平成のシメに、再確認す。

 平成時代の大ラストデーである本日は、ワタシの居所でも朝から雨模様。アウトドアに出撃する作戦を潔くアキラメまして、インドアライフとなる段取りとなり・・・

・・・で、朝一番でチャーっと、長久手までやってきましたヨ、ほぼ開館時間ジャスト。
まず、このミュージアムの素晴らしい点と云えば、館内の写真撮影がフルOKであるところ。
開館と同時に長蛇の列ごとナダれ込み(笑)、ようやくチケットを手にしました。
まずは、当館のイコンたるトヨダAA型(レプリカらしい)に久しぶりに出会う。
ワタシの中で、本日のコンクールデレガンス(笑)・・・
・・・ランチア アストゥーラ ティーポ233Cと申します。
戦前の、まだランチアが本物のランチアであった時代、その空気感が堪りません。
ピニンファリーナのエンブレムも誇らしげです。
惜しくも次点なのは、アルファロメオ6C1750グランスポルトザガート。
あれ?マセラティスパイダーザガートのフロントフェンダーに貼られているのと同じ意匠のエンブレムですね。
チシタリア202クーペは、たこヨメ的に一位(笑)。
確かに、大戦後スグに作られたとはとても信じがたい完成度です。
・・・で、二着は同率で、一台はマツダコスモスポーツ。
そして、今一台は、ロータスエリート(初代)なんだそうです。
・・・そして、ワタシ的ウルトラスーパー特別賞!イスパノ・スイザK6なるクルマ。この日本で架装されたというボディと、その塗色が素晴らしい。
この繊細さと武骨さの共存関係は、微妙な危うさを感じさせ、昭和テイストすらも詰まっております。
イスパノ・スイザは、スペインの誇りです。

 ↑・・・なぁーんで、マセラティ専門店の店主が、マセラティを賛美しないのかって?

 「だって、だってだって、無ぇーんだモン、マセラティ」・・・唯一見つけたマセラティに関するヨスガは、新設されていた文化史コーナーにかろうじて見つけたオスカのエンブレム展示のみ(泣)。

 ともあれ、この探訪記は後日詳細篇をあらためて。

なんだか、故郷に帰って来た気分(笑)。初めて上陸したのに、なぜか懐かしい島。
全島を巡る散歩の途中、17:00。スマホをラジコに繋いで、「退位礼 正殿の儀」の実況放送に耳を傾けさせて頂いた。
この島の名物は、タコとフグ。タコは多幸とシャレて、プロモーションされています。なんだか、御目出度い感じデス。

 ↑本日も、あと二時間ホドで、時代ごと切り替わります。「平成の終わりをどうやって過ごし、新しい令和時代の到来をどのように迎えるか」という命題に自分なりの答えを出すのが、ひょっとしたら、この旅の究極目的だったのかも知れません。よく走り、よく歩き、よく祈り、よく食べ、そしてよく学べました。

 想えば、結婚したのも平成、両親との別れも平成、起業したのも平成・・・と、昭和の子を自認するワタシにとって、実際上のターニングポイントは、すべてこの平成時代に在ったコトに先ほど気付きました。よく考えてみれば、人生の過半は平成時代に身を浴していたコトとなります。

 そのようなコトを、つらつら考えつつ、漁船のエンジン音と虫の声を窓のそとに聴きながら、心穏やかに過ごす民宿の夜です。

 この平成時代には、皆さんから本当に支えられました。心からの御礼を申し上げます。迎える令和時代になりましても、変わらずに御教導くださいますと望外の喜びです。今後とも、マイクロ・デポをよろしくお願いいたします。

 それじゃー、また明日。

9 Replies to “平成のシメに、再確認す。”

  1. 本日は愛知県に滞在ですね。
    たこちゃんにとって、平成の時代は激動の時代だったと思います。
    新しい令和の時代も、変わらず宜しくお願い致します。

  2. 共喰い?(笑)

    まもなく平成が終わりますね。
    令和も益々のご活躍を!

    今後ともヨロシクお願い致します。

  3. 他社の製品も展示するトヨタのフトコロの大きさは大変な物です。

    ありがとう平成、ようこそ令和。
    名残惜しい涙雨の平成最終日。

  4. ランチア、威厳がありますね。
    それにしても、平成を締めくくる今回のブログは、本当にありがたいお話を聞かせていただいた、と言う感じです。
    その、たこちゃんの姿に惹かれて、マイクロデポさんを訪問するのが楽しいのです。
    たこちゃん、いつもありがとうございます。
    そして、もうすぐ令和が始まります。
    令和と書いて、「ア~マ~ゾ~ンッ!」と読むのですよ。

  5. たこちゃんズの平成から令和へのツーリングは、紀伊半島のパワースポットから、愛知へ!!
    「さよなら平成、よろしく令和!」

  6. ↑皆さん、いつもコメントを有難うございます!
    明けましておめでとうございます・・・って、違うか(笑)。然れども、何かお正月を迎えたような感じですね。
    新しい令和時代も、よろしくお願いいたします!

  7. いやー気づけばもう令和ですね。
    温故知新で戦前の車三昧、いいですね。
    テレビでカウントダウンとか、、、
    奇妙な正月の雰囲気、同意です。

  8. たこちゃん、皆さま、令和の時代もよろしくお願い致します。
    何故か、家族一同揃い、「明けましておめでとうございます。」と言ってしまいました(苦笑)

  9. どうもワタシの体内時計は、近頃「AM4:27」にセットされているらしく、今朝も、もう目覚めてしまいました。令和初日のサンライズも、もうじきです。

    ↑御両人様、コメントを有難うございました。「明けましておめでとうございます。(笑)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。