ハッキリしない色・・・

 ここんところは、ゴンゴンに日が照ったりしないので、かなり助かっております。今日もハッキリしない天候ではありましたが、午後からは夕方まで途中で雨が降り出すコトも無く、どうにかこうにかミッションをすべて達成出来たのは大きいですね。なんだか一日が長いんだけど、サスガに夜寝るのはハヤいのです。寝てると大分の大魔王様からラブコール(うぇっ!)が掛かってくる。昨晩は夢うつつの中、東京での選挙事情についてのハナシで盛り上がったような記憶があります。深く眠るコトが出来ぬまま、悪夢にウナされ日の出時刻に目が覚めた・・・

ワタシの大好きなアジサイ広場に、いつの頃からか無粋なポスター掲示板が立ってしまいました。この中から都知事を択ばなきゃイケないの?・・・よかったぁ、ワタシ都民ぢゃなくて(笑)。それぞれの主義主張がそれぞれに噴飯モノだったりして。
お口直しに(笑)。20年以上経過しても、まだまだこんなにキレイで、さらには貴重な自動車遺産なんだから、こういった旧車に重税掛けるのはホントに間違っとる。確かに環境負荷は高いかも知れませんが、イチから新車を作るより、トータルでは遥かにマシなハズ。第一、旧車の多くは実用車の如くに長時間は路上を走らないから。こういうハナシの分かるロジカルな政治家が出て来ないモノかのう・・・
黒いボディは、黒く写らないんですね。屋根に床下の柄を描くシュールさよ。
コチラも場内の壁やら天井やらが映り込んで、もはやワケ分からん。
時ならぬ、下回りを見るシリーズ(笑)。
ソコに、どうやら継続車検をパスしたマセラティスパイダーが帰還。
あいにくの雨ながら、足掛け2日で完遂出来てヨカッタ。
ソコに電気屋さん登場、ここからはエアコンの修理を開始。
右側のセンターコンソールカーペットを引きハガせば・・・
交換を待つエキスパンションバルブは、助手席足元左側の最奥部に。
エキスパンションバルブ交換が済んだら、エアコン経路の真空引き作業を。
最終期ギブリのエアコンガスは、オリジナルで134です。
ガスチャージが済んだら、漏れが出ていないかをサーチする作業を。
・・・んなところに、ヘンなツヤ無しピンクの場違いなヤツ(笑)が降臨。
一瞬にして洗い上げてはみたものの・・・あんま変わんないなぁ。
マツダスピアーノ、知ってる?スズキで云うところのアルトラパンなんです。
ワケあって、まぁ~たピンポイント代車が必要になったので調達。マツダマニア(笑)。

 ↑シトロエンの正規ディーラーが申しますには、新コロのせいで、おフランスからのパーツが滞っているらしいです。現地の港までは来るんだけど、船が出ないとの由。ヨーロッパ各国が須らくそんな感じなのは、ウチもアレコレ喰らってて(大泣)理解できるゆえに文句も云えず、保険屋さんのレンタカー期限が来ちゃったんで、その補完用にとやってきたのが代車4号君のスピアーノ君なのでした。ヘンな色だけど、内装からの眺めはルーミーで、結構、乗りやすいですヨ。

 それじゃー、また明日。

5 Replies to “ハッキリしない色・・・”

  1. デポ代車、面白いですね。
    アルトラパンは知ってますが、マツダスピアーノは知りませんでした。
    このカタチ、登場して10年以上経ちますが、いいデザインだと思います。

  2. 今、この手の軽はお買い得らしいですね。
    背の高いやつばかり人気で…
    今日みたいな強風の日はおっかないと思うのですが…

  3. 大分の魔王からのラブコールですか。
    りゅたろう先生が佐藤健・・・どこからとも無く、I love…が聴こえてきました。
    漆黒のギブリ、青のスパイダー、どちらも素敵です。
    スピアーノ、いい感じで色褪せてます。

Wさま へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。