虫コナーズのラジオCM

 昨晩、千葉拙宅から練馬区土支田のアパートに帰ってまいりまして、パソコンを立ち上げたらネットニュースにビックリ。その後テレビのニュースでも、小林亜星先生が5月の終わりに旅立たれていたことを大きく報道しておりました。天才的才能である小林亜星先生の作品群につきましては、その有名どころだけでも、あまりにも多岐多様に亘るために、あえてマイナーどころが書きたくてしょうがないワタシ(泣笑)は、相当気合を入れて書ける体力のある日に譲ろうと考えております。

 本日はコレを仕込んでおりましたのが、また偶然と云えナニか感じるところもあったのかと思えてまいりますが、亜星先生とともに、主に70年代80年代の特撮ソングやアニメソングの代表的な大作家に数えられるのが、本日御紹介する渡辺宙明(本名みちあき、ペンネームはちゅうめい)先生でありましょう。御年95才で現役ってところがスゴイ!

 いやね、日曜日の夜になって、とある土曜日夜の沖縄で放送されたローカルラジオ放送をラジコプレミアムのエリア&タイムフリー機能で聴いておりましたら、「キンチョーさんが、今年も夏季限定でスポンサーについてくれた!」と男性パーソナリティーの二人が大はしゃぎしておりまして、そのコーナーの後に早速“本篇”とも云うべきCMが流れました・・・アレ?このメロディーは・・・秘密戦隊ゴレンジャーのエンディング(♪バンバラバンバンバンってヤツ。音出ます、注意。渡辺宙明先生作編曲)に細部までスゴく似ていながらビミョーに異なる旋律。聴きながらワタシは、ニヤリとしつつ「こりゃ、御本家である宙明先生の御子息(渡辺俊幸先生)にでも、似たのを作ってくださいとオファーしたのかナ?サスガはコマーシャルに命を懸けてるキンチョーらしいわ」なんて、傍らのたこヨメにつぶやいていたんですが、一応調べてみようと「虫コナーズ ラジオCM 渡辺宙明」でググったら、金鳥の公式ラジオCMサイトがヒット。なんと、御大自らが作詞作曲と編曲監修しているとのクレジットがあってコイツにはビックリ。嗚呼、アリガタや。

金鳥さんの公式サイトより。作詞・作曲・編曲監修に渡辺宙明先生のクレジットが。ワタシがラジオで聴いたのは、06の“みなはれ”篇でした。東京でも聴けるのかなぁ。
あ、コッチの方は宙明先生とはカンケー無いケド、CMを流せる放送局と時間帯に、ものスゴく制限が掛かりそーな艶笑話系の作品。デートの車中で掛かったら気まずい空気が(反面、ソレで一緒に笑えるならば、ゴールインしてよし。試金石たり得るCM:笑)。

 ↑で、これだけリンクを付けといて今さらナンですが、上記の01~06を聴き倒しますと、明日の脳内グルグルミュージックになりますので念のため(笑)。ま、ソレだけキャッチーだと云う証拠ですね。

 宙明先生には、100才超えても現役でいらして欲しいモノです。

 大日本除虫菊株式会社(金鳥)の公式サイト トップページ

 それじゃー、また明日。

-------
愛車を御手放しになりたい方は、コチラ:車輛売却時にも、当店に持ってくるのが結局ラクでお得ヨ。マセラティじゃなくてもね。をどうぞ。

-------
マセラティでイッてみよう!Part2・Part3・V3(ヴイすりゃ~)・ア~マ~ゾ~ン(笑)!!を通したすべての過去記事への一気到達用ページへはコチラ:マセラティでイッてみよう! 過去記事月別アーカイブ(ア~マ~ゾ~ン新版)からどうぞ(ヒマつぶしに最適!)

5 Replies to “虫コナーズのラジオCM”

  1. 大日本除虫菊さんはさすが大阪の企業、シャレが分かってらっしゃる。
    「Hさんの話」シュールさがたまらない(笑)。
    虫コナーズCMは、まんまゴレンジャーにしか聞こえません。素晴らしい。

  2. 長澤まさみ キンチョー 虫コナーズ 「初めてぶらさげた人」篇 & 「無防備」篇 TVCM
    も独特でなんとも印象深く残ります。
    ラジオCMともなると、音声だけなので、この一度聴いたら頭を離れないミュージックがいいんでしょうね。

  3. ラジオCMは奥が深いですね。
    映像でごまかせませんから、創作者の力量が試されます。
    キンチョーさんのラジオCM、なかなか面白いです。
    あと、民放TVの劣化が甚だしい昨今、ラヂヲ文化は偉大なるマンネリを継続されております。
    ラジヲ文化は偉大なり。

練馬のH へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。