微に入り細に入り・・・病膏肓に入る(笑)

 今日みたいな気候の日々が、これから先もずぅ~っと続いてくれたらいいのにと思うくらいに、何をするにも絶好の日和でありました。そんなワケで、本日は「ひこうき班長」さんのフィアットニューパンダ4×4クライミングプラスを「稲敷のK」さんに磨いてもらうコトが出来ました。細部の“コダワリ仕上げ”部分は、ここ三週間ばかりの開店前の時間を使って、ワタシ自身がハヒハヒとやってまいりました。ここでガラスコーティングを施したら、超絶デポ仕上げのオーラを放ちますでしょうか、ね。

ドライ ターコイズ(カラーコード793)の彩度にコダワった磨きを依頼しました。
細部にコダワリ過ぎて・・・ありゃま、ここまでスゴイ状態になっちゃってますヨ。
フロントウインドーとバルクヘッドカバーの境界線に、14年間溜まりにたまった垢や滓も、すべてキレイに磨き取りました。
露出して日光に暴露されてきた部分と隠れていた部分の退色度合いが異なります。
フロントバンパーには小さなキズしかありませんが、一本塗りが確定しました。
リアバンパーも同様。画像では分かりづらいですが、ブリスターが少々出ています。
こうなると、この正規インポーターステッカー、新品が欲しいなぁ・・・
ソレはもう、スゴいコトになってたフロントバルクヘッド内清掃のハナシは別枠で。

 ・・・あぁ、「稲敷のK」さん、今日も一日御苦労さんでした。またイヤがらずに来てね(願)。

 それじゃー、また明日!

7 Replies to “微に入り細に入り・・・病膏肓に入る(笑)”

  1. それにしても、このフィアットパンダの
    爽やかな空色、良い色です。
    稲敷のKさま、彩度にこだわる困難な磨きミッション、お疲れ様でした。
    このこだわりは、素敵な病!

  2. このフィアットニューパンダ、登録後14年経過ですか。
    とてもそうは見えません。
    未だに新鮮に映ります。

  3. 超絶デポ変態極上仕上げの絶讃遂行中!なフィアットパンダのブルーが、梅雨の中休みの晴れ空に映えます!!この中休み中に仕上げたい!ですね。

  4. ここまでやってもらえる中古車屋が他にあるでしょうか(いやない)。
    もちろん、ひこうき班長さんの人柄あってのこと。
    これを、客をみて仕事を変えるのか!と批判する人もいるでしょうが、逆に、それは金さえ出せば客は誰でも一緒だろといっているようなものかと。
    人と人、人情あっての商売、もはや絶滅危惧種でしょうか。

練馬のH へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。