ベンちゃんとあひるんちょ

 まぁ、相も変わらずにデポ店舗の奥でやってる住宅工事のせいで、今日も朝から大型のダンプやら、道路舗装の地均しマシーンなんかがそのあたりに並んで、とても店舗の前にクルマを横付け出来ないという状況でしたので、わざわざ他の場所に赴いて、諸作業を行っておりました。

・・・ホントにコレ、一体いつまで続くんだろうなぁ(トホホ)。

今日も、奥の建築現場関係車輛が右往左往して店の前に車を置けません(泣)。
仕方が無いので、別の定置場での作業を重点的に行いましたが、その前にベントレーターボRL(「藤沢のO」さん号)をタイヤ交換作業のため、いつものタイヤ屋さんに。
で、ココは安心して任せておけると、作業場へと 赴きました・・・
夕方、店に帰ってきたら、ちょうどブックガレージの高橋しんちゃん御夫妻が来てました。ギブリ村にて、あひるんちょの初披露です。思わずピースサインを出してしまうところが、やっぱ昭和テイストであります(笑)。忙しいところ、有難う。
・・・で、とってもウレシイ、ミニチュアカーのお土産も。
「ただねぇ、ライトが四角いヤツしか無かったのよヨ(笑泣)」
で、とりあえず二人での記念撮影もしてもらい、御夫妻をお見送りしました。
あらためて、ボンネット上に出してみると、結構良く出来てるなぁ。
と、ホノボノしていたところにタイヤ屋さんからの不穏な緊急連絡が。状況を現認するため、あひるんちょに飛び乗って急行しました。チャンと足になる(笑)。
あひるんちょ「ベンちゃんダイジョブかなぁ・・・」
現地現認による指示を経て、ようやく作業を完遂いたしました。
スッカリ遅くなっちゃったケド、どうにか出来てヨカッタ・・・

 ↑まぁ、だいたいね、国産車でも2トンを超えるクルマは左側の前後ホイールを締結するナットが逆ネジになってるんで、ソコは判ってたんですが、そのナットが真鍮製のナットで、緩めるのに大いに往生したとの由。で、今度はネジが喰わないってんで、すったもんだありましたが、衆議の結果、ロールスSZ系のホイールナットは締め付けの定格トルクが相当緩めの設定であるにも関わらず、過去に通常の常識通りのトルク設定にて締められていたのが原因と断定いたしました。おそらく、もっともっとムカシには、ナットを締め込んだらダルマピンとかワイヤーで緩み止めをしてたのではないかと思わせる、航空機エンジン屋アガりのロールスロイス社ならではの理念を感じさせられました。ようやく、リリース出来なかったパーキングブレーキの問題を突破したら、コレだもんなぁ(泣笑)。ちなみに、ホイールセンターキャップなんて普通のシリンダーキーで開けるんですから(サスガだ)。あ、あひるんちょ?ホイールなんか3本しか留まってないッスよ(頂点と底辺:笑)。

 それじゃー、また明日。

7 Replies to “ベンちゃんとあひるんちょ”

  1. 高橋しんちゃん御夫妻のお土産、嬉しいですね。
    四角いライトはご愛敬(笑)。
    ベンちゃんのナット問題解決で、結果オーライです。

  2. ベントレーのインパネインジケータ、カッコいいですね。走行中に点灯したら嫌なものでしょうが。

  3. 2CVのミニチュアにあつらえて、たこちゃん邸宅のミニチュアもあったらいいですね。
    ベントレーの浮世離れした重厚感が重すぎて、自分とは縁遠いものと思っておりましたが、なかなか興味をそそられます。
    レッドゾーンが4500回転からなのですね。

  4. あひるんちょ大活躍で、ベンちゃんの納車も近いですね。さらに、あひるんちょのモデルカーのプレゼントは嬉しいこと!丸ライトは自作で‼︎

Wさま へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。