昭和激渋(げきしぶ)物件 @東金。

 今朝から午前中のウチは、どうにか晴れていた千葉拙宅周辺でしたが、移動の途中で大雨が降りだしたりして、強風も吹き荒れるので、おとなしく家に隠って、ゴロゴロしながら「読書→ネット見→うたた寝」を無限ループする一日となってしまいました。

大網駅の軒下歯医者さんに御世話になる生活が、ココ二ヶ月の間は週一ペースで続きましたが、本日でメデタク無罪放免となりやした(喜)。
実は、昨日も初めて訪れたのですが、日曜日は定休だった(泣)モンで、本日は再チャレンジです。
評判の餃子(野菜とニンニクたっぷり系:一個35円也)を20個買ってみました。
その周辺は駅前住宅街なのですが、昭和なシブい風景がたくさん残っており、とっても好印象。
ま、駅前と申しましても、どローカル線デスからね。皆さんJR東金線って知ってます?
「ようこそ東金商店街へ(笑)」って・・・開いてる店、ほぼ無いんだケド(泣笑)。
「百万弗」ってネーミングも昭和な`おセンス´に満ちたモノ。ちなみに「娯楽の電動」って変換してしまうワタシのスマホは平成製(笑)。
ココでユニカラー19インチをパパに月賦で購入してもらって、光速エスパーをカラーで見るんだい!(昭和42年のコドモ談:笑)
通り過ぎざまに、ワタシのアンテナが即時に検知したヤバい物件(笑)。
嗚呼、今どき珍しい天然物のホーロー看板。ちなみに、ワタシのスマホでは「ほうろう」の変換は不能でした(泣)。
「大塚系四天王(崑ちゃんのオロC・由美かおるのアース渦巻・水原浩のハイアース・松山容子のボンカレー)」とともに最も入門者用(ナンの?:笑)な琺瑯(ホーローってこう書きます)看板である「金鳥&キンチョール」のセット貼り。
今では、四国や九州の果てまでイッてもなかなか見るコトが出来ない天然物が、こんなに身近で見られるなんて、なんたる僥倖(コレもワタシのスマホでは変換不能・・・ひょっとしてアホなの?:笑泣)。
で、本日は当然の如くにディナーが餃子。ハヤく出来ないかなぁ・・・。
鉄鍋のまま、食卓に載せて食しました。ニンニク効きまくりの懐かし昭和テイストでビールもススみます。

 ↑といったところで、ハラもポンポン。暫くの間はハラごなしと酔い醒ましが必要となりましたんで、また寝ます。「おやすみなさぁーい!」

 それじゃー、また明日。

6 Replies to “昭和激渋(げきしぶ)物件 @東金。”

  1. ド昭和の激渋、東金は異次元空間。
    昭和中期へのタイムトンネルの入口か?
    ほうろう看板の家屋、素敵です。
    そして、餃子がなんだかとってもノスタルジック。
    子供の頃、大家族でした。
    たま~に、家で餃子祭りをやりました。
    とにかく大量に餃子を作って食すのです。
    ニンニク、ニラ、挽き肉のみで。
    腹一杯で満足したものの、科学調味料は使わない主義だったので、味は物足りなかったかも。
    そこに科学調味料を使えば最強の餃子だったりして・・・そんなワタクシに味を語る資格無し!
    でも、いまだに大陸本場仕込みの上品な海老餃子よりも、下町の中華屋の科学調味料をたっぷり使った下品なニンニク餃子の方が美味いと感じてしまうのです。
    そんなボクを、どうか罵ってくださいませ。

  2. まずは歯医者さんの無罪放免、おめでとうございます。
    ガシガシ食事がとれますね。

    続いて琺瑯看板、天然物はすっかりご無沙汰となりました。
    2、3年前までは小田原に琺瑯看板をペタペタ張り付けたお店がありましたが、現在は閉店された模様で琺瑯看板は撤去されてしまいました。
    そこにも、キンチョール&金鳥があったなぁ。

    トタン壁の建屋そのものでこれからも残ってほしいです。

  3. 琺瑯看板
    確かに変換出来ませんね。
    そもそもこんな漢字、他で使ってなさそうですし、、、

    しかし、ビミョーにちゃんと並べて設置していないところが、当時モノの証拠でさね。

  4. 私の某N産自動車時代、マルハン(販売店)出向時代のテリトリーが、多古、野栄、光と八日市場の線路から海寄りでした。自然、松尾から先の成東、東金のお客様もいて、よく「チェリー」店と「プリンス」店で奪い合いをしておりました。
    その頃の東金はなんかもっと活気があったような記憶なのですが、なんだか寂しい感じになっちゃいましたね。。。

    東金線もですが、総武本線の八街-日向間のせまあああい谷が凄い豪雨で、電車止まって、7-8回は成東東金で、呆然と宿泊先を探させて頂きました。。。無論無く。。。

    で、ああああああ餃子食べたくなってきた!ニンニク多目で!!

  5. ついこの間まで借りていた、今は無き銭湯の裏の駐車場がこんな感じでした。
    ↑ 牛久のS改め愛宕のSさま、成東の駅から国道を越えてすぐのところに犬神家の一族に出てきそうな駅前旅館がありましたヨ。
    今更遅いですね。

  6. なんだか、東金恐るべし。取り残された、忘れ去られる街になりつつあるということなのでしょうか⁈
    んーんまそうな餃子!
    最近、コメント入れるの遅すぎだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。