ニューパンダのウォッシャータンク内部洗浄

 今朝は所用あって、地下鉄成増駅から有楽町線に乗り麹町界隈までイッたのですが、用事が済んで成増に戻り地上に出た途端・・・「うっ、なんぢゃ、コレ?」といった感じのむせ返るような尋常ならざる超絶な暑さ。這うようにしてバス停まで歩く途中、やっぱメゲまして、ソコに在ったヨシギューに入り、「並ツユだく一丁!」してから、さらに「暑くて食欲も減退しとるのに、なんてモンを頼んでしまったのだ、オレは・・・」と些かならぬ後悔をしながら、紅ショウガをしこたま載せて牛丼を掻き込みましたヨ。その後はバス停周辺の日陰を探しながらウロウロとしておりましたが、ホントに東京独特の何とも言い難い不快さはどーにかならぬものかと思った次第デス、はい。

 暑かろうと、寒かろうと、ウチのシゴトは続けにゃなりませぬ。今日はニューパンダ君(フィアットニューパンダ4×4クライミングプラス「ひこうき班長」さん号)の“とある格闘”ネタをお届けいたします。

紆余曲折あって、ようやく予備検査を突破したフィアットニューパンダ君。
時にウォッシャー出したら澱混じりの泥水がとめどなく噴射(泣)するコトが判明し、せっかく組んだフロントバンパーを再度ハズすハメに。タンク内に黒いモノが・・・
水を入れては出し、と内部の黒ずみ洗浄を試みますが、一向に捗りません。
仕方がないので、ウォッシャータンクをハズしてみましょう。
こんなところにも締結ボルトがあるので、専ら工具を差し入れるために、ヘッドライトAssyまでをもハズすコトと相成りました。う~ん、どツボってるなぁ・・・。
降ろしたウォッシャータンク。ウラオモテ2個のポンプをハズしてみますと・・・
うわ~、なんかベットリした澱状の物質が穴に詰まってますね。
色んな種類の洗剤を試しつつ、タンク内にはナット類をゴッソリ入れて、ガッシュガッシュと振り回しつつ舞い踊る(ハタから見てると、ただのオカシナヒトです:笑)。
万策尽きて・・・「あ、コレでイケるかも」とヒラめき、ポリデント投入開始。
露天でしばらく放置プレイ(笑)しておりますと、次第に水の色が薄くなってきます。
超強力なスモーカーズポリデントを12錠も用いて、ここまでキレイに。
ポンプにも直接真水を吸わせて、経路内の残留澱をすべて流し出します。
タンク内とポンプ内が清浄になったのを確認して、組立&透明タイプ液の補充。
ようやく、再度のフロントバンパー組立が、元通りに完了いたしました。

 ↑“相手がお役所のシゴト”を、とりあえず突破しておいて、その後にジックリと個々のモンダイ解決作業を心行くまでヤルと云うのも、日程や時間が“ケツカッチン”になってる場合に必要となる段取りです。ホントは大いなる二度手間(五度手間なんてコトもある:泣)になってたりもするんですが、ソコはジッとガマンしてジクジクと進むのです。合理的ではありませんね、旧車の道は。

 それじゃー、また明日。

7 Replies to “ニューパンダのウォッシャータンク内部洗浄”

  1. さすが!
    色々薬剤試してみるのもいいかもしれませんね。

    酸性と塩素系だけはお混ぜにならぬよう・・・(笑)

  2. 効率よく進む合理的な段取りって、ともすれば最後の仕上がりの出来不出来と関係なくあるのですよね。
    手戻り多すぎて段取り悪くね?って思われても、最後に臨む場所に辿り着くことが目標なら、どれだけでも遠回りするしかない、ということなのでしょうか。

  3. ポリデントでキレイになったということは、何らかの理由でタンパク質系の汚れが堆積していたのでしょうね。酵素パワー万歳!

    ちなみに、ココ3ヶ月以上吉野家ではライザップ牛サラダ一択です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。