マセラティギブリⅡオープンカップストラダーレの“音”ダケ聞かせて進ぜよう、皆の衆。

 長い長い、長ぁ~い一日(泣笑)が過ぎようとしております。嗚呼いまや、日もトップリと暮れちゃいました。今日も朝の6時から作業開始で、ラストの一瞬までアセをカキました。ドチラかと申せば、ヒヤアセ(泣笑)の類の成分が多く分泌されたと思いますが。旧いマセラティって、ドーシテ小部品にいたるまで、一々分解修理が必要なんダロなぁ。

さぁ、ドアのアンダートリムを組み付ける前に、ドア灯をチャンとしないとね。
コレがキリっと輝いているダケでも、大層見栄えがしますからね。
ここまで出来て、ようやく防滴ビニールシートを綴じるコトが叶いました。
で、ドアアンダートリムのウラオモテを念入りにクリーニングして取付完了。
いつもならボンネットフードインシュレーターを貼るところでしたが・・・
コレでボンネットを留めているんで、インシュレーターは貼らずにおきました。
昨日、数次の走行試験中に発生したメーターのトラブルもあったりして・・・
夕方になっても、まだリフトから降ろせませんでした(泣)わ。

 ↑思いっきり「音出ます、注意!」であります(笑)。

ホントは17時搭載予定を二時間遅らせてもらい、フィニッシュ作業を。
急遽レーダー探知機を手に入れて、装着いたしました。
セーフティーローダーがヤッてまいりましたので、ワタシ自らが載せました。
「達者でなぁ」であります。「名古屋のG」さん、長らくお待たせいたしました。

 ↑先ほど19時半近くとなる頃になって、ようやく積載車への搭載をするコトが出来ました。いつもながら、遠隔納車はアレコレと気を遣う必要がありますんで、シンケーが擦り減りますね(泣笑)。ところで、昨日のコメント欄にて「ぜひ動画を!」というおハナシが出てましたが、撮ってるヒマなんか無いんだから(大泣)。ソコで、本日リフトアップさせた状態でエンジン掛けてホイール回している映像をアップしておきました。音がワレちゃってますが、実物はヌケの良いエキゾーストノートでシビレますヨ。というワケで・・・「達者でなぁ~!(願)」

 さぁて、これから帰らにゃならんのは、つくば。大丈夫か、オレ?

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)

6 Replies to “マセラティギブリⅡオープンカップストラダーレの“音”ダケ聞かせて進ぜよう、皆の衆。”

  1. 名古屋のGさま、ご納車おめでとうございます。
    エキゾースト、痺れますねぇ。
    たこちゃん、大変お疲れ様でした。

  2. 名古屋のGさま、祝御納車 マセラティギブリⅡオープンカップストラダーレ ロッソ! ながらくお待ち頂いたので、ご納車もひとしおでしょう!マイクロデポ謹製には多大な時間と労力が、、、、

  3. たこちゃんさま、マセラティギブリⅡオープンカップストラダーレ納車完了、誠におめでとうございます。そしてお疲れ様でした。
    そして、マセラティギブリⅡオープンカップストラダーレのエキゾーストノートをyoutubeにupありがとうございます。これはめちゃくちゃレアでっせ!

  4. 名古屋のG様、祝御納車
    動画では確かに割れ気味な音でしたが、迫力はよく伝わりました。
    只者ではないのはわかります。

  5. 名古屋のGさま 御納車おめでとうございます㊗️ 素晴らしいです!!!
    そしてたこちゃんお疲れ様でした!これで明日(一応零時過ぎてるんで)からのお休みは心置きなくリフレッシュ出来るのではないでしょうか。
    またYouTubeも拝見しました!これは生音でしたらさぞ全身に電気がはしるでしょうね。
    どっかのバオバオ言わせる品格のヒの字も労わりも無いものと違い、たこちゃんのゆっくり優しい、クリッピングが印象的で、マセラティギブリII オープンカップストラダーレ(マジw長いですね(苦笑))ロッソッソへの愛しみを感じました!!

  6. 動画を拝見。
    き、近所迷惑?・・・いやいや、勇ましくてカッコいい。
    最近、モータースポーツには疎くなってしまいましたが、ギブリオープンカップの爆音が、かつてハマっていたWRCを思いおこさせ。
    ツール・ド・コルスの地中海断崖絶壁のターマックをギブリオープンカップが爆音をあげて疾走する姿を想像し、ニヤけてしまった次第。
    そんなレギュレーションは無いのでせうが。
    想像するのは、楽しい。
    世界中のカーメーカーに告ぐ。
    カッコいいクルマを造ってくださいませ(泣)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。