超高速!南会津・奥会津紀行(その1:塔のへつり)

 ホントはね、また長ぁ~くなっちゃいそうなんで、ヤメておこうとも思ったんですが、昨日みたいに「ザ・本ネタ」みたいのを出すと却ってコメント欄の反応が薄くなっちゃうのが如実に分かる(泣)モンで、息抜きには“ダラダラ旅行記(笑)”の方がお気に召すかなと。では出発!

 当日ダイジェスト版はコチラから。ヌケてるトコを補完しつつ・・・

さぁ、今週の歯の治療も済んだし、とっとと出掛けますか・・・
途中のパーキングエリアにて15分の休憩をしたダケで・・・
もう、だいたい着いちゃったヨ(笑)。あっけないモンだねぇ。
さ、とりあえずはドコを目指しましょうかね・・・
なんとなく、ブ~っと走っておりましたら・・・
県立公園 塔の・・・塔の・・・?なんじゃ、このドルの上に山を載っけたような字は。
天然記念物「塔のへつり」だそーです。ぜってー読めねぇ~!!
沿道の案内看板に沿って走ってまいりましたら・・・
町営駐車場のおぢさんから「ココは遠いから、もっと奥まで行ってお店の駐車場に停めてなんか食べてやって。そしたら駐車料金タダだから・・・」という意味のコトバを早口の会津弁でまくしたてられ、感謝しつつ御託宣に従ってお店の前にロド丸を停めました。
駐車料金代わりのソフトクリームを喰いながら、周囲の風景を眺めます。
「塔のへつり」・・・何しろ、こういったモンらしいんですが、イマイチ分からん。
・・・だって(笑)。「昔ここは海だった」なんかポエジーだなぁ。
ま、ナニはともあれ百聞は一見に如かず。イッてみましょー!
階段を降りて行くと、いきなりの売店。ソレを通り過ぎれば・・・
あ、「へつり(笑)」。
観光写真を見た時には吊り橋がメインのスポットだと勘違いしてたケド、チガウのね。
吊り橋から眺める風景は、曇天に霧も掛かって、あたかも山水画の風情。
その中に、ロッソな鉄橋がポツンと。イイじゃあ~りませんか。
近年架け替えられたと思しき真新しい吊り橋を渡りますと・・・
お~、近くで見る断崖は、確かに不思議な風景で奇観と呼ぶに相応しい。
この切削したような深いエグれは、かつて当地が海だったのを納得させるに充分。
へつりに沿って設えられた、朽ちかけている通路の残骸。「こえぇ~!」
確かに、こういった部分ダケを写しますと、海だか川だか判然といたしませんね。
洞窟状に深ぁ~くエグられた穴の中に入るコトも可能です。雨風は凌げそう・・・
ああ、ここまでで行き止まりで残念。立入禁止の表示がありました。
かつて高松宮殿下もいらしたという虚空蔵菩薩さまを祀る祠にお詣りいたしました。
へつりを構成する岩の一つ一つには、名前が付いている様子。ここにも謎ポエム?が。
さぁ、そろそろ戻らなきゃ・・・ココは結構面白かったデス。ヒトも少な目だし。
本来の目的地へと急ぐコトといたしましょう。雨がチト心配だなぁ。

 ↑というワケで、またしばらく旅行記にお付き合いくださいね。

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)

7 Replies to “超高速!南会津・奥会津紀行(その1:塔のへつり)”

  1. 旅行記は週末からかなと思っていたのですが、すみませんね、無言の圧力。今日コメするとまたこれが圧力に。。。
    まあ、ぼちぼちお願いします。

    「へつり」変換したら、屁吊って出ました。南会津はよく行くのですが(個人的にギリ日帰り圏内なもので)、ここ行ったことありません。(てかクルマから降りないからなあ)
    天然記念物なのですね。今度寄ってみます。

  2. 塔のへつりは一度行きました。PCに写真が残っていなかったので、フィルムで撮っていたのかもしれません。鉄橋の写真を職場に飾ったような記憶が。南下したということは須賀川からR118経由?昨日の「ザ・本ネタ」にコメントしなくてゴメンナサイ。

  3. 岪 へつり
    ・侵食と風化を繰り返した結果できあがった断崖や急斜面 塔のへつり – 福島県下郷町
    ・川岸などの険阻な道
    ・端を減らすように削り取ること。剥離
    ・掠め取ること – 隠語

    一瞬、へつらう(諂う)と関係があるかと思いきや何もなかったです…
    勉強になりました、(いつまで覚えているか分かりませんが)

  4. 残念ながらワタシのPCでは「へつり」の漢字が変換されませんでした。
    確かに初めて見る文字です。
    曇りですが、なかなかの風景ですね。

  5. そうそう。
    昔、南会津で現地の代理店営業マンと昼休みに訪れた、切立った崖の観光地が塔のへつり、でありました。
    何を食べたのが忘れましたが、多分、蕎麦。
    若い営業マンに串焼きをおごってあげました。
    線路はあるのですが、余程、本数が少ないのでしょう。
    走ってる電車は滅多にお目にかかりませんでした。
    あと、誰も知らない猫屋敷も南会津だったかも。

  6. 「塔のへつり」というのも珍名ですが、山形に、「ジャガラモガラ」という地名があったなあ、その近くの美味しいという蕎麦屋に、当時借りていた、青森ナンバーのシャコタンの三菱FTOで行ったけど休みだった。ジャガラモガラは山の中なんで行きませんでしたが、その名前が、強烈で覚えています。

とちぎ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。