ワルいヒトも居れば、イイヒトも居る。

 今日はね、ちょっとショックなコトがあったんです。どうして、こうも世知辛い世の中なのでせう(泣)。一生懸命に丹精している草花をイトも簡単に荒らして平気な神経が理解できません。「♪オレもオマエも名もない花を、踏みつけられないオトコにぃ~なるのさぁー(ヒューヒュー)」って、昭和のヒーローだった宇宙刑事ギャバンだって云ってる(笑)のに、令和に入って、そういった気持ちがいよいよ廃れてきているのかなぁ・・・

コレ、連休前の当ブログで載せた写真です。一番奥と手前にミントが生えてるでしょ・・・

 ↑ソレがね、今朝気が付いたら、キレイに食えそうな部分ダケが抜かれて無くなってたんです(大泣)。以前にも当ブログ記事で、このミントが勝手に刈られてカッぱわれたハナシを書いたコトがありましたが、その時はまだ真冬だったんで、傷心の中で残ったミントの根っこを植え替え、春が来るのを待ちわびていたのです。寒い時期には特段の成長が無く、「やっぱ根付かないかなぁ(泣)」と思っておりましたが、4月になったら俄然息を吹き返しまして、連休も直前の時期には、相当見られるレベルまで復活していたんです。ソレを、ソレを・・・

 その一方でね、夕方クルマの中でみていたテレビのニュースで、正反対にイイ話を聞きました。もうスッカリ今晩のニュースで取り上げられている様子なので、御存じの方々も多いと思われますが、那覇市内のゆいレール(モノレールです)の中で、どこかでお金を落としてきて呆然自失状態であった沖縄の男子高校生に、その余りの落胆振りを見兼ねて見ず知らずのオジサンが思わず声を掛け、身分を明かさずにスッと6万円も貸してあげたという美談です。おかげで、その男子高校生は予定通りに葬儀に参列する事が出来たと喜び、なんとかそのオジサンにお礼をしつつ借りたお金をお返ししたいと思っていたところ、そのオジサンが名乗り出てくれて、実はお母さまが沖縄出身である埼玉のお医者さんというオジサンと近いうちに那覇で御対面して御礼が出来るコトになったそうです。

 このハナシは、無償の精神で助けたオジサンも、心からの御礼をしたがっている助けられた男子高校生も、そのどちらとも素晴らしい。そしてドチラの方も感激している。つまるところ、双方がハッピー!こういった関係性こそが、人間として一番大事な在り方なのではなかろうかと思います。ドチラも実に正々堂々としている。コソコソとヒトの大事な菜園(泣笑)を荒らしていく“ドコゾのダレ兵衛”の品性下劣さと引き比べて、なんと大らかなる感性でありましょうか。また沖縄にトンで行きたくなっちゃったなぁ・・・。

 それじゃー、また明日。

5 Replies to “ワルいヒトも居れば、イイヒトも居る。”

  1. 薄々嫌な予感してたのですが、、、
    また盗られ(採られ)てしまいましたか。
    心ない人がいるものですね。
    誰も見ていなくても、お天道様がみているよ、の精神、もはや死語なんでしょう。
    ミント、ほしけりゃ買えばいいのに。

  2. 花泥棒もそうですが、ハーブ泥棒も断じて許せませんね(プンスカ!)。
    市中引き回しの上、磔獄門が妥当でしょう。

    ていうか、農薬の使用とかお犬さまのシッコとかの不安要素もあるでしょうに、よく平気で盗れますよね…(´ー`)

  3. まあまあ、悲しい気持ちになるのはごもっともですが、心無いヒトを憐れみ、無くした心を取り戻せるよう祈ってあげてくださいませ。
    しかし、ささやかな家庭菜園の楽しみすら、心無いヒトに摘み取られるだなんて、あんまりです。
    かくなる上は、すっぽんぽん仮面とハンニバルレクター博士(北区のドクターK)が交代でデポ菜園を夜通し見張る次第。。。
    沖縄の話は、いい話。
    東北も、礼儀ただしく奥ゆかしい人たちが多かったです。
    今、ワタクシが住んでいる場所は、荒んだ心の人たちが多く住んでいる臭くて汚い街であります。
    でも、住めば都。

  4. ミントの引っこ抜き、ひどい話です。
    一度懲らしめてやりたいですね。

    一方で沖縄のイイ話、やっぱりいい。
    お二人とも善良の心を持ったお方です。
    我々も善良の心を持ち続けたいものです。

  5. 沖縄の話は、ほっこりしますね。
    翻って、デポ横の超極細長菜園での事件ですが、困ったものです。ちょっと思うのは、ブログ見てたりしないですよね?!犯人さん。。。。。犯人像が2パターン考えられるような。。。。

練馬のH へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。