今月の御言葉(12月)

 日々の暮らしに追われつつ、いつの間にかスッカリと令和にも馴染んでしまって、本年が、そもそも平成31年であったコトですらも、今や遠い遠いムカシ話のように思えてしまいます。まさに光陰矢の如し。

 想えば令和の天皇陛下が即位されたのは、この5月1日午前零時の出来事でした。その後も伝統に則った様々な儀式が行われてきましたね。

天地(あめつち)と 久しきまでに 万代(よろずよ)に 仕(つか)へ奉(まつ)らむ 黒酒白酒(くろきしろき)を  文室真人智努 (ふんやのまひとちぬ)→読めねぇ~!
「白酒・黒酒(しろき・くろき)」の詳細な解説を月桂冠の公式サイトで見つけました。このシリーズやってると、無学なワタシにとっては色々とベンキョーになるよな。

 天地と 久しきまでに 万代に 仕へ奉らむ 黒酒白酒を 文室真人智努

 文室真人智努 (ふんやのまひとちぬ)さんは天武天皇(中大兄皇子=天智天皇の弟)の孫なのだそう。ああ、「なかのおおえのおうじ」という方は歴史の教科書に必ず登場してたので、一応読めた(笑)。「ふんやのまひとちぬ」さんの方は、浅学菲才のワタシなど初めてその名を見たという感じ。いずれにしても、いとやんごとなき家柄の方なのです。

--------------------

 文室真人智努 (ふんやのまひとちぬ)初名は智努王(ちぬおう)。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)四年、文室真人姓を賜与され臣籍に下る。同年十一月二十五日の新嘗会(しんじょうえ)の肆宴(しえん)で応詔歌を奉り、後に万葉集十九巻に採録された。

 生命の言葉 令和元年十二月(詳細な解説)
 東京都神社庁(公式サイト) 

--------------------

 それじゃー、また明日。

5 Replies to “今月の御言葉(12月)”

  1. 文室真人智努、これは読めないなぁ。
    全く存じ上げませんでした。
    今回の御言葉も、たこちゃん解説がないと全く理解できず、ハードル高いです。

  2. ↑「Wさま」さん、いつも有難うございます。いとやんごとなき方々は、御名前からしてややこしいですね(笑)。

  3. 名前の末尾に智努(ちぬ)だなんて、余程、勤勉な御方なのでは。
    顧客のために、黒酒白酒、飲まずに奉納し断酒して納車作業に励む、たこちぬ素敵。
    こちらは、飲んでます。

  4. 茅渟だったら、ちぬって読めたんだけどなぁ。
    …すいません。(汗)

    無事車検からクーペさん戻りました。
    この度はとんでもないわがままを聞き入れて下さり、本当にありがとうございました。
    m(__)m

  5. あと少し
    令和元年
    過ぎてゆく

    平成から、令和になり穏やかで平和な時代にと、皆が願った矢先に、台風被害やらあれこれと。日本だけでなく、地球規模での異常気象は、やはり環境破壊の影響なのでしょうか⁈

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。