら治っております。
    時の経つのをお待ちくだされ。
    ヒグラシはすっかり都内では聞かれなくなりましたね。
    その分ワタシがその日暮らし・・・

  3. 縣神社、数年前の正月ダメ男にてたこちゃんにつれていってもらいました。
    静寂に包まれ、木々の奥に佇む幻想的な神社です。
    たこちゃん邸から徒歩圏内で、とても静かな場所にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。